2011年12月16日

2011年にイスラエルはパレスチナ家屋500棟を破壊し、1,000人を強制退去

2011年12月14日水曜日

国際人権機関は、過ぐる(今年)1年にわたり、パレスチナ資産を破壊する活動を拡大したことで、イスラエル当局を非難した。彼らは、「2010年と比較した場合、(占領勢力は)家屋破壊と井戸の破壊を倍増してきた」と主張した。

アムネスティ・インターナショナル、ヒューマン・ライツ・ウォッチ、オックスファムを含む20以上の人権機関により署名された共同声明で、彼らは、「パレスチナ人に対するユダヤ人入植者暴力は、2011年以来増加し、イスラエルが、入植地拡張を加速した」と述べた。

声明は、イスラエル当局が、過ぐる(今年)1年にわたり、井戸や他の基本的基盤、施設と共に、パレスチナ人家屋500棟以上を破壊してきた事実に、注意を引いた。それ(イスラエル当局)はさらに、2005年以来の単年で最も多い、1,000人以上を強制退去させた。

人権組織は、2005年以来最悪の割合となる、個人に所有されるオリーヴ樹およそ10,000本の故意の損害を含む、パレスチナ人に対する入植者攻撃を示した。2010年と比較して、攻撃の割合は50%増加、2009年と比較して160%増加した。
彼らは、「暴力の(入植者)犯人らが、2005年と2010年の間の期間、警察に提出された告発の90%が、告訴もないまま退けられたといったような、事実上の刑罰免除を享受した」事実に注意を引いた。

(略)

全文:Middle East Monitor


posted by mizya at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | statement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#IsraelKills:活動家たちはタミミの死に抗議するためTwitterを使う

Allison Deger
2011年12月14日

エルサレム時間の昨日午前、11時から正午まで、活動家たちは、ハッシュタグ#Israelkillsを使用する、ツイッター・キャンペーンを開始した。匿名のパレスチナ活動家とジャーナリストの小集団による開始のキャンペーンは、世界中の活動家に、#IsraelKillsハッシュタグでツイッター投稿することにより参加するよう呼びかけた。応答は、24時間も経たないうち、5,000以上のツイーツと感銘的だ。

(略)

なぜツイッター・ハッシュタグか?

12月5日、ハッシュタグ#Israelhatesを使う活動家たちは、インターネット現象の中へのキャッチフレーズ、地球的にトレンドを引き起こし、急増した。トレンドは、ハッシュタグあるいは探し得るツイッター用語が、使用の高まりを享受するとき、その結果、ツイッター・ユーザー中に議論の顕著なトピックとして、ツイッター・ウェブサイトに用語を現われさせる。ツイッターによれば、このツールは、「人びとが、『最も究極の』ニュース記事を世界中から見つけるのを助ける」と意味する。インターネット行動主義のこの形式は、記事を拾い上げるため主流メディアに依存せず、問題注目を得るひとつの手法だ。

(略:対抗措置としてユダヤ機関が始めたIsraelLovesがトレンドにならなかったことなど、本当は付随する物語が面白いのだけれど)

全文:Mondoweiss
posted by mizya at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネゲヴのユダヤ化はナクバ以来続いてきた

2011年12月13日火曜日

1948年被占領地域(イスラエル)のイスラーム運動副代表は、ネゲヴのパレスチナ人を標的とするイスラエルの流れが、「1948年のナクバ(大災厄)以来続いてきた立ち退き策動の一部」と語った。

カマル・アルハティーブ首長によれば、イスラエルは、「その先住民をネゲヴから追い出し、彼らをユダヤ人に置き換える」目論見だ。この政策は、イスラエル大統領、シモン・ペレスにより始められた地域の全面的ユダヤ化の一部である。アルハティーブ首長は、パレスチナ人が、「土地の正当な所有者で、彼らの存在はイスラエルの存在に先行すること数千年である」とメディアに語った。彼は、イスラエルが「未承認」と言う村々さえ、各々「200年以上」と付け加えた。

(略)

全文:Middle East Monitor

アーカイヴ:イスラエルがネゲヴの土地100万平米強奪計画(04月04日)
posted by mizya at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EUのアシュトンが西岸抗議者の死を非難

