2012年02月18日

パレスチナ人生徒たちが西岸でのスクールバス衝突で死亡

2012年02月16日

少なくともパレスチナの子ども8人と教師ひとりが西岸でのスクールバスとトラックの衝突で死亡した。

バスは、4歳ほどの幼い子どもたちを乗せ、エルサレムの北隣、ラマッラに向かっていた。
車輌は衝撃で倒れ火を噴いた。子ども30人以上が負傷し、死亡者数が上昇する恐れがある。
パレスチナ大統領、マフムード・アッバスは、3日間の追悼を宣言した。
イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフは哀悼を表明し支援を申し出た。

「国家的大惨事」

バスは、込み合う道路合流点で衝突が起こったとき、子どもたち多くて50人を乗せていたと考えられる。
放送で、アッバース氏は、事故を恐ろしい国家的大惨事と評し、すべての国旗を半旗とするよう語った。
彼は、負傷した多くがまだ、西岸中の医療機関で治療を受けていると語った。
トラック運転手、アラブ系イスラエル人も負傷した。

ラマッラ病院院長、アフマド・ビタウィ博士が、病院で、子ども5人と教師ひとりの死亡が確認され、一方、衝突で負傷したさらに54人が、そこで治療されていると語ったと、Reuters通信社は報じた。
生存者の何人かがまた、エルサレムのハダッサ大学病院に運ばれた。

(略)

危険な条件

パレスチナ警察報道官、ユーシフ・オスラエルは、子どもたちが、遠足でラマッラを発ったが、大雨と嵐の天候のため戻ったと語ったと、Associated Pressは報じた。
オスラエル氏は、死亡した子どもたちは4歳から6歳の間と語った。

エルサレムのBBCのJon Donnisonは、その地域の道路が、雨に続き、かなり危険だったと語った。

(略)

全文とニュース映像(病院のシーン:56秒):BBC


posted by mizya at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「報道における公正と正確」より2題 - ハデル・アドナーンと沖縄

パレスチナのガンジーを待っていたメディアのお偉方は? ハデル・アドナーンは?
2012年02月17日
ピーター・ハート

何年も、著名な組織メディアお偉方は、世界 - そしてメディア - が、劇的、非暴力パレスチナ抵抗運動に応じるだろうとわたしたちに告げてきた。仮にそのような運動が - 恐らくガンジーのような人物に指導され - 最終的に出現したなら、メディア報道は現れ、世界中からの共鳴が、パレスチナ問題支援を強化するだろうと、わたしたちは告げられる。

これは無意味だ - 非暴力パレスチナ抵抗は何年もあった。(略:タイムズのジョー・クライン、ニューヨークタイムズのコラムニスト、トム・フリードマンの記事の例、あるいは「ガンジーを待って」と題するニューヨークタイムズ・コラムニスト、ニコラス・クリストフの記事の例)

しかし、たった今、イスラエルの拘留慣例に抵抗している誰かはどうか? そのハンガーストライキが世界中の注意を引きつけている人は? それはハデル・アドナーン。アリ・アブニマが彼のストーリを告げる:(略)

劇的、非暴力のパレスチナの語りを渇望するとわたしたちに告げたお偉方は、著名なアイルランドのハンガーストライカー、ボビー・サンズに比較されるハデル・アドナーンのストーリを書くことができる。

しかし彼らは、彼のストーリを書いていない。彼の苦境は、米国組織メディアでの報道はまばらで、彼のようなストーリを告げることを熱望するこれらお偉方により、言及されないことになったとしかみえない。

フリードマンやその同族が書くことを実際には意味しないと、ひとは考えざるを得ない。

全文:FAIR (Fairness & Accuracy In Reporting)

NYT:沖縄県民の「真実の見解」は彼らが言うことでない
2012年02月15日
ピーター・ハート

沖縄の島に住む大多数が、米国海兵隊が去ることを望むのは、既定の事実と見える。島の異なる場所、辺野古の町に、新たな飛行場を建設する計画は、さらに不人気だ。最近の世論調査のひとつが、新基地に84パーセントが反対すると見いだした。

