2011年11月16日

パレスチナフリーダムライダー声明

2011年11月15日

今の時点で、パレスチナフリーダムライダー6人が、エルサレムで、まさに逮捕されようとしています。パレスチナ人権活動家たちが、何故人種差別バスに乗車したのか、以下を読んでください。

わたしの名は、フッリーエ・ズィアダ、パレスチナ・フリーダムライド・キャンペーンの報道担当です。今日ここに集まったみなさんすべてに感謝します。
50年前、勇敢なアフリカ系アメリカ人公民権活動家たちは、分離政策を行う南部行きバスに乗車することで、人種差別主義者と黒人差別の不正な法律に挑戦し、それにより、市民的不服従と直接行動のキャンペーンに乗り出しました。


1時間もしないうち、公民権運動のフリーダムライドに鼓舞されたパレスチナ人活動家たちは、パレスチナでのイスラエル政権の植民地的アパルトヘイトに挑戦する、同様の市民的不服従キャンペーンに乗り出すでしょう。

戦術と方法は異なりますが、白人至上主義者とイスラエル占領者、どちらも同じ犯罪を犯します:彼らは民衆の自由、公正、尊厳を剥ぎ取ります。この行動を取ることで、わたしたちは、入植者バスの人種差別撤廃を求めません、これら植民者の存在と彼らに奉仕するインフラストラクチャーが、違法であり解体されなければならないからです。自由、公正、尊厳へのわたしたちの闘いの一部として、わたしたちは、エルサレムに旅する権利を含め、わたしたちの土地の、わたしたちの道路で、自由に旅することができることを要求します。

(略:惹き込む声明だけれど、長い)

全文:The Only Democracy?

関連記事:「米国のフリーダムライダーは国を目覚めさせた、パレスチナのフリーダムライダーは世界を目覚めさせなければならない」Mondoweiss

Clarence B. Jones
2011年11月13日

(本文翻訳は怠けてexcite自動翻訳に任せた。「アラブの春」が「アラビア人のスプリング」、「乗車した」が「板で囲った」、ちょっと掲載したものかどうか考え込んでしまうけれど、ラムゼー・クラークの初期の仕事が分って興味深い。わたしの翻訳より「まとも」と思う人もいるかもしれないし)

(Clarence B. Jonesは、スタンフォード大学の住宅、マーティン・ルーサー・キング、Jr.リサーチおよびエデュケイション研究所の学者です。)

先月、私は、ゲストとしてジョン・F.ケネディおよびリンドンB.ジョンソンの大統領職に司法省の公民権部門からの元助手および代理の司法長官の再結合に招待されました。ピューリツァー賞勝利の市民権、歴史家テイラー・ブランチおよび人権活動家、ジュリアン・ボンドおよびロバート・モーゼズ、さらに、伴いました。モーゼズは、1960年代に学生非暴力協調委員会のための有権者登録のミシシッピ・フィールド・ディレクターでした。再結合は、さらにジョン実行者、前の公民権部門の代理の司法長官の90才の誕生日の祝賀の機会でした。

いくつかの歴史上記憶すべき市民権の出来事が議論されました:オールバニー(1962年、ジョージア);バーミンガム(1963年、アラバマ);ジョブおよび自由、1963年のためのワシントン大行進;1964のミシシッピ夏;セルマからモントゴメリー、1965年への行進;1965の投票権法;など。キング博士の当時と出来事中の弁護士および政治的なアドバイザーとして、私は彼とSCLCを代表しました。私たちは、しばしば一方の司法長官ロバート・ケネディおよび(または)ジョンソン大統領からの支援および援助を求めました。

私たちはしばしば配置したか、あるいは「敵のこと」として見られました。司法長官RFKの注文においては、J・エドガー・フーヴァーによって、キング博士のホームとオフィスの電話に加えて、私のホームとオフィスの電話に1967年12月1963年7月13日から末日まで電話盗聴器が、不法にインストールされました。24/7/365にすべての会話の内容を転写した後に、それは私たちの間に起こりました、その電話盗聴器は司法長官ラムジー・クラークによって中止されました。

当時中に司法省の数人の弁護士の個々の献身に関してもっと学習して、私は嬉しかった。それらは公民権運動が公共施設中の人種隔離への挑戦に成功することを可能にするために働き、有権者登録の私たちの努力を保護しようと努力しました。歴史家ニック・コッツが最後の審判の日に書くとともに:リンドン・ベインズ・ジョンソン、マーティン・ルーサー・キングJr.、また法律、それはアメリカを変更した、抗議者の、要求する変更、それらがレストラン・カウンターを座り込みのための現場に転換したとともに、バス旅行、の中で、フリーダムライドに、また血の戦場の中への有権者登録、1960年代の光る瞬間、なっていなかっただろう、可能性。」