(AFP)
2011年12月13日

エルサレム - EU外交政策チーフ、キャサリン・アシュトンは、火曜日、催涙ガスキャニスタで顔を撃たれたパレスチナ人の死後、イスラエル軍による不均衡な武力行使を非難した。

(略:既に掲載した記事内容)

「上級代表は、ナビ・サレ村のムスタファ・タミミの非業の死を深く遺憾に思う」と、アシュトン事務所は、エルサレムで受けた声明で述べた。

「タミミ氏は、Halamish入植地居住者らによる、村の土地、泉の組織的収用に抗議していた」と、声明は述べた。

「上級代表は、いかなる状況下であれ、不均衡な武力行使を遺憾に思う。彼女は、イスラエル当局に、事件の徹底的調査を促す」。

ナビ・サレ住民は、盗んだ村の土地に居座り、地元の泉へのアクセスを妨害してきた、近くのHalamish入植地に対し、2年間、抗議してきた。

イスラエル軍は、人びとが石を投げた「違法デモンストレーション」にタミミが参加したと語ったが、彼の死の調査を開始したと語った。

パレスチナ領域でのデモンストレーション殆どすべてが、10人以上の人びとのいかなる集まりも許可を要求すると述べるイスラエル軍法下、「違法」と定義される。

(略)

全文:Khaleej Times
posted by mizya at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユダヤ人投石者はより多く対等

2011年12月14日

パレスチナ人がイスラエル軍事基地に侵入し、車輌を破壊し、タイヤを燃やし、旅団長に石を投げ、副官を負傷させたなら、何が起こるか想像するのは簡単だ。

Aeyal Gross

パレスチナ人がイスラエル軍事基地に侵入し、車輌を破壊し、タイヤを燃やし、旅団長に石を投げ、副官を負傷させたなら、何が起こるか想像するのは簡単だ。彼らの多くが、死で、負傷で、逮捕で終っていただろう。しかし、今週の事件の犯人は、パレスチナ人ではなくユダヤ人で、彼らは兵士らとパレスチナ人両方に石を投げた。

金曜日にナビ・サレのデモンストレーションで、催涙ガスキャニスターが頭部に命中して死んだムスタファ・タミミの殺戮で言われた説明は、若いパレスチナの男が、イスラエル国防軍装甲ジープに石を投げたというものだった。それが真実だったとして、各事件での投石者たちへの応答で、人はその不均衡を無視できない。唯一の違いは、ひとつの事件ではアラブ人であり、もうひとつの事件ではユダヤ人だったことだ。

イスラエル国防軍からの反撃の発砲を招くことなしに、イスラエル兵士らとパレスチナ人に、入植者らが石を投げる増加する発生は、発砲が、石を投げるパレスチナ人への正当な応答との主張の偽善を証明する。そしてタミミは、軍事基地に侵入していなかった;彼は、侵入し取り上げようとあがく入植者らから、村を護ろうと試みていた。

ふたつの事件の近さは、比較を招くが、応答の不均衡は、長らく明白だった。デモンストレーションするパレスチナ人は武力に遭遇し - 時々致命的に - 逮捕される。(被占領)領域のユダヤ人は、パレスチナ人や軍に対し、暴動を起こし暴力を使用してさえ、軍と司法制度の両方により免除に等しいものを通常与えらる。

応答の不均衡は、同じ領域に住むふたつの住民の事実、各住民が異なる法体系の下にあり、軍により別に扱われる、より広い問題の徴である。イスラエルは、国民帰属意識に基づいて識別する政権を作ることで、入植地と入植者に関する法律を課すことにおいて選択的だ。時々イスラエルの法律は、西岸に住んでいるが、イスラエル市民でないユダヤ人に適用さえする。

国際法が、占領勢力にその住民を占領地に入植することを禁止するには、理由がある。そのような実行の結果のひとつは、占領勢力が、被占領住民に与えるより、自身の国民により広い権利を与えることで、領域の事実上の併合である。それが、西岸で展開してきたシナリオである。

現在の状況下で、ひとつの住民とその軍隊が、もうひとつの住民に対し、支配し暴力使用が許される場合、時々、暴力がイスラエル国防軍にも向けられることは驚くべきことでない。

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。