2012年03月28日

ベドゥイン追放イスラエル計画 - グリーンラインの内と外で

エリアCからパレスチナ・ベドゥインすべてを追放するイスラエル計画
2012年03月26日

ナザレ (PIC) -- B'Tselem人権センターは、イスラエル支配下にある西岸のエリアCから他のエリアに、パレスチナ・ベドゥイン・コミュニティを追放するイスラエル計画を明らかにした。

センターによれば、これらベドゥイン・コミュニティは、27,000人で構成され、イスラエル占領当局 (IOA) は、この年に、彼らをその家から排除し始めるだろう。

それ(B'Tselem)は、イスラエル軍民事行政が、この計画の第1段で、パレスチナ・ベドゥイン2,300人ほどに、マアレ・アドミン入植地近くの彼らの家から、被占領エルサレムの東、アブディス村に隣接する空き地への移動の強制を目論むと付け加えた。

次の過程は、3から6年の期間内で、ヨルダン渓谷のベドゥイン・コミュニティすべてを追放することを目指すと、B'Tselemは確言した。

原文:The Palestinian Information Center

国連委員団がイスラエルに「人種差別的」ベドゥイン移送計画棚上げ促す
2012年03月26日

国連委員会は、「ネゲヴのベドゥイン定住規制法」は、差別的で人種差別慣例を合法化するだろうと語る。
Dana Weiler-Polak

国連委員会は、現存のベドゥイン・コミュニティ、ネゲヴに住むベドゥイン30,000人を常置に移動させるイスラエル法案の撤回を要請した。

人種差別撤廃委員会によれば、「ネゲヴのベドゥイン定住規制法」は、差別的で人種差別慣例を合法化するだろう。

(略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスとマルハ・モールの間

2012年03月25日

そのようなヘイト・クライム(憎しみの犯罪)がイスラエルで殆ど報告されないという事実こそ、モールでの強打よりはるかに深刻だ。警察は、それが起こることを許し、目撃者何百人もが脇を向く。誰も見ず、誰も聞かず、誰が気にかけよう?

ギデオン・レヴィ

電話の向こうの声は、明らかに非常に狼狽していた。その所有者は、数日前のエルサレムのマハラ・ショッピングモールでの「ポグロム(虐殺)」と彼が呼んだことについて話すため、夜遅く電話した。国家法執行機関のひとつの元トップとして、彼は、ことさら、その事件がメディアの注目を引きつけず、誰も逮捕されなかったことに憤慨した。

金曜日、その事件の十分で恐ろしい真実は明るみに出た。Oz Rosenbergは、月曜日夜、「ベイタル・エルサレム」サッカーファン何百人もが、モール中で猛り狂い、人種差別的スローガンを繰り返し、女のアラブ人労働者たちに唾を吐き、男のアラブ人労働者何十人もを、連中の拳で、連中の足と棒で攻撃したと、この新聞(Haaretz)で報告した。

「連中は、彼らの何人かを捕まえて彼らをこてんぱんに殴った」と、Rosenbergは、ある店舗所有者が語ったと報じた。「連中は、人びとを店舗の中に投げ込み、ショーウィンドウに彼らを激突させた」。

モール管理者、ギデオン・アヴラハミは、そのような「恥ずべき、衝撃的、人種差別的事件」を見たことはなかったと語った。火曜日に、彼は、ショッピングセンターのアラブ人従業員との会合を呼びかけ、彼らに謝罪する称賛に値する手段をとった。「そのようなことを、あなたはどのように見ることができ、そして何もしなかったのか?」と、ひとりが尋ねた。

そして本当に、誰も何もしなかった。目撃者何百人もがおり、監視カメラがすべてを記録し、警察は来た - そして、誰も逮捕されず、誰もメディアに伝えて面倒をかけなかった(わたしの情報提供者、元法務官を除いて)。その事件は、トゥールーズのユダヤ人学校の虐殺の数時間後に起こった。フランスで起こったことがはるかに暴力的で恐ろしかったとしても、それとマルハの猛り狂いの間は一本の線でつながる - どちらも人種差別的ヘイト・クライムだ。マルハに関してその声をあげそびれたものたちは今、エルサレムのトゥールーズを得るだろう。今日は棒、明日は銃。

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナビ・サレ:イスラエル兵士らがゴム皮膜鋼鉄弾で15歳の顔を撃つ

2012年03月24日

ヨナタン・ポラック

2012年3月23日 民衆闘争調整委員会

NS-Injury-600x399.jpg
顔を撃たれて数分後のエッズ・タミミ、15歳。Picture credit: ActiveStills

短距離から撃たれた弾丸が、少年の顔に命中し、右頬を貫き穴をあけた。

イスラエル境界警官らが、今日、西岸の村、ナビ・サレの毎週のデモンストレーションで、20メートルほどの距離から、15歳、エッズ・タミミの顔にゴム-皮膜弾を撃った。少年の頬に命中した弾丸は、大きな穴を抉りとり、通り抜けた。イスラエル軍自身の発砲規則は、未成年者に対するゴム-皮膜弾の使用を禁止する。

メディアコンタクト:ヨナタン・ポラック +972-54-632-7736

事件は、デモンストレーションが開催された場所から数百メートル離れた村の中央で、境界警官が村に侵入したとき、起こった。

何ヵ月かで初めて、抗議者たちは、2年以上前入植者らにより強奪された、村のデモンストレーションの口火を切った、争う水泉の近くに到達し得た。抗議者たち、主として村の女たちは、予期しない方向から泉に向って進むことで、兵士らを狼狽させ得た。泉から数メートル離れたところで兵士らに抑止された抗議者たちは、続けてユダヤ人専用ハラミシュ入植地近隣に繋がる道路を20分ほど閉鎖した。

前夜、イスラエル軍は、過去3週間、殆ど夜毎慣例となったこと、村にもうひとつの夜間襲撃を行なった。

原文:International Solidarity Movement


 右の頬に穴をあけたということは、弾丸は口から出ていったのだろうか。体内に留まらなかったなら不幸中の幸いかもしれない。ゴム皮膜弾は体内に留まって致命傷となることも少なくない。筆者、ヨナタン・ポラックは、ユダヤ系イスラエル人活動家だ。ゴム弾と省略せずに、ゴム-皮膜鋼鉄弾と書いているところが嬉しい、括弧で括る訳注を入れずに済むから。テルアヴィヴでのガザ封鎖に対する抗議で、投獄を経験している。そのときの記事をアーカイヴで:

アーカイヴ:イスラエル活動家、ジョナサン・ポラックが懲役3ヵ月の判決(2010年12月30日)
posted by mizya at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。