2012年02月15日

報告:イスラエルがMigron前哨基地のための新入植地承認

2012年02月13日月曜日

テルアヴィヴ、イスラエル (Ma'an) -- 違法Migron前哨基地の入植者らは、月曜日、被占領西岸内に彼らの住居を再配置する、イスラエル政府との取り引きに到達したと語った。

イスラエル高等裁判所は、パレスチナ地主7人とイスラエル圧力団体、ピースナウにより提出された2006年の訴状に応じ、西岸都市、ラマッラ近くのMigron前哨基地のイスラエル人入植者らに、3月31日までに立ち去るよう命じた。

2011年8月2日の裁判所裁決によれば、前哨基地は、民間所有のパレスチナの土地にある。

入植者らは、月曜日、イスラエル政府が所有する用地、と彼らが言う近くの丘にMigronを再配置する、イスラエル政府との取り引きを確定したと語ったと、イスラエル日刊紙、Ynetは報じた。

被占領パレスチナ領土に建設された入植地すべてが、国際法下、違法である。

現在の前哨基地構造物は、18ヵ月のスケジュールを明記する合意で、家族らすべてが引っ越すまで破壊されないだろう。合意は、イスラエル高等裁判所に提出される前、イスラエル政府と入植者らにより署名されなければならないと、Ynetは述べた。

しかしピースナウ所長、Yariv Oppenhemierは、Ynet報道によれば、取り引きが「「3月末日までにMigron撤退を命じる裁判所命令に直接違反する」と語った。

(略)

前哨基地は、公式のイスラエル政府の授けなしで、概して、1990年代半ば以降、建設された入植地だ。現在まで、およそ100の前哨基地があり、それらの多くがイスラエル政府により支援された。

西岸の入植地拡張は、2011年に加速した。(東エルサレムを除いて)新たに「建設開始」の住宅1,850戸があり、2010年に、殆ど20パーセント増加したと、国連人道業務調整事務所 (OCHA) は述べる。

2011年のイスラエル政府による様々なイニシアティヴは、個人のパレスチナの土地に建設された、無許可の入植地前哨基地「合法化」を目論んだと、OCHAは報告する。

国連の評価によれば、被占領パレスチナ領土に、イスラエル人入植者、500,000人程が住む。これらのうち、4,000人〜5,000人の入植者が、ピースナウによれば、前哨基地に住む。

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:イスラエル当局が違法入植地前哨に「合法」地位を与える(01月05日)
     :イスラエル大臣が西岸前哨基地合法化目的の法案を量る(2011年12月17日)


posted by mizya at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがパレスチナ人ハンガーストライカーに手錠(あるいは足鎖)

2ヵ月間、刑事告発なしで拘留されるハデル・アドナーンは、死に瀕していると人権集団(複数)は語る

Harriet Sherwood in Jerusalem
guardian.co.uk
2012年02月12日日曜日

Khader-Adnan-protest-007.jpg
ハデル・アドナーンの顔が、ガザ市の赤十字本部前のパレスチナ人による抗議で、ポスターに現れる。Photograph: Mohammed Abed/AFP/Getty Images

8週間以上もハンガーストライキしてきたパレスチナ囚人は、死に瀕していると警告されるにも拘らず、イスラエル当局により、病院のベッドに手錠(あるいは足鎖)されている。

ハデル・アドナーン、33歳は、12月半ば以来、刑事告発もなく「行政拘留」の下捕らえられてきた。イスラエル軍当局は、彼が何の責任を問われているのかも、彼に対するいかなる証拠の提示も、彼の弁護士に告げるのを拒絶してきた。

ヒューマン・ライツ・ウォッチ (HRW/人権監視) は、イスラエルに、アドナーンを刑事告発するか、解放するか、いずれかを要求した。「彼は、ハンガーストライキで死に瀕しており、しかしイスラエルは、いかなる犯罪でも彼を告訴することさえなく、思い悩むこともなく病院のベッドに彼を鎖でつなぐ」と、HRWの中東責任者、Sarah Leah Watsonは語った。

HRWは、共和主義囚人10人が、彼ら自身を餓死させた、1980年と1981年の北アイルランド・ハンガーストライキの調査に基づく英国医師会 (BMA) による2006年の調査に言及した。「死は一般に、55日〜75日の間に引き起こされる」と、BMAは述べた。ストライキの間、英国議会議員に選挙されたBobby Sandsは、66日目に死んだ。

(略:既に掲載済み情報に重複)

全文:guardian.co.uk


 国際社会には、国際法に反するイスラエルの「行政勾留」を即刻停止させる責任がある。無辜の市民の命をかけた闘いに沈黙する、このありようは到底受け入れがたい。ハンガーストライキの結果、既に歩行もできず車椅子で移動させられるアドナーンを、ベッドに鎖でつなぐ必要は何だろう。アーカイヴ:「パレスチナ人ハンガーストライカー救出を求める署名」の記事中、オンライン請願の「請願」をクリックすると、署名サイトにアクセスする。大企業のため民主主義を弾圧したい国家のことはさておき、市民個人の良心が問われている。
あるいは、署名サイト:
http://signon.org/sign/khader-adnans-life-at-1?source=c.fwd&r_by=2447156
要求される項目は:*マークのみ;氏名、メールアドレス、国(スクロールして選択)、郵便番号の4項目。
posted by mizya at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。