2011年12月28日

米国海兵隊員:「ファッルージャの抵抗戦士」に対する「わたしは侵略者だった」

Ross Caputi
2011年12月26日

そこに住む人びとに、癌と、彼らの子どもたちに先天性欠陥を発生させ、同時代の人びとを汚染した強襲 - 都市を廃虚としたアメリカの強襲は、市民何千人もを殺戮し、何十万人、あるいはさらに多くを強制退去させた - ファッルージャの第2の包囲以来、7年が経った。

7年が経ち、強襲を正当化した虚偽が、まだ、わたしたちが行ったことについての偽りの信条を永続させる。

そこで戦った米退役軍人たちは、彼らが誰と戦ったのか、あるいは、何のために戦っていたのか、まだ、理解していない。

わたしがそれら米退役軍人のひとりだから、わたしは知っている。人びとの多くの目に、わたしは「務め」、ファッルージャの人びとが、人間性を奪われたままで、彼らの抵抗戦士たちがまだ、テロリストと考えられる。しかし、わたしの片割れの殆どと違って、わたしが侵略者であり、ファッルージャの抵抗戦士たちが都市を防衛していたと、わたしは理解する。

(略)

全文:Dissident Voice


posted by mizya at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。