公民権部門のケネディ大統領の政権の間の「火による洗礼」は、州間のバス輸送の人種差別待遇を廃止する人種間のフリーダムライダー旅行でした。フリーダムライダーは、私たちの国家の最も実にひどいもの、私たちの独立宣言にそれにもかかわらず安置された何十万ものアフリカ系アメリカ人が耐えなければならなかった人種隔離の個人的に屈辱的な形式、平等の教訓および法則、および公正のうちの1つへの良心を起こすために警報ベルを鳴らしました。

さらに、「アラビア人のスプリング」に、マハトマ・ガンジーおよびキング博士の非暴力市民的反抗の哲学およびアクションについてそのリーダーのうちの数人が読んだことを知って、私は嬉しかっただけでなく、それらはゲン・シャープの自己解放を研究されました:アクションがアルバート・アインシュタイン協会によって公表されて、独裁政治あるいは他の圧迫を終了するべき戦略的計画のガイド。今週の初めに、私は、中東の人々の新しい世代がアメリカで公民権運動の遺産に関して感じる接続を私に思い出させたプレス・リリースを受け取りました。リリースは、西岸のラマラの文化的宮殿のその次の火曜のパレスチナの活動家と言います「分離したイスラエルの公共輸送を板で囲うことを試みるだろう、60年代に米国公民権運動のフリーダムライダーによって励起された市民的反抗の行為で占領された東エルサレムへの西岸の内部から率いた。」プレス・リリースは、次のように言うことにより継続します:

U.S.フリーダムライダーが分離したアメリカの南部の道を通って混血バス乗車を行なった50年後に、パレスチナの活動家は、分離したイスラエルの公共輸送を板で囲うことを試みるでしょう、西岸の内部から率いた...平和な市民的反抗によって占有の軍事政権を分裂させることにより、自由と尊厳のためのそれらの権利を主張すること

それが、パレスチナ人が西岸でイスラエルの公共輸送を使用すると公式に禁止されない一方、それらのうちの多数がただ一つの(ユダヤ人の)居留地(パレスチナのエントリーはそれに軍事の法令によってprobhitedされる)を通り抜けるので、これらのラインは有効に分離されます。

メディアは、ハーマン・カインの主張された性的不品行に夢中だったように見えます、リック・ペリー知事のメモリの瞬間の間違い、政治的で主張されたミトン・ロムニーは「バタバタする」、そしてこの人はオバマ大統領の再選への共和党の挑戦者として出現するでしょう。未知の最近の開示として、しかしながら、イスラエルの首相ネタニヤフに関するオバマおよびサルコジが示す大統領間のmicな議論を開始する、イスラエル、パレスチナ人および中東への米国の外交政策に影響する主な問題は継続します。

もう一度、アメリカはレースの問題で絡み合った政治的な要人によって主張されたセクシュアル・ハラスメントの出来事上で突き通されます。その間に、私たちの特大の負債、全国支出、高失業率、収容する受戻し権喪失およびウォールストリート・ボーナスは、さらに引き続き衰えません。

このシュトルムウントドラングのすべての中に、何人かのパレスチナの活動家が私たちのフリーダムライダーの遺産によって励起され続けることはリフレッシュです。

私たちに直面する質問は、道徳的責任の私たちの感覚が最新のものを超越する場合があるかどうかです、その週の「スキャンダル」私たちが私たちのパレスチナの兄弟姉妹からの嘆願に私たちの注意を集中するために十分に長く。

ちょうど20世紀に私たちのフリーダムライダーが主として大多数の白いアメリカの品位の良心および感覚を起こすと指示されたように、私たちのパレスチナの「フリーダムライダー」兄弟姉妹は世界の良心および大多数のイスラエル人を起こすために21世紀に求めています。

11月8日に、AP通信社は、「悪く交渉の前途を破損した一連の後退の後に頓挫した和平会談を再度始めようと企てて、インターナショナル中東の仲裁人は今週、イスラエル人とパレスチナ人と個別会談を行うだろう」と国務省が発表したと報告しました。これはよいニュースです。

司法省の公民権部門からの弁護士の再結合への私の出席は、マーティン・ルーサー・キングJr.がしばしば言うことを私に思い出させました:「宇宙のモラル弧は長い。しかし、それは公正の方へ曲がります。」公民権司法省の人員が50年以上前にそれらの仕事を祝う誇りに集まることを可能にし、私が、私がその時に行ったより大きな尊敬でそれらを見ることを可能にしたのはこの同じモラル弧です。

私は私たちの公民権運動からの歌をぶんぶんいって、今朝起きました。それはキング博士のモラルの「弧」に関して私を考えさせました。さらに、「弧」は私が西岸のラマラからパレスチナの「フリーダムライダー」の嘆願を聞くように十分に弾力があります。

