2012年03月23日

国連報告:イスラエルが昨年パレスチナ家屋574棟破壊

2012年03月20日

ジュネーヴ (PIC) -- 国連人権高等弁務官は、非武装パレスチナ人に対する実弾使用と、彼らの資産の破壊増加で、イスラエル軍を非難した。

国際組織は報告で、イスラエル軍が、2010年12月1日から2011年11月半ばまでの期間に、家屋203棟を含む、パレスチナ人の建物574棟を破壊し、パレスチナ人957人を強制退去させたと述べた。

報告は、行為を国際法と教義への紛れない挑戦と評し、イスラエルが、新建築許可発行に厳しい措置を課すと同時に、パレスチナ人家屋のその破壊政策に頑と言及した。

報告はまた、パレスチナ人が軍事法廷に出席しなければならない一方、入植者らが民事裁判所で審理されると説明し、イスラエルを、パレスチナ人と入植者らの扱いに於けるその二重基準で、激しく打ち据えた。

それ(報告)は、現在5年以上になるイスラエルのガザ回廊が、飛び地の人道的状況に影響していると述べた。

報告は、イスラエル政府に、パレスチナ民間人に対する過度の暴力の使用を制限し、パレスチナ市民とその資産に対する入植者らの攻撃をやめさせ、分離壁建設を停止してパレスチナの土地に建設された部分を解体するための、必要な措置のすべてを採用するよう促した。

原文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検問所


porterspeakman

2012年03月20日

「2012年検問所会議のキリスト」のためのPorter Speakman, Jr.によるによる短編映画。「検問所」は、西岸のイスラエル検問所システムと、パレスチナ人がベツレヘム検問所を通り抜けるのに直面しなければならない日々の慣例を考察する。
posted by mizya at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本がヨルダン渓谷での3プロジェクト開始

2012年03月21日

ラマッラ、2012年3月21日 (WAFA) - 日本とパレスチナ自治政府 (PA) は、PA駐在日本代表事務所によるプレスリリースによれば、水曜日、ヨルダン渓谷のコミュニティ権限のための3プロジェクトを発足した。

3プロジェクトは、イスラエル占領下にあるエリアCを含む、西岸のヨルダン渓谷のコミュニティの公的活動支援のため、合計でほぼ1200万ドルの、PAへの日本の寄与の一部として現れた。

補助は、村内道路12キロメートル以上の再建、電力鉄塔、電線、電柱の設置を含む電力供給向上に向けられるだろう。

合計9000人が、これらプロジェクトの恩恵を受けるだろうと、プレスリリースは述べた。

(略:開始式と、ヨルダン渓谷の重要性に触れるニッポン代表のスピーチ、まあ、重要でないので)

全文:WAFA


 送り主がこの記事に添えたコメント:[そしてイスラエルが、それら全部破壊するまでどれくらい?]
 ニッポンの寄与を伝えるこの記事は、パレスチナ自治政府の国営通信社によるものだから、「無視するわけにもいかず」といったところかもしれないが、例えば「エリアC」の説明で、もう戸惑ってしまう。西岸、東エルサレム、ガザ回廊、すべてが「イスラエル占領」下にあるのだから、このエリアCの説明は、ニッポン側の注文だったのだろうかと考えてしまうのだ。エリアCは、完全にイスラエル支配下にある地域で、イスラエルが、パレスチナ人の家屋破壊を繰り返し、パレスチナ人を追い出して「イスラエル」にしようと画策している地域といって過言でない(国際法は許さない)。果たして「恩恵を受けるだろう9000人」は、追放されずに済むのか。以下にその参照記事:

参照:「平和と繁栄の回廊」が占領政策、とりわけ違法入植地存続を促進する危険等について(パレスチナの平和を考える会)
posted by mizya at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報告:ユダヤ人入植者らが現在、西岸の泉の多くを支配する

2012年03月20日

国連機関は、泉の殆どが、私的パレスチナ人の土地に位置すると語り、入植者暴力のため水源に近づくことを恐れていると語るパレスチナ人による証言を発表する。
Zafrir Rinat

昨日公表された国連機関報告によれば、西岸の入植者らが、過去数年で多くの泉の支配を強奪し、パレスチナ人のそれらへのアクセスを妨げるため、しばしば暴力と脅迫を使用する。

