2012年04月30日

ある事実が犯罪であるおそれる社会で

Max Blumenthal
2012年04月27日金曜日

テルアヴィヴ大学は、パレスチナ村、シェイフ・ムワニスの廃墟に建設された。大学の教職員ラウンジは、村のムフタールの旧宅だ。Arlosoroff通りとIbn Gvirol通りの角、世紀タワー超高層ビルが建つのは、かつて存在したソムメイルという名のパレスチナ村だった。

イスラエル集団、Zochrotの活動家たちが、テルアヴィヴの「独立記念日」祭の中心で、これら事実について、道楽者らを教育しようと着手したとき、彼らは、犯罪活動従事で告発された。

活動家が、オフィスビルを出て、Ibn Gvirol通りにナクバで破壊されたパレスチナの村々を記念する小さなビラを置こうと試みるとすぐ、機動隊が、金属ゲートで彼らを取り囲み、中に閉じ込めた。警察は彼らに、イスラエルの誕生を祝う群衆との対話を試みるなら、彼らが逮捕されるだろうと通知した。「我々は、君たちの写真やチラシと共に祝賀に入るのを許さない」と、警官がZochrotのEitan Bronsteinに告げた。(略)

警察の抑圧が、殆ど許し難いにも拘らず、彼れらがアクションを続けることを許されていたなら、Zochrotの活動家たちが激しい暴力に曝されたかもしれないと考えるある理由がある。金属ゲートの後ろに捕われる間、通行人らは活動家たちを取り囲み、述べ立てた。「ここに警察がいて幸運だったな。彼らに感謝しろ」と、禿げた肥満の男が語り、離された。

自分をイスラエル軍Golani旅団落下傘兵団51部隊メンバーと名のるもうひとりのずうたいの大きい人物も、活動家たちに吠えた、「ただひとつのこと、お前らは売国奴一団だ。ここの人らは毎日戦っている... これは信じがたい。お前らは売国奴で、俺たちにチャンスがあったら、お前たちを一人ずつ撃ってやるのに。一人ずつ、俺たちはお前らを撃ってやる...」

デモンストレーションは、警察が、破壊されたパレスチナの村々の名前を声に出して読んだ罪の男ひとりを含む、参加者3人を暴力的に逮捕して終った。

Real News NetworkのLia Tarachanskyは、混乱を撮影した。彼女の衝撃的な映像はここで:
http://therealnews.com/t2/index.php?option=com_content&task=view&id=31&Itemid=74&jumival=8256

(略)

全文:alakhbar
posted by mizya at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ囚たちがなぜハンガーストライキしているのか

2012年04月26日木曜日
ファクトシート

why-palestinian-prisoners-are-on-hunger-strike.jpg

1.1 - パレスチナ囚の問題は、イスラエルによる占領の最悪の結果のひとつである。1967年以来、パレスチナ人700,000人以上、被占領西岸とガザ回廊の人口の20%が拘留されてきた。この数は、被占領領域の全パレスチナ男性人口のほぼ40%に相当する。

1.2 - 今日、およそ6,000人の囚人が、17ヵ所のイスラエル刑務所や拘置所にいる。彼らの中に、女性6人と未成年者200人以上が含まれる。

1.3 - パレスチナ人330人が、裁判法で彼らに対しもたらされる、公式の告発のない行政勾留で捕らえられている。選挙された議会メンバー28人と元大臣3人が、このカテゴリーに入る。

1.4 - イスラエルは現在、これらパレスチナ囚すべてを、彼らの家から遥か離れた、被占領地外に拘留している。これは、戦時における文民保護に関する第四ジュネーヴ条約の明白な違反を構成する。条約の第76条は述べる:

「犯罪行為の責任を問われた被保護者は、被占領国で勾留されるものとし、有罪の判決を受けた場合には、被占領国で刑に服するものとする。」

第49条もまた述べる:

「被保護者を占領地域から占領国の領域に又は占領されていると占領されていないとを問わず他の国の領域に、個人的若しくは集団的に強制移送し、又は追放することは、その理由のいかんを問わず、禁止する。」

1.5 - 第32条が特に禁止するのは「殺害、拷問、肉体に加える罰、身体の切断、及び... 文民機関によって行われると軍事機関によって行われるとを問わず、その他の残虐な措置にも適用される」。1967年以来、パレスチナ囚202人が、イスラエル刑務所で拷問される間に死んだ。

1.6 - イスラエルは、慣例的にパレスチナ人を軍事法廷で裁く。ことさら戦時の囚人と占領下の人びとの扱いに関する法律;国際法の最も基本的基準をどれも満たさない。

1.7 - 上記に照らし、今、国際法廷でイスラエル政府関係者を告発すべき理由がある。

Download Full Fact Sheet

原文:Middle East Monitor

おまけ:戦時における文民の保護に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約(第四条約)(防衛省・自衛隊)
posted by mizya at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | statement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘブロン、イブラヒミ・モスクをめぐる入植者暴力 - 2題

