2012年03月17日

ガザの「死亡」対「混乱」

2012年03月13日
ピーター・ハート

イスラエル/パレスチナ報道は、どうしたわけか、異常に不均衡な対立を、より「均衡がとれた」ように見せることをしばしば目論む。ワシントンポスト (3/12/12) のこの行

戦闘は、ふたりを除けばすべて闘士のガザ人18人を殺し、ロケット攻撃の範囲内に住むイスラエル人、100万人ほどの生活を混乱させた。

なぜ、殺戮された人びと18人が、日常生活の混乱と比較されるのか? 仮に混乱が標準ならば、ひとは、ガザ人のどれだけが、停電、無人機、砲撃などで、彼らの生活を混乱させられてきたかを断定しなければならないだろう。

このような一文は、大きく不均衡な現実の「平衡」の試みとしか見えないだろう。

(ひとは常に、もちろん、軍隊により、殺された人びとに適用されるとき「闘士」のことばに懐疑的であるべきだ;しばしばそれは、彼らの死が受け入れ可能に見えるようにするため、適用するラベルに過ぎない。)

原文:FAIR


posted by mizya at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空襲がガザ回廊を標的とする

2012年03月15日

167764_345x230.jpg
(Reuters/file)

ガザ市 (Ma'an) -- イスラエルは、エジプトが仲介した休戦合意から48時間に満たないうちに、水曜日夜通し、ガザ回廊の敷地ふたつへの空爆を開始した。

目撃者たちは、イスラエルのミサイルが、火災と深刻な損害をもたらし、農地に着弾したと語った。負傷者は報告されなかった。

声明で、イスラエル軍は、軍用機が「ガザ回廊北部のロケット打ち上げ用地と、ガザ回廊南部のテロトンネル」を標的としたと語った。

先立って、ベールシェヴァに発砲されたロケットが、アイロン・ドーム飛行ミサイル防衛システムにより迎撃されたと、軍は語った。

砲撃の後、ロケット1発が、ガザからイスラエル南部に発砲され、Netivotの空地に着弾したと、イスラエル軍報道官は語った。

ロケット攻撃の責任を声明する闘士集団はない。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「子どもの死がパレスチナ人死者を26人に引き上げる」The Palestinian Information Center

2012年03月15日

ガザ、(PIC) -- 水曜日朝、重傷の7歳の少年が死亡し、ガザ回廊への最近のイスラエル攻撃で、殺されたパレスチナ人被害者の数は26人となった。

ガザ緊急・救急委員会報道官、アドハム・アブサルミーヤは、犠牲者に女ひとり、子ども3人が含まれると、政府情報局により組織されるTV番組で、語った。

金曜日以来、止むことのないイスラエルの攻撃が、パレスチナ人96人、その30人は子どもを負傷させ、彼らの殆どが、病院でまだ治療を受けていると、アブサルミーヤは述べた。

(略)
posted by mizya at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。