2012年01月17日

イランへの戦争にノー、もう戦争はたくさん!!!:署名を

米国が、テロリズムでイランを非難する一方、実際、米国政府とその同盟国は、イラン科学者4人の暗殺と、米国で拉致されたイラン市民多くの投獄を含むイランに対するテロに加え、パキスタン、ソマリア、スーダン、イエメンに対する破壊的無人機攻撃の大規模計画を実施してきている。イラン政府とその国民の金融資産は差し押さえられ、その使用のため、米国銀行に保持されている。

もうひとつの犯罪的米国の戦争への反対に、世界中の人びとが加わるよう。

イランに対する告発をでっちあげる「いんちき戦争詐欺」の終結を要求するオンライン請願に署名してください! ここで:
stopwaroniran.org/petition.shtml

原文:International Action Center

アーカイヴ:パネッタがイランは核開発していないと認める(01月11日)

     :元検査官がIAEAのイラン爆弾試験房主張を拒絶(2011年11月22日)


posted by mizya at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新包括的BDS小冊子

2012年01月09日月曜日
ALTERNATIVE INFORMATION CENTER (AIC)

Corporate Watch(企業監視)は、不買・脱資・制裁 (BDS) 運動に加わろうとする人びとのために、新しく包括的な小冊子を発行した。『イスラエルアパルトヘイトを標的とする』と題された刊行物は、ガザ回廊のイスラエルによる非人道的封鎖同様、パレスチナ・シリア領域の違法イスラエル占領から、誰が利益を得ているのか詳述する。

boycott-divest-sanction-israel.jpg
オーストラリア、メルボルンのBDS抗議 (photo: flickr/Takver)

『イスラエルアパルトヘイトを標的とする』は、イスラエルの経済と輸出を衰退させ、BDSが両方にどのように影響するか詳述する。ハンドブックは、どのイスラエル企業が占領と繋がっているか、例えば、イスラエル銀行すべてが、違法入植地にある住宅を担保に資金提供を申し出ることに言及し、彼らがパレスチナ国土でいかに成長を促進するかを解明して、BDSに関わる外国人・イスラエル人どちらにも役立つ。

ハンドブックはまた、イスラエルが、パレスチナ人を彼らの継続的強奪から利益を得る企業に、本質的に金を渡すよう強いられる、捕虜市場にパレスチナ人を変える、パレスチナ経済に加えてきた略奪を議論する。『イスラエルアパルトヘイトを標的とする』はまた、良心の消費者がどの製品をボイコットすべきか判るよう、パレスチナの土地に建設されたそれら同様、入植地にある企業をリストにする。

全体として捉えて、ハンドブックは、パレスチナ国土のイスラエルの違法占領は、イスラエル政府や右翼がしばしば主張するように、安全に関するものでないと読者に思い出させる。『イスラエルアパルトヘイトを標的とする』は、個々人が、占領から利益を得る機械の舵輪に棒を差し込むのを手伝う。

完全小冊子ダウンロードはここ(英語)

原文:AIC
posted by mizya at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。