2011年12月10日

トゥテ議員:イスラエル情報機関が赤十字のテント引き上げをわたしたちに告げた

2011年12月08日

被占領エルサレム、(PIC) -- 追放に直面するエルサレム人公職のひとり、パレスチナ議員、モハメド・トゥテは、イスラエル情報機関が、48時間以内に、被占領エルサレムの赤十字本部の抗議テントを引き上げるよう、水曜日の電話で彼らを脅したと語った。

トゥテは、Quds Pressに、彼が、元大臣、ハーレド・アブアラファと共に、赤十字本部を去るべきと彼に語った、Shadiと名のるイスラエル情報官僚から電話を受けたが、彼が脅迫し始めたとき電話を切ったと語った。

「わたしたちは、脅迫を受け入れないと同様、イスラエル情報機関と話すことを拒絶する」と、議員は言及した。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:アットゥーン議員が誘拐で心不全を被った(10月01日)


posted by mizya at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ自治政府:イスラエルが交換取り引きの囚人再逮捕

2011年12月08日木曜日

トゥルカレム (Ma'an) -- イスラエル軍が、木曜日、最新の囚人交換取引で解放された囚人のひとりを拘束したと、囚人省は語った。

省は、兵士らが、トゥルカレム、カッフィン村のアヤド・ムハマド・ハリールを、突発検問所(突然出現する検問所)で止め、兄弟とその妻と共に逮捕したと語った。

省は、第一段階が10月に実施された、イスラエルとハマース間での協定への明らかな違反(解放の囚人を再逮捕しないことは取引条件のひとつ:訳注)と語り、逮捕を非難した。第二段階は、数週間内に実施されることになっている。

省は、取引を完全に満たすよう、エジプト(取引交渉仲介者:訳注)と交渉者たちに要求した。

イスラエル軍は、返答しなかった。

原文:Ma'an News Agency

 イスラエルは、協定も条約も国連決議も、何もまもったことがないのだから、イスラエルとの協定は無意味だ。少なくても捕虜兵士、ギラード・シャーリトの解放を画策したエジプト初めヨーロッパは、イスラエルに協定を遵守させる義務がある。
posted by mizya at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国学生がイスラエルのヘブライ大学との姉妹校拒絶

2011年12月08日木曜日

英国のヨーク大学学生たちは、被占領エルサレムのヘブライ大学と姉妹校になる提案を拒絶した。問題に関する票決は、ヨーク大学学生組合により遂行された。

新聞報道によれば、ヨークの学生、Jacob Campbellが、イスラエルを防衛し、英国大学の「反-セム(ユダヤ )」活動と彼が看做すものを抑制するため、姉妹校協定を提案した。
ヨーク大学学生組合は、そのメンバーに、イスラエル大学との全面的姉妹校協定に先立ち、ふたつの大学の学生組合間のリンクを打ち立てようと模索する提案への賛否投票を求めた。

結果は、学生891人が、姉妹校提案に反対票、144人が賛成票を投じ;127人は棄権した。学生リーダーたちは、遂行される投票の定足数が、784人の参加に相当する少なくても5%と語った。彼らは、投票者の比較的高い参加は、学生たちにとって問題の重大さを反映したと指摘した。

原文:Middle East Monitor
posted by mizya at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。