2011年11月25日

活動家たち:わたしたちは軍事政権が倒れるまで抗議するだろう

Egypt_Media_pic_1.jpg
抗議者たちは、SCAFの文民政府への権力移管を要求している。 (Photo: Ali Garboussi)

2011年11月22日火曜日

「政府発表の辞任は、わたしたちのデモンストレーションを止めないだろう」と、エジプト人活動家、マホメド・ハマーマは語った。「とにかくそれは起こり、軍事政権が文民政府に権力を渡すまで、わたしたちは、デモンストレーションを止めないだろう」。

エジプト革命社会主義者の一部、ハマーマは、3日目となる象徴的タハリール広場の抗議に参加する何十万人ものひとりだ。「ムバラクの下での政府が辞職した時、わたしたちは抗議を止めなかった。わたしたちは、大統領が去ることを望んだ。わたしたちは今止まらない。軍事政権がわたしたちの行く先だ」。

エジプト政府は、少なくとも35人を死亡させたカイロでの3日間の抗議の結果として、月曜日夜、辞職した。エジプト軍最高会議 (SCAF) はまだ、辞職を認めていない。

抗議者たちは、タハリール広場から抗議者たちを分散させる試みで、極端な暴力を使用したエジプト公安官らと対決した。

親-民主主義の抗議者たちは、タハリール広場 - 独裁的な前大統領、ホスニ・ムバラクを倒した革命の集会地点 - に、金曜日に戻り、革命を取り戻すためキャンプを設置したが、彼らは、支配軍による一掃を見る。

「人びとは、国の至る所からカイロに到着している」と、抗議者、モハメド・アンマルは語った。「たとえ警察と軍が、わたしたちに対し暴力を行使しようとも、わたしたちの数は増えている」。

陸軍元帥、タンタウィにより率いられるSCAFは、ムバラクの辞任に続き、エジプトの暫定的指導権を握り、彼らの政権掌握を強化しているように見える。SCAFは、9月に、恐れられる非常事態法を更新し、エジプト人ブロガー、アラア・アブデル・ファッタの注目の拘束を含み、異議を唱えるジャーナリスト、活動家、ブロガーを厳しく取り締まってきた。

「アラアの投獄は、民間人の軍事裁判使用に長い間反対してきたわたしの家族への、SCAFからのメッセージであるばかりでない」と、アブデル・ファッタの妹、サナア・セイフは語った。「それは活動家すべてへのメッセージでもある。SCAFは、わたしたちすべてが標的だと皆に知らしめたいのだ」。

抗議者たちは、SCAFの文民政府への権力移管を要求している。

議会選挙は、11月28日に始まる予定だ。「選挙は、この段階で役立たない」と、ハマーマは語った。「軍が政権を握っている限り、選挙は公平でありえない」。

al-Badeel新聞編集長、ハーレド・アッダルシによれば、権力委譲の軍事政権の拒否の合成は、それが責任を取るべき、エジプト住民に対して犯罪を犯した事実にある。

「政府の辞職は、エジプトが直面する問題の解決を意味しない」と、アッダルシは語った。「それはおそらく発端。しかしながら、わたしたちが今集中させるべきは、抗議者たちに対して犯された犯罪の責任をSCAFに取らせることにある」。

文民政府への完全な移管なしでは、警察や軍の暴力は、継続するだろう。(略:もうすぐ最後ではあるけれど)

全文:alakhbar


posted by mizya at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際社会がガザ封鎖への統一された反対を確言

2011年11月23日水曜日

独占写真

アジア、アフリカ、ヨーロッパ、北米、南米を横断する40を越える国々からの多数の学術人・議会人は、チュニジア、リビア、エジプトの革命的代表団と共に、ガザ回廊の継続的封鎖に反対と非難を確言するため、一緒にやってきた。

発表は、人びとのいかなる集団に対しても用いられる包囲戦術の非難の文脈で、しかしことさらパレスチナ市民に対する封鎖を強調してなされた。それは、火曜日、ガザ市での会議でなされ;パレスチナ立法評議会の議員何人かが出席していた。

その過程で、ヨーロッパ代表団は、世界中の政府と人権組織に、ガザの封鎖を終らせるようイスラエルに強いるため、彼らの自由裁量で、平和的手段すべてを使用するよう求めた。ヨーロッパ代表団は、産業・商業・建設資材同様、ヘルス・ケア産業に関連する用具の輸入品・輸出品に関する禁止に終止符を打つ必要を強調した。ヨーロッパ代表団は、ガザ海域に対するすべての形の支配解除と、それとイスラエル占領の間に緩衝帯の設立を求めた。ヨーロッパ団はまた、ガザ回廊の民間人の権利への違反を非難した。