入植者らがイブラヒミ・モスク天辺にイスラエル旗を揚げる
2012年04月26日木曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

イスラエル入植者集団が、西岸南部の都市、ヘブロンのイスラーム第4の聖地、イブラヒミ・モスクの天辺にイスラエルの旗を揚げた。1967年にヘブロンがイスラエル占領下に落ちて以来、初めてのことだ。

Milad通信社は、ヘブロンのワクフ・寄金局の長、ゼイド・アルジャバリーが、挑発的な動きと酷評し、「これは、世界中のムスリム何百万人ものこの遺跡の宗教的・歴史的地位に対する攻撃である」と述べたと報じた。

これは聖地を標的とする「至って危険な挑発行為」と、彼は付け加えた。イスラエル首相と彼の連立パートナーらは、「家長の洞穴」ともまた呼ばれるイブラヒミ・モスクを、ユダヤ遺産遺跡の一部と宣言した;歴史的・考古学的都市のリストに、ユネスコが公式にヘブロン旧市街を含めるためのパレスチナの試みを妨げることを目指した動きで。

(略)

全文:International Middle East Media Center

ヘブロンで入植者らがパレスチナ人にガスをスプレー
2012年04月27日金曜日
PNN

4月27日金曜日、イスラエル入植者らは、西岸南部、ヘブロンのイブラヒミ・モスク近くのパレスチナ人ふたりに毒ガスをスプレーした。

地元民は、モスク敷地にいたとき、ガスをスプレーされたパレスチナ人ふたりは:モハマド・アルムフタセブ、23歳と、ガッサーン・アルジャバリ、16歳と語った。彼らは治療のため、公立病院に搬送された。

(略)

全文:Palestine News Network
posted by mizya at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

ニリンの土地に新入植地

2012年04月24日

20120411095931-300x225.jpg

若い入植者グループが、4月10日、ニリンの私有される土地に新前哨基地の建設を始めた。前哨基地は、聖書からの引用、ヘブライ語で「新しい光」を意味する「Or Hadash」と名付けられるだろう。イスラエル兵士らは現場に来て、建設道具いくつかを押収したが、およそ100人の入植者が前哨基地の基礎を設置するのを止めなかった。私有されるパレスチナの土地での入植地建設は、イスラエル法同様、国際法により違法と考えられてきた。

「我々は、イスラエルの土地が、イスラエル民衆のためにあると宣言する」と、土地略奪イヴェントで話した入植者リーダー、Kedumim入植地の元市長、Daniella Weissは語った。Weissはまた、西岸の入植地拡張に専心的国際組織、受託者基金Nachalaから、入植者エンタプライズが受け取る支援について話した。

若い男たち・女たちの中心は、現場に留まる準備をした。「我々は、2,000年間我々を待っていた我々の伝承財産を取り戻す」と、若い入植者のひとりが、明らかに最後の2000年の間、土地を手入れしてきた民衆にそれほど考慮を払うことなく、彼らの土地窃盗に関するコメントで語った。

土地のパレスチナ人所有者は、何年も、2008年に「安全理由」で建設された併合壁工事のため、その地域に到達できないできた。1967年に開始した西岸占領以来、ニリン村は、元来の58.000ドゥナム(5,800ヘクタール)のうち50.000ドゥナムを失ってきた。この土地の43.000ドゥナムは、村の東、西、北を取り囲む5入植地の違法拡張で失われた。 土地のこの窃盗のため、村民7000人ほどが、その土地が盗まれたので、よりよい生活を求め立ち去った。ニリンの人びとは農民で、その土地へのアクセスなしで、経済的に自活する手段を持たない。

ニリンは、入植者エンタプライズが、引き続き妨害されず許されるなら、いかに効果的にパレスチナ住民を追いやるかの明確な例である。これら最近のイヴェントもまた、併合壁とイスラエル軍が、その土地からパレスチナ人を物理的に隔てることにより、また入植者らが法律に違反するとき保護することにより、この方程式にいかに組み込まれたかを示す。

原文と画像4点:Ni'lin Village
posted by mizya at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「60 Minutes」放送延期にネタニアフ関与;官僚がCBSストーリをイスラエル外交に関わる「戦略的テロ攻撃」になぞらえる

Adam Horowitz
2012年04月24日

イスラエルは、パレスチナ・クリスチャンの苦境に関する、ボブ・サイモンの爆弾ストーリの降灰の中を這い回り続けている。ストーリを葬るイスラエルの目論みに関する真相が現われ始め、それらはまっすぐトップまで行く。

Haaretzから:

イスラエルと西岸のクリスチャン・コミュニティに関する「60 Minutes」調査報告の放送を止めるための、イスラエル大使、Michael Orenによる企ては、ベンヤミン・ネタニアフ首相と彼の政治顧問、Ron Dermerとの一連の協議後、実施された。