報告は、被占領地に於ける人道業務調整事務所、OCHAにより委託された。元ピースナウ入植地追跡プロジェクト責任者、Dror Etkesにより収集された事実によると、入植者らは、そのうちの30は完全に強奪された、56ほどの泉を支配するため、系統的に行動してきている。殆どの泉は、Mateh Binyamin地域議会の地区にある;議会としては、パレスチナ人が水の使用を認められていないことを否定する(入植者らの議会の言い分を誰が信じられよう - mizya)。

2426802229.jpg
西岸のHagevura泉のジャマル・ドゥラムデ。年に数回のアクセスを許されるのみ。
Photo by: Zafrir Rinat

(イスラエル占領軍)民事行政報道官は、アクセスを否定されたり、泉で暴力的に扱われるなら、パレスチナ人が訴訟を起こすべきと語った。

報告は、泉の殆どが、私的パレスチナ人の土地に位置すると述べ、また、そこでの表向き系統的強奪の様々な段階を概説する。第一段階は、新たなヘブライ語名で、観光地としてその地域を記すことだ。次は、ベンチやピクニックテーブルを含む様々な構造物の設置を伴い、そして水場を閉鎖する。これら活動のすべてが、許可なく実施されると、報告は述べる。

(略:徐々にイスラエルのいい分に変わるが、真実でないので翻訳の意欲が湧かない。「ユダヤ人はきれいにするのが好きなんだ」とか言っている、自分の土地でない、誰かの土地のものを。「まあ、ごリッパな心がけ」とでも言って欲しいのか???)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:一滴でない:イスラエルが子ども時代の思い出と共に泉を奪う(2011年12月21日)
posted by mizya at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘブロン入植者攻撃 - 2題

ヘブロン・ヒル南部の入植者攻撃

2012年03月18日日曜日
OPERATION DOVE

1週間だけで3度目、ヘブロン・ヒル南部、メシャハ・ヒルは、パレスチナ人に対する入植者攻撃の現場だ。

hebronhills.jpg.jpg
ヘブロン・ヒル南部地区で、3月17日土曜日、覆面のイスラエル人入植者が、国際ヴォランティアを脅す (Photo: Operation Dove)

3月17日土曜日、午後12:15、違法前哨基地、Havat Ma'onの入植者5人が、メシャハ・ヒルで群に草を食ませていたパレスチナ人羊飼いを攻撃した。その事件中、入植者らはまた、国際ヴォランティアを追いかけ脅かした。

パレスチナ人羊飼いが、違法前哨基地、Havat Ma'onの前のメシャハ・ヒルで群に草を食ませていたとき、午前11:30だった。そのひとりはフェースマスクを着けた、入植者5人のグループが、羊飼いに近づき、彼の群を押しやった。入植者らは、全域が「彼らの資産で、何千年もの間、全ユダヤ人のもの」として、彼に、そこにこれ以上来ないように警告した。入植者らは、物理的に叫び押し掛けながら、彼らのひとりが、羊飼いに伴った国際ヴォランティアを追いかけ脅していた丘の麓に、羊飼いを押し出した。逃げまどいながらヴォランティアは、携帯電話2つを落とし、それは入植者に即刻拾い上げられ、石で砕かれた。午後12:30、軍用ジープ2台、地区調整事務所 (DCO) の車、パトカーが、ヴォランティアと入植者らの証言を聞くため、その場に到着した。メシャハの丘と谷、どちらも、パレスチナの民間資産である。昨年12月、アットゥワニ村の住民は、その地区を保護するため、イスラエル軍の配備でこれらの土地を耕作した。

(略)

全文:AIC

入植者らがヘブロンの家々を攻撃

2012年03月19日月曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

西岸南部都市、ヘブロンの、ラマト・イシャイ違法入植地前哨基地の武装した過激派イスラエル入植者グループが、日曜日夜、タル・ルメディーア地区のパレスチナ人家屋のいくつかを攻撃し、悪態をつきながら子どもたちを追い回した。

パレスチナ通信社、WAFAは、入植者らが、追跡し、汚い呪いの言葉を使って叫び、子ども何人かを恐れさせたと報じた。

タル・ルメディーアの住民のひとり、ヒシャーム・アルアッザは、彼と家族を侮辱しながら、入植者たちが家に押し入り、(hull?) 1時間暗がりで、彼の息子ユーニス、8歳を捕らえさえしたと述べた。

アルアッザは、イスラエル警察がその地区にいたが、入植者らを止めようとも、追い出そうとも試みることさえなかったと付け加えた。

(略)

全文:International Middle East Media Center
posted by mizya at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。