2012年02月12日

エチオピア系イスラエル人が高まる差別に直面

2012年02月09日木曜日
ELENA VIOLA FOR THE ALTERNATIVE INFORMATION CENTER

人種差別が、イスラエルで上昇しており、それは時々、彼らの皮膚の色に基づき、差別に直面し拒絶される国家の市民、エチオピア系ユダヤ人に向けられる。

ethiopian-kid-absorption-center-israel.jpg
イスラエルの編入センターのエチオピア系ユダヤ人少年 (photo: flickr/Vadim Lavrusik)

エチオピア起源のイスラエル人1500人が、最近、エルサレムの議会前で、イスラエルの人種主義と差別に反対してデモンストレーションした。多くのエチオピア系イスラエル人住民の家庭である、Kiryat Malachiの家主何人かが、エチオピア系ユダヤ人に賃貸を拒絶して、抗議は起こった。

「イスラエル人は、まわりにエチオピア人にいて欲しくない」と、ハイファでエチオピアの若者にカウンセリングを提供するイスラエル婦人、Shokoは語る。「エチオピア人にアパートを貸さない彼らの言い訳は、彼らが騒々しい...そして彼らは、「悪臭を放つ」パン、インジェラを食べ、その強い臭いが近隣中に広がるということだ。実際は、イスラエル人が、エチオピア人を好きでない、彼らが黒いから...」

エチオピア系ユダヤ人イスラエル協会 (IAEJ) 資金調達者、Chava Weissは述べる、「これは、まったく遺憾な差別と類型化の事案だ...」

およそ130,000人のエチオピア系ユダヤ人がイスラエルにいる。国家の市民、彼らは、ユダヤ人大多数を支えるため、イスラエルにエチオピア人を運ぶ目論見の、2つのイスラエル隠密軍事作戦 - 1984年と1991年 - で、国に入った。

「しかし、ここに住むエチオピア人の大部分がユダヤ人だとしても、ラビや普通のイスラエル人居住者何人かが、彼らを差別する、といのも、彼らのユダヤ・ルーツが、東ヨーロッパのユダヤ・ルーツに似ていないから」と、エルサレムに住むエチオピア人青年、Mujuは説明する。エチオピア人は異なる神聖な祭りいくつかを祝い、タルムードを祝わない。Mujuは、「ユダヤ人のあるものは、ぼくたちエチオピア人が、イスラエルに入るためにユダヤ集団をつくったとさえ主張する」。

(略:長い)

全文:ALTERNATIVE INFORMATION CENTER

アーカイヴ:最新のハズバラ・メメ(?):ブラックウォシング(01月23日)


 パレスチナ人への弾圧、土地没収や家屋破壊、追い立て、真夜中の襲撃での子どもたち(大人はもちろんのこと)の逮捕、尋問での拷問や虐待、「行政拘留」、入植地拡張と入植者による暴力、オリーヴの引き抜き、ガザ封鎖による医薬品の不足と電力や水の危機、非暴力抗議デモへの弾圧、国際活動家も含む死傷者、国際社会の無能ぶりなど、ニュースが届かない日はないので、実はユダヤ社会内の差別まではとても手が回らない。アーカイヴ記事、イスラエルのプロパガンダ、ブラックウォシングを取り上げたので、今日の記事はその「続編」ということで。エチオピア系イスラエル人も、日々の生活、住まいからも教育現場からもはじき出され、生活の糧を得る職業からさえはじき出されているのに、徴兵制からはじき出されることはない。確か去年、初めてのエチオピア系ユダヤ人の兵役拒否者の記事を読んだような記憶はあるけれど、この記事に徴兵の言及はない。


posted by mizya at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。