放送を妨げる企てで、Orenが直接CBSの社長に話しかけることを、ネタニアフかDermerが指導、あるいは提案した者かどうか定かでないが、ふたりは、殆どその最初から、その問題を完全に知らされていた。

ストーリへの先制応答の一部は、Orenが、パレスチナ・クリスチャンのイスラエルの扱い売り込みを書いた、ウォール・ストリート・ジャーナル論評だった。再びのHaaretz:

Orenが、ネタニアフ、Dermer、他の外務省官僚と実行した協議の結果が、彼が直後、アラブ世界の至る所でクリスチャンが迫害の被害者である一方、イスラエルのクリスチャン・コミュニティは実際増えていると強調した、ウォール・ストリート・ジャーナルに発表した論評だった。

論評と平行して、Orenは、米国のクリスチャン・メディアへのいくつかのインタヴュに応じ、ネタニアフは、3月、エルサレムで開催された福音主義組織「イスラエルのクリスチャン」の前で話した。

そして予測できたごとく、CBSに圧力を加えるキャンペーンは、期待に反する結果を招いたとしか見えなかった:

それにも拘らず、報告の放送を妨害する企ては、そのクリスチャン・コミュニティのイスラエルの扱いの問題を、なおさら強く曝すことになった。外務省筋は、報告に対する先制のキャンペーンがあるレベルで、「60 Minutes」リポータたちの放映への決意をまさに強めたと語りさえした。

「我々は死者を起こした - 問題をもみ消す代わりに我々は、それへの関心をまさしく高めた」と、情報筋は語った。


The Forwardもまた、それが元来、昨年のクリスマスに放映することになっていたことを含む、ストーリを葬るイスラエルのキャンペーンの詳細を付け加える:(The Forwardからの引用略:面白いけれど長い)

全文:Mondoweiss

アーカイヴ:「60 Minutes」がパレスチナ・クリスチャンを描き、Michael Orenのぶざま(04月26日)
     :イースターに向け Michael Orenへの公開書簡(03月31日)
posted by mizya at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

アルワラジャ村が抵抗の一形態として演劇探求

Ben Rivers
The Electronic Intifada al-Walaja
2012年04月25日

120425-al-walaja-theater.jpg
俳優チームがアルワラジャ住民により語られたストーリを即興劇に変容した。(Sarah Tuck / The Electronic Intifada)

西岸のいくつかの村同様、アルワラジャ住民も、イスラエルの壁に対して毎週のデモンストレーションを行う。

しかしながら4月13日、村は、何か違ったもののため集まった。ジェニン拠点の「自由劇団」とその「自由バス」乗組員が、軍の暴力、家屋破壊、土地没収、そしておそらく最も重要なこと、公正のため彼らの闘争に断固たる態度を示すその決意のストーリを語る村人たちの自伝的話を聞き、上演するため招待された。

アルワラジャの人びとに連帯し、彼らのストーリを聞くため、群衆200人以上が集まった。

高いコンクリート板の陰に捕われて

アルワラジャは、差し迫る幽閉と消滅の可能性に直面する村である。毎日、ヴォルヴォとキャタピラのトラックが、イスラエルの壁の別の部分の進む筋を準備して山腹を掘り起こす。仕上がったなら、この壁はアルワラジャを囲い込み、高いコンクリート板の不変のラインの陰にその住民たちを閉じ込めるだろう。

国際法に違反して、アルワラジャの人びとは、既にその土地を奪われ、その家を破壊されてきた。壁の本当の目的は、そのルートが明かす。その軌跡は、グリーンライン(停戦ライン)をはるかに越えて土地と水資源を併合しながら、西岸を深くうねる。

4月13日の抗議は、イスラエル国立公園と一方的に宣言された山頂で開催された。土地のこの部分は、アルワラジャの人びと、何世代もが収穫してきたオリーヴ樹を含む。

(略:長いので)

再生

「自由劇団」とその「自由バス」乗組員は、俳優チームが、これらストーリを即座に即興作品に変容し、聴衆メンバーが自伝的話を共有し・観る相互作用アプローチの「再生劇」を取り扱うため招待された。「自由バス」乗組員に同伴したのは、ダル・カンディール(トゥルカレムの音楽家集団)とラッパー、Talha Alali Wise Wolfだった。

欧州連合元副大統領、Luisa Morgantiniは、イタリア代表団と共に出席した。地域コミュニティー・メンバー、アーティスト、学者、教師、活動家、ジャーナリスト、旅行者、子どもたち、若者や家族たちもまた参列した。気分は喜びと祝賀のそれだった。

(略)

弾圧と抵抗の鮮明な例証

群衆支配道具の彼ら通常の陣立てで重武装したイスラエル兵士・警察大隊が、イヴェントを監視するため配置され、すぐ近くから視ていたのだから、本当に説得力あることば。彼らの存在は、家ばかりでなく非武装民衆抵抗の破壊にもまた余念がない画一的団体の鮮明な例証