2012年02月27日

葬儀行進弾圧でパレスチナ人9人負傷

2012年02月25日土曜日

被占領西岸でのイスラエルによる発砲で、金曜日に殺戮された男の葬儀に続くイスラエル治安部隊との衝突で、土曜日、パレスチナ人9人が負傷した。

タラト・ラミヤ、23歳は、抗議行動で、イスラエル兵らに実弾で胸を撃たれた後、金曜遅く、手術中に死んだ。イスラエル軍は、彼が花火で兵士らを狙っていたと語った。

およそ2,000人の哀悼者が、多くがパレスチナ旗を掲げ、ラミヤの遺体とともに、エルサレム市境の北、数百メートル、アッラムの墓地に行進した。

「犠牲者何百万人もがエルサレムに行進する」と、彼らは繰り返した。

パレスチナ自治政府首相、サラーム・ファイヤドは、土曜日、殺害を非難した。「イスラエル政府が、この犯罪の全責任を負う」と、彼は声明で述べた。

「国際社会の沈黙は... わたしたち民衆の生命のイスラエルの浸食と、この犯罪を犯すことを促進するのに寄与した。この状況は、そのような攻撃の継続のため、国際社会に直接の責任を与える」と、それ(声明)は述べた。

重装備のイスラエル警察が群衆を分散させようと、催涙ガスキャニスタやゴム皮膜(金属)弾を発砲した葬儀の後、衝突は勃発した。

パレスチナ人は、遠くから警察に投石して応答した。

(略)

全文:alakhbar


 土地の没収も家屋破壊も、オリーヴの引き抜きも、夜襲をかけての真夜中の逮捕、ことさら東エルサレムの子どもたちの逮捕も、ガザ侵攻と空爆による殺戮も、入植者による轢き逃げも、金曜デモへの弾圧も、上の記事が示すように、日々遂行されている。ハデル・アドナーンとハナ・アッシャラビーのハンガーストライキの記事で手一杯だったけれど、解決したわけでなく、ハデルもハナもリスクのただ中にいる。殺戮しなければ、葬儀まで弾圧するために出動する必要もないだろう、弾圧勢力と、誇示したいのだ、イスラエルは。


posted by mizya at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北アメリカ組織の公開書簡

2012年02月23日木曜日
Adalah - NY - The New York Campaign For The Boycott Of Israel

Batsheva、パレスチナ人へのイスラエルの扱いに対する強く明白な態度を取るよう

ニューヨーク、NY、2012年2月21日 - 合衆国とカナダの人権活動家やアーティストを代表する20を超える組織が、Batshevaダンス・カンパニーに、「イスラエルをブランドする」キャンペーンとの関係をすべて断ち、パレスチナの権利へのイスラエル政府の暴力に反対の立場をとるよう要請している。

Batshevaは、2月末、サンフランシスコ、ケベック市、モントリオール、ニューヨーク、タルサ、シカゴ、オースティン、スコッツデールでパフォーマンスする5週間の北アメリカ・ツアーを開始するだろう。

Batshevaのボイコットは、パレスチナ領土の軍事占領終結、イスラエルのパレスチナ市民の平等の権利、国連決議 194により保証される難民の帰還権を含む、平等の要求が満たされるまで、イスラエルの機関や企業のボイコットを呼びかける、拡大する不買・脱資・制裁 (BDS) 運動の一部である、イスラエルへの学術・文化ボイコットのためのパレスチナ市民社会要請にむけた応答である。

(略)

ダンス・カンパニーへの公開書簡で、組織は、イスラエル外務省 (MFA) が、Batshevaを「イスラエル文化の最もよく知られる世界大使」と見做してきたと指摘する。

書簡は、MFAとの結びつき故、Batshevaが「イスラエルの人権侵害、アパルトヘイト、パレスチナ領土の占領を糊塗することに積極的に共謀する」との主張を続ける。

(略:先を急いで)

書簡は、イスラエルのアーティストやパフォーマーが自由にツアーする一方で;パレスチナのアーティストによる展示やパフォーマンスは、イスラエル占領により、組織的に禁止、破壊、閉鎖されるとの指摘を続ける。

パレスチナ第一のダンス一団のひとつ、El Funounの長年のメンバー、ハナ・アッワドは、人権組織、Adalah-NYに「西岸拠点のパレスチナ人ダンサーとして、わたしは、パフォーマンスのためガザに旅することをイスラエル政府により禁じられる。2008年-2009年のガザに対するイスラエルの軍事攻撃後、わたしたちラマッラ拠点のダンス一団は、ガザへのイスラエルによる封鎖に抗議して、ガザのわたしたち民衆のためのパフォーマンスを、衛星中継に頼った。わたしたちダンサーの何人かはまた、イスラエル政府により、近隣のパレスチナ都市や外国でのパフォーマンスのとき、一団に同行することさえ禁じられる」と語った。

