2012年01月18日

英国が中東和平のための「時間は尽きつつある」と語る

2012年01月16日

先立って、英国副首相は、イスラエル人入植地を、和平プロセスを傷つける「恣意的破壊行為」と非難した:発言は、アッバス訪欧中になされた。
DPA

英国首相、デビッド・キャメロンは、月曜日、ダウニング街の会合で、パレスチナ大統領、マフムード・アッバスに、英国が、時間が「尽きつつある」和平プロセス再開のヨルダンに支持された努力を促進するよう、その力であらゆることをするだろうと伝えた。

(略)

3709693947.jpg
英国首相、デビッド・キャメロン(右)が、ロンドン中心部、ダウニング街10番地の彼の公館での会談前、パレスチナ大統領、マフムード・アッバス(左)と握手、1月16日、
Photo by: AFP

(略)

先立って、アッバスとの会談後、ニック・クレッグ副首相が話して、和平プロセスを「計り知れなく損傷」し「二国家解決を脅かす」「恣意的破壊行為」と、継続的イスラエル人入植地を非難した。

彼の強い言葉は、合同記者会見で、アッバスにより歓迎された。「これはまさにわたしたちが、(英国)政府から公式に聞きたかったものだ」とパレスチナ指導者は語った。

(略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「フランス議会報告書が西岸での水『アパルトヘイト』でイスラエルを非難」Haaretz.com
2012年01月17日

パリのイスラエル大使館は、2週間前に公表されたフランス議会外務委員会報告書を先見せず、したがって、論駁、あるいはそれを緩和するため働くことをしなかった。
Barak Ravid

フランス議会外務委員会は、2週間前、西岸の水資源割当で、「アパルトヘイト」政策を実施するイスラエルを非難する前例ない報告書を公表した。

(略)

報告書は、水が「新アパルトヘイトに奉仕する武器」となっていると述べ、この主張を支持する例や統計を挙げた。

「西岸のイスラエル入植者、45万人ほどが、そこに住むパレスチナ人230万人より、より多くの水を使用する」と、報告書は述べた。「干ばつの時期、国際法に反して、入植者らは水の優先権を得る」。

(略:パリのイスラエル大使館が怠けていて、このような「本当の」報告書が発表されてしまったという話なので)

アーカイヴ:パレスチナは公正に渇く(2011年05月31日)


posted by mizya at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルに関するEU報告:二国家解決救済?

ジョナサン・クック
2012年01月13日金曜日

ナザレ - イスラエルとヨーロッパの既に緊迫した関係は、いわゆる和平プロセスに関する漏洩内部ヨーロッパ報告書が、先例ない言葉でイスラエルを批判し、今週、今までで最低に達した。

二国家解決の機会が、急速に衰えていると警告する文書は、パレスチナとの会談を復活することに対するイスラエルの拒否に、ヨーロッパ27加盟国の中に増大する激高を反映するように見えた。

発展中の危機を報じるイスラエル新聞は、「イスラエル対ヨーロッパ」といった表題で案内した。そのひとつ、ベンヤミン・ネタニアフ首相に近いとして知られるIsrael Todayは、イスラエル極右外務大臣、アビグドール・リーベルマンにより出されたヨーロッパへの拒絶を反映し、最近「ヨーロッパは重要でなくなる」と発表した。

イスラエルのオブザーヴァたちは、トルコやエジプトといった、地域の重要な戦略的同盟国との最近の降下に続く、ヨーロッパとの不和は、イスラエル・ニーズの最後のものと警告してきた。

緊張は、合衆国の中東協議事項に向けたEUの伝統的服従を破る可能性を示唆し、イスラエル-パレスチナ紛争に向けたますます独立したヨーロッパ・アプローチであると見えるものの出現により引き起こされてきた。

(略:まだまだ長い)

全文:alakhbar
posted by mizya at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル人722,000人がグリーンラインを越えて住む

Yisrael HaYomは、今日、より赤裸々な占領の「成功」に関する統計のひとつを発表した:2011年、イスラエル人722,000人が、入植地と東エルサレムを含むグリーンラインを越えて住む。これは2010年の5%増だ。それは、イスラエル人の7人に1人が、1967年の境界の外に住むと意味し、なぜ国家が、地中海からヨルダンまで、急速に単一国家になっているか説明する。Bibitonと入植者ら自身は、彼らが、アパルトヘイトユダヤ人専用国家を追い続けることができるとそれは意味するので、この展開を大いに喜ぶ。

その場合、イスラエルが、占領終結とパレスチナ国家への1967年境界の外の領域殆どすべてを引き渡すのを拒絶するなら、「大」イスラエルに住む個々人すべてに、完全な市民権と権利を与えなければならないと真実要求することを考え始める、それは臨界となる。わたしたちは、これについて、可能性とか起こりうる事柄として話すことを止め、現実として話さなければならない。イスラエルは、正真正銘の選択を与えられなければならない。古いジャボティンスキー派賛歌の川から海までの一国家か、あるいは、占領を今終わらせなければならない。

原文:Tikun Olam
posted by mizya at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。