しかしニューヨークタイムズは今日、それ (NYT) がよりよく知っていると読者に告げる。マーティン・ファクラーによる記事の表題は、それら世論調査が - 基地に対する大規模デモンストレーションに言及せず - 信じるべきでないとあなたに告げるのみだ:「米国基地への怒りのイメージのただ中、沖縄県民の真実の見解は異なる」

「真実の見解」が、見たところ米国基地支持であることに驚かない。(略)

なぜそれほどまでに、事実が彼らが見えているものでないと、読者に告げようと努力するのか? 率直に、これは理解しがたい。(略)

(略)

最新版:沖縄の世論調査データのニューヨークタイムズの却下は、イラクの世論調査への扱いに酷似する - (記事参照:略、原文で)

全文:FAIR (Fairness & Accuracy In Reporting)


 米国マスメディア監視サイトから届いた記事の項目に、たまたまハデル・アドナーンと沖縄が含まれていた。NHKはABC、TV朝日はCNN、といったように、国際ニュースを米国メディアに負うところは少なくない。ABCやNYTは、FAIRが取上げる常連、つまり、ワースト・ニュース・ソースといって過言でない。実際、NYTが、何故読者に、沖縄県民が米軍基地に反対していないなどと信じ込ませたいのだろう?
 米国メディアの「パレスチナのガンジーはどこにいるのか?」の問いに、パレスチナは「イスラエル刑務所に」と応じたものである。ハデル・アドナーンはそれを証明することになった。
posted by mizya at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハデル・アドナーンの尊厳

Claire
2012年02月15日

彼のハンガーストライキの60日目にわたしがこれを書くととき、わたしが知る限り、ハデル・アドナーンはまだ生きている。彼が昏睡状態に陥ったとの断言が伝わるものの、彼の状態について、今日はまだニュースがない。イスラエルが彼の拘留を維持し、彼を解放しないのを、わたしたちは憤慨してよいが、どのようになし得るだろう? アドナーンは彼自身のことばで、彼の抗議が、彼自身のためばかりでなく、違法に拘留された囚人すべてのためでもあると明確にした。イスラエルがアドナーンを解放することは、その拘留が違法だったと認めることを意味し、そして次に、ことによったら、トランプの家全体 -- 違法監禁、不法逮捕、違法占領、違法土地没収、違法併合... が崩れ去り得る。

アドナーンが、二国家解決交渉で生じると思われる、独立パレスチナ国家の基礎と推測される、パレスチナ自治政府支配下と想像されるエリア Aで、イスラエルによりどのように逮捕されたのか言及がなかったことは驚くべきことだ。(略)

(略)収監する側は力のすべてを有することになっている。尊厳を保持するため、力を持つ方法を見つけることに、アドナーンはよくも挑んだものだ。彼らの支配すべて、拷問、尋問、秘密証拠にも拘らず、アドナーンは、食べるかどうかをまだ支配できる。彼は、食べないと決めることができる。彼の獄吏が、彼へのすべての種類の支配を握ろうと試みたとしても、彼はこの自制を行使した。

アドナーンは、その避けがたい結果を承知の上で食べないと決定した。ここに、信じがたい勇気と非暴力抵抗の彼の力はある。わたしたちは、アドナーンの選んだ死が、チュニジアでモハメド・ブーアジジの選んだ死に帰したものと同種の変化をもたらすだろうと望むことができる。しかし、それがならなくても、少なくともアドナーンは、重要な不正、弾圧、残酷に直面する中で、彼が自制と尊厳を保持してきたと知っている。わたしは、この認識が、彼の家族に慰めと慰安を提供するだろうことを望む。さらにそれは、わたしたちの残りを鼓舞し謙虚にしないだろうか。詩も、芸術作品も、式辞も、根気よく持続して悲痛なまでに彼自身の命をかける男ほどに、感動させることはできない。

全文:Mondoweiss
posted by mizya at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。