パレスチナ民衆がかこつ実像を、他の世界に伝える可能な努力すべてを、メンバーが動員するだろうと、ヨーロッパ代表団は確認し;彼らは、パレスチナ人に共感し連帯して立ち上がるヨーロッパ人の数は確実に増加していると強調した。

(略)

全文と画像6点:Middle East Monitor

「それとイスラエル占領の間に緩衝帯の設立」の「それ」が、ガザ海域の代名詞なのか、あるいは地上、空域を含む境界全体の代名詞なのか判然としなかった。翻訳をしていると判然としない言葉がいたるところに散らばっている。翻訳をなりわいとしているわけではないので、わたしは適当にしのいでいるけれど... 。
 ゴラン高原やレバノン南部に配置される国連暫定軍のような組織があれば、と、わたしも思う。もっとも、レバノン南部はレバノン領、ゴラン高原はシリア領で、国連暫定軍が配置されているのは「国境」ではないのだから、イスラエルの占領の「お手伝い」と見えなくもない。
posted by mizya at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル軍が学校襲撃、校長に破壊通告を渡す

2011年11月23日

ヘブロン、2011年11月23日 (WAFA) - イスラエル軍が、水曜日、ヘブロンのヤッタの南、ヒルベト・スシヤのパレスチナ学校を襲撃し、その校長に学校の破壊通告を渡したと、地元活動家は語った。

ヤッタの民衆委員会調整者、ラテブ・アッジャブールは、イスラエル軍が、スシヤ校を襲撃し、学校、学校に隣接する井戸と温室3棟を破壊する通告を校長に渡したと、語った。

イスラエル軍が昨年、学校テントを破壊した後、レンガとブリキで再建された学校を、合計36人の生徒と教師7人が使う。

イスラエル人入植地、スシヤは、アラブ・ヒルベト・スシヤの古い土地に建てられ、反して、イスラエル軍は、今年前半、近くのヒルベト・ウムネイルを完全に破壊した。

原文:WAFA
posted by mizya at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ自治政府:ハーグに拘束者記録提出整う

2011年11月23日水曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

パレスチナの囚人省大臣、イッサ・カラケは、イスラエルにより捕らえられているパレスチナ人拘束者の記録を、ハーグの国際法廷に提出する準備がすべてが終わり、訴訟は間もなく法廷に提出されるだろうと述べた。

young_detainees_soldiers.jpg
File - Image By stqou.com

水曜日、Palestine Radioに話して、カラケは、西岸のパレスチナ自治政府が、拘束者の窮状と、彼らがイスラエル刑務所で直面する違法な扱いに終止符を打つべく、国際法廷に向かっていると述べた。

拘束者がイスラエル拘置所や刑務所で直面する状況に関し、大臣は、イスラエル刑務所行政が、攻撃と暴力をエスカレートさせ、彼らの基本的、国際的に保証された権利を拘束者から奪うことに加えて、集団懲罰を課している、と述べた。

囚人交換取り引きの第2段階に関して、カラケは、イスラエルが、老いた拘束者、病気の拘束者、そして女の拘束者は誰あれ解放するよう、拘束者たちが要求していると述べた。

拘束者たちは最近、イスラエルが、交換取り引きの第2段階から長期的な拘束者を除外する可能性に関する懸念を示す書簡を、パレスチナ自治政府に送った。

10月に実施された囚人交換取り引きの第1段階は、2006年6月半ば、ガザで抵抗組織により捕らえられたイスラエル兵、ギラード・シャーリトとの交換で、パレスチナ人拘束者477人の釈放を確実とした。

拘束者の氏名は、抵抗組織により選ばれ、そしてイスラエルは、拘束者何十人もをリストから除外すると主張した。まだ実施されない第2段階は、イスラエルにより指定され選択された拘束者550人の釈放を確実とするだろう。

パレスチナ自治政府への彼らの書簡で、拘束者たちは、取り引きの第1段階から除外された、彼らの殆どが長期拘束者の;重病の拘束者多数がいると述べた。

(略)

全文:International Middle East Media Center
posted by mizya at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。