2012年03月29日

西岸救急隊員のエルサレム入域許可取り消し

2012年03月27日

エルサレム、2012年3月27日 (WAFA) - イスラエル西岸軍事政府部局、イスラエル民事行政が、エルサレムで業務につく西岸在住の救急隊員に発行される(エルサレム入域)許可すべてを取り消したと、被占領東エルサレムの救急業務組合の長、モハメド・ガラブレは、火曜日に語った。

彼は、許可の取り消しが、都市の東部分での救急業務を麻痺させるだろうと、WAFAに告げた;ドライバーがエルサレムの仕事場に到達できないので、業務に2台残るのみで、救急車20台が業務を停止しなければならないと説明した。

ガラブレは、この措置が、第4ジュネーヴ条約の合意に反すると語った。

原文:WAFA


 ガザでは封鎖による燃料欠乏で、東エルサレムではドライバーの欠乏で、救急業務が難航する。助かるひとが死ぬことになる。ニッポンの救急業務も難航するが、これは医師不足、別の問題だ。居座る占領軍の弾圧の結果ではないのだから。イスラエルの意図は明白で、どこに住んでいようとも、パレスチナ人の生活を追いつめ、致し方なく土地を離れざるを得ない状況に追い込むことだ。ひとたび土地を離れるなら、悪名高いイスラエルの「不在者財産法」で、土地を強奪できる、そのようにして、イスラエルは領土を拡張してきた。イスラエル建国前、ユダヤ人が所有していたのは、歴史的パレスチナ領土の6.5パーセントに過ぎないのだから。


posted by mizya at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザの医師たちが電力危機解決をカイロに促す

2012年03月26日

ガザ、(PIC) -- ガザの病院で働く多数の医師、医療補助員、救急隊員は、大きな人道的悲劇を脅かす電力・燃料危機を終らせるため、ガザ回廊に燃料を送り込むよう、カイロに求めた。

その呼びかけは、ガザとエジプトの間のラファ国境検問所の門で行なわれた座り込みで言葉にされた。

フアド・ナジム博士は、ガザへの封鎖を終了し、とても必要とされる燃料を供給するようエジプト政府当局に求め、医療業務を代表してスピーチした。「ガザは別の惑星にあるのでない」。

彼はまた、赤十字、世界保健機構、人権集団に、燃料の欠乏と繰り返される停電で切迫した死の危機にあるガザの患者救援に急ぐよう求めた。

原文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:ガザ燃料危機により救急車・ベーカリーに打撃(03月27日)


 このようなアピールを何千回繰り返したなら、国際社会は動くのだろう、ガザ解放に向けて。
posted by mizya at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノルウェー小売り店チェーンがアハヴァ占領製品販売終了

2012年03月27日火曜日
BDS運動

ノルウェー小売り店チェーン、VITAは、金曜日、被占領パレスチナの入植地に起源する製品の販売すべてを停止する決定を発表した。

VITAはしたがって、化粧品商標アハヴァの製品販売を停止するだろう。VITAは、ノルウェーでのアハヴァ製品の主要な小売り業者で、この決定は、ノルウェーでのアハヴァ製品販売に深刻な打撃となるだろう。

西岸のイスラエル入植地から製品を購入しない、VITAによる節操ある決定は、国際法違反に寄与したくない姿勢に基づく。これはまた、VITAの株の49%を保有する会社、Norgesgruppenの姿勢でもある。もうひとつのNorgesgruppen会社、BAMAは、既に数年間、イスラエルの青果物に関する同様の政策を実施してきた。

(略)

全文:AIC

アーカイヴ:BDS勝利:法的・倫理的問題でアハヴァ製品が日本で妨げられた(02月29日)
posted by mizya at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ自治政府がイスラエルの行政拘留終結を国連サミットに求める

2012年03月27日火曜日

169174_345x230.jpg
エルサレム旧市街のダマスカス門前での、ハンガーストライキ支援とイスラエル刑務所に捕らえられているパレスチナ囚解放を呼びかける集会で、女性が囚人、ハナ・シャラビーが描かれたプラカードを掲げる
2012年3月24日 (REUTERS/Ammar Awad)


ラマッラ (Ma'an) -- 国連人権評議会が、先週、イスラエル入植地への国際調査開始を票決した後、パレスチナ自治政府 (PA) 囚人省は、イスラエルによる刑事告発なきパレスチナ人拘留終結を強いるよう、国連会議に求める準備をしている。

ジュネーヴで次の月曜日に始まるイスラエル刑務所のパレスチナ囚人に関する国連会議のため、PAが法的キャンペーンに着手していると、囚人業務大臣、イッサ・カラケは、月曜日に語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。