私は、国内の大統領の政治のメディア騒音の中に、あなたがさらにそれらを聞くことができることを望みます。


posted by mizya at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

破壊されたイスラエルスパイ無人機がトルコ領域で見つかる

2011年11月13日

イスタンブール、(PIC) -- 地元ニュース報道は、トルコ国防軍が最近、トルコ南部、アダナ州で、イスラエルスパイ無人機の残骸を見つけ、問題の調査を開始したと明らかにした。

土曜日のYeni Safak紙によると、Karatas町のトルコ人漁師が、ヘロンとして知られる無人機の破片を発見し、沿岸警備当局に報告、当局は現場に調査チームを派遣した。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

 勝手に墜落したのか、撃ち落とされたのか、あるいはレバノン空域を飛行していて、国連暫定軍フランス部隊のレーダーから消え失せたという、あの無人機かもしれない(アーカイヴ記事)。レバノンに侵入してイスラエルに戻るだけの燃料は搭載していた筈だから、そのまま北上すれば、アダナあたりで燃料切れ、あえなく墜落。

アーカイヴ:ヒズボッラはイスラエル無人機に打撃を与えることができる:報告(11月11日)
posted by mizya at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプトがエイラート攻撃の廉でシナイ指導者を拘留

2011年11月13日

アリーシュ (Ma'an) -- エジプト当局が、日曜日午前、シナイ半島のイスラーム運動闘士指導者を拘留したと、治安当局筋はMa'anに語った。

ムハマド・アッティーヒとしても知られるムハマド・エイド・ムスレ・ハマドは、エジプトの半島での多くの攻撃と同様、8月、イスラエル国境都市エイラートに致命的攻撃を計画して告発されると、Ma'an特派員は報じた。

アッティーヒは、警察・軍隊共同行動で、シナイ北部のアリーシュ市で拘束されたと、エジプト治安当局は語った。

(略:警察署攻撃などの国内事件)

アリーシュのMa'an特派員は、エジプト当局がさらに、8月18日のイスラエル人8人を殺したエイラート近くの多くのイスラエル車輌への攻撃計画への関わりで告発したと語った。

イスラエルは、ガンマン6人を射殺したと語り、関わりを否定したガザ拠点の民衆抵抗委員会を非難した。

攻撃から数時間で、イスラエル軍は、境界越え暴力の4日間で、パレスチナ人15人を殺戮し、50人以上を負傷させることに結びく、ガザ南部を目標に反撃した。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「エジプトがエイラート攻撃を告発された集団のふたりを拘留」Ma'an News Agency

2011年11月14日

アリーシュ、エジプト (Ma'an) -- エジプト当局が、運動指導者を逮捕した一日後、月曜日にシナイのイスラーム闘士集団メンバー2人を拘留したと、治安当局はMa'anに語った。

治安部隊は、シナイ北部の町、アリーシュで、アブドゥル・カリーム・モハマド・アフマド、42歳、アフマド・サーレム・マフムード・アワド、33歳を拘留した。

(略)

イスラエルは、エイラートの攻撃で、ガザ拠点の民衆抵抗委員会 (PRC) を非難し、数時間の内に(つまり調査もしないで - mizya)反撃し、PRC闘士5人と2歳の子どもを殺戮した。その攻撃は、激しい境界越え暴力の4日間の口火を切り、パレスチナ人15人を殺戮、何十人もを負傷させた。

(略)

アーカイヴ:イスラエル軍はエイラート攻撃がパレスチナ人により遂行されたのではないと示す証拠を包み隠す(10月26日)
posted by mizya at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ市で空爆が警官を殺戮、4人負傷

2011年11月15日

154368_345x230.jpg
ガザ回廊北部へのイスラエル空爆でのハマース複合施設の被害をパレスチナ人が調査。2011年11月14日
(Reuters/Ibraheem Abu Mustafa)


ガザ市 (Ma'an) -- イスラエル軍用機が、ガザ市の海軍警察ビルを標的として、月曜日午前早く、警察官ひとりが殺され、4人が負傷した。

ガザ医療筋は、被害者をムハマド・キラニと身元確認した。彼の遺体は、瓦礫の中に見つかった。

他の警察官4人は、ガザ市のシーファ病院に運ばれた。ふたりが軽傷の一方、ふたりは重傷を被ったと医療筋は語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「フランス領事と家族がガザへのイスラエル攻撃で負傷」International Middle East Media Center

2011年11月14日月曜日
PCHRプレス・リリース - Palestinian Center for Human Rights

2011年11月14日月曜日、ガザ回廊フランス領事、Majdi Jameel Yaseen Shaqqoura、44歳、彼の妻と子どもふたりは、ガザ北部に位置するベイト・ラヒアの南西、パレスチナ海軍用地へのイスラエルによる攻撃で負傷した。

彼らは、榴散弾により負傷したとき、家にいた。加えて、この攻撃の結果、領事夫人は、流産に繋がった大量出血を被った。

(略)

「イスラエルの安全」にしばしば言及するオバマだって、誰が誰を殺しているのか、知っている筈、と、思う。
posted by mizya at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。