書簡は、人権活動家たちに語った、エルサレムの民衆アートセンター所長、イマーン・ファフーリを引用する、「イスラエルが、ダンサーのエルサレム入域を拒絶して、わたしたちのダンスパフォーマンスふたつがキャンセルされ、ドイツhip-hopダンサーがパフォーマンスすることになっていた劇場が、最後の瞬間、イスラエル当局により閉鎖された。劇場の外のイスラエル軍は、武力で人びとを取り除こうとしていた。人びとの何人か、聴衆とアーティストの双方が、殴られ逮捕された」。

最後に「わたしたちは、ますます多くのイスラエル人のように、Batshevaが、パレスチナ人に対するイスラエルの扱いに反対する、強く明白な態度を取り、公正とすべての平等を支持するよう望む。それまで、わたしたちは、民衆的ボイコットと、北アメリカを通してのあなた方のパフォーマンスに対する抗議を促し続けるだろう」と、組織は書く。

(略)

全文:International Middle East Media Center
posted by mizya at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行政拘留者でハンガーストライカー - ハナ・アッシャラビーのため今日アクションを!

刑事告訴も裁判もなく行政拘留下捕らえられる投獄のパレスチナ人、ハナ・アッシャラビーは、2012年2月16日の彼女の再逮捕以来、無期限のハンガーストライキに携わってきました。ハデル・アドナーンの英雄的行動が、パレスチナ囚人の闘いに世界の目を開いた今、ハナ・アッシャラビーのために圧力をかけ続けることは必須です。

ここをクリックすることによりこの緊急アクションを共有し、今TWEETしてください。

ハナ・アッシャラビーは - ハデル・アドナーン同様 - 国際的連帯と、彼女の声、そしてパレスチナ囚人仲間、5,000人近い声を増幅するため、そして、世界の人びとがイスラエル占領(勢力)によるパレスチナ人の虐待と恣意的拘留を受け入れないと明確にするために、彼女の事例への支持を必要とします。彼女の自由を要求する書簡を、今、イスラエル政府関係者に送ってください。

ハナ・アッシャラビーは、囚人交換協定で、2011年10月にイスラエル刑務所から解放されました;彼女の解放前、彼女は30ヵ月以上、拘束されました。その間、彼女は、いかなる刑事告発も裁判に付されることもなく;恣意的行政拘留で、ほぼ3年を過ごしました。

ハナは、2月16日以来、ハンガーストライキしてきました。2月23日、ハナの両親どちらも、彼女の無期限ハンガーストライキに加わりました。ハナの兄弟、サミールは、2009年9月、ブルキン村に侵攻したイスラエル占領軍部隊により殺戮され、彼女の姉妹、フッダもまた以前、告訴も裁判もないまま行政拘留下に捕らえられました。

解放から僅か4ヵ月後、ハナは、またしても逮捕され - そしてまたしても、いかなる犯罪でも告訴されません。またしても、彼女は、無期限に延長可能な - 行政拘留6ヵ月を宣告され、恣意的に捕らえられました。再-逮捕や継続する恣意的行政拘留で、パレスチナの元囚人を標的とすることは、珍しいことでなく - ハデル・アドナーンは、彼自身、行政拘留で8期を過ごしました。

ハナ・アッシャラビーが、彼女の外見的解放後、非常に速く、継続的投獄の標的とされ、またしても、閲覧もできず責めを負わない「秘密証拠」を除いて、告発されることもないことは明らかです。

(略:行政拘留が国際法違反であること、アムネスティ・インタナショナルが行政拘留の停止を要求すること、過去繰り返されたハンガーストライキに対し、イスラエル刑務所行政が、公約したことを護った試しはなく、ハンガーストライキを終わらせる目的の「空手形」だったことなど)

ハナ・アッシャラビーは、即刻解放されなければならず、国際的行動は急を要します。

行動してください!

1. Samidounパレスチナ囚連帯ネットワークは、北アメリカと世界中のパレスチナ連帯運動に、ハナ・アッシャラビーとパレスチナ政治犯すべての事例を公表するよう促します。4月17日のパレスチナ囚人の日のアクション・デーに加わってください!
2. イスラエル占領当局にコンタクトして、ハナ・アッシャラビーの解放を要求してください。ここで書簡に署名を(原文から)。
3. みなさんの地元のイスラエル大使館・領事館前でピケか抗議を組織して、ハデル・アドナーンとパレスチナ政治囚すべての即刻の解放を要求してください。(略:先を急いで)
4. ファックスを送ってください。(略:原文参照、このアクションは英語になると思うので)
5. 赤十字国際委員会や他の人権組織に書簡を送ってください。(略:原文参照、このアクションも英語になると思うので)
6. ソーシャルメディアでハナの記事を共有し続けてください。

全文:Samidoun


「ここで書簡に署名を」に署名サイトをリンクしたかったけれど、署名の重複を避けるためなのか(わたしが署名してしまったので)リンクできなかった。なにとぞ原文からアクセスを。*マークのみ、記入が要求されている。要求される項目は、記憶が正しければ、ファーストネーム、ファミリーネーム、メールアドレスの3点、住所、都市、郵便番号、国(スクロールして選択)の項目もあるが、記入が必然ではない。
posted by mizya at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。