2011年11月23日

西岸入植者らが元囚人宅を攻撃

イスラエル入植者何十人もが、イスラエル-パレスチナ囚人交換で最近解放された男のヘブロンの家を攻撃する。
2011年11月20日

イスラエル入植者何十人もが、最近のイスラエル-パレスチナ囚人交換での男の解放に抗議して、被占領西岸都市、ヘブロンの家を攻撃した。

土曜日、軍が、攻撃者志望の者らを家から離そうと試みて移動したとき、イスラエル兵士らは、入植者らと衝突した。

彼らは、キリヤト・アルバの入植者を殺してイスラエル刑務所に18年服役した後釈放されたハニ・ジャベルに復讐しようとしていた。

ヘブロンに隣接するユダヤ人入植地居住者らは、彼が釈放された後、ジャベルの生命に10万ドルの値を付けた。

35歳は、殺害で、終身刑2回が宣告された。

「今日、今朝から、入植者らがわたしたちを頻繁に攻撃し、彼らはこの家を指し、これは殺人者ハニ・ジャベルの家だと言っていたので、わたしたちは混乱した」と、住人、アリフ.ジャバルは語った。

「30分ばかり、入植者250人ほどがこの家を攻撃した」と、彼は語った。

イスラエル管理下にあるヘブロンの一部に、イスラエル入植者800人ほどが、パレスチナ人30,000人の間で生活している。

西岸の入植地すべて、国際法下、違法と考えられる。

原文:AlJazeera

関連記事:「イスラエル情報機関が釈放の囚人を召喚」WAFA
2011年11月21日

西岸地区、2011年11月21日 (WAFA) - 治安当局筋と家族によれば、イスラエル情報機関は、月曜日、ギラード・シャーリトとの交換取り引きで解放された、サルフィト、ジェニン、ヘブロンのパレスチナ人元囚人4人を、尋問のため呼び出した。

イスラエル軍が、西岸北部、サルフィト市を襲撃し、ラーイド・ハッサンとイマド・ファトゥーニの家屋を調べ、イスラエル情報機関への報告通知を彼らに渡したと、治安当局筋は語った。

情報筋は、イスラエル軍がまた、トルコに追放された釈放の囚人、サミ・ジュバリーンの家屋に侵入し、イスラエル情報機関に彼の兄弟を呼び出したと、付け加えた。

加えて、イスラエル軍は、ジェニンのアブドゥル・ラフマン・サラ、59歳の家屋に侵入し、2日以内に、ジェニンの西、サーレム軍キャンプのイスラエル情報機関への報告通知を受け取るだろうと彼に警告する前、2時間にわたり彼に尋問した。

ヘブロンで、イスラエル軍は、キリヤト・アルバ入植地の入植者殺害で有罪判決を受けた釈放の囚人、ハニ・ジャベルを、イスラエル情報機関に報告するよう、彼の家族に通告を渡し、召喚した。

キリヤト.アルバ近くに住むジャベルの家族は、報復を求める入植者らにより標的となってきた。彼の家族に対する攻撃は、過去数日、入植者らが石を投げ、家屋への損傷をもたらして拡大した。


posted by mizya at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リーベルマン:違法西岸前哨基地破壊はネタニアフ内閣を終らせるだろう

2011年11月21日

外務大臣は、「イスラエル我が家」党に、Givat AssafとMigronの破壊計画、あるいはパレスチナ税金の移管は、連立分解に終るだろうと語った。

Yossi Verter

ベンヤミン・ネタニアフ首相の連立は、イスラエルが、違法な西岸前哨基地ふたつの計画される破壊か、あるいはパレスチナ自治政府へのパレスチナ税金移管のいずれかを進めるなら、連立はほどけるだろうと、外務大臣、アビグドール・リーベルマンは月曜日に語った。

(略)

全文:Haaretz.com

 この2回目のネタニアフ政権はイスラエル史上(たかだか60年ちょっとだけれど)最悪と記録されることになるだろう。リーベルマンのような極右(リクードだって充分極右だったのに極右がますますのさばって更なる極右政党が出現する)を外務大臣などにするから。この男の発言は翻訳するのさえ「羞恥」なしには難しい。まあ、ただの泥棒にしか見えない。マネーロンダリングで逮捕される筈だった、の、では?
posted by mizya at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大統領顧問:入植者らがエルサレムの家々を標的とする

2011年11月22日

エルサレム (Ma'an) -- イスラエル入植者組織が、パレスチナ人が所有するエルサレム中心の家々の多くを接収する許可を、イスラエル政府から与えられたと、大統領法律顧問は、日曜日に語った。

アフマド・ルウェイディは、イスラエル政府が、旧市街近くの多くの家々からパレスチナ人を立ち退かせる判決を実施するため、政治的に絶好のタイミングまで待ったと語った。

11月28日のスマリン一家のシルワンの家屋からの立退命令は、パレスチナの資産に対するキャンペーンの始まりであると、彼は報道声明で語った。

不在者財産と宣言され、1991年にユダヤ国民基金子会社、Himnutaに、政府により移された彼らの家は、東エルサレム地区の入口に位置し、論争の的になっているイスラエル人建設の「ダヴィデの都市」観光地に隣接している。

Himnutaの家屋強奪は、シルワンの「性格を劇的に変えるだろう」と、イスラエルのPeace Now組織の入植地監視責任者、Hagit Ofranは、Huffington Postの記事で警告した。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。