2011年12月07日

イスラエル占領当局が職員、追放の囚人近親者の旅妨害

2011年12月04日

ナブルス、(PIC) -- イスラエル占有当局 (IOA) は、ヨルダンでの国際組織地域年次会議に出席する途上にあったユネスコと仕事をするパレスチナ職員の旅行を妨げた。

パレスチナ情報筋は、IOAが、ユネスコ系列下のヤーファ・クラブ所長、ガッサーン・ハデルを、彼が旅行目的を尋問され、旅行禁止を通告された、西岸とヨルダンを結ぶ橋で、土曜日の4時間保持したと語った。

ハデルは、彼がたくさん旅行しており、これが、旅行を妨害された初めてのことだったと語り、彼としては処置に驚いた。彼は、パレスチナがユネスコの完全なメンバーとして承認された後、禁止が課されたと言及した。

ハデルは、6月以来、イスラエルの行政拘留に保持され、数日前にその拘留がもう6か月更新されたフッサム・ハデル議員の兄弟だ。

一方、パレスチナ囚人防衛ヨーロッパ・ネットワーク、UFreeは、ハマースとイスラエル間の囚人交換で、パレスチナの外に追放された、最近解放のパレスチナ囚人の近親者たちの旅行を妨げるIOAを非難した。

(略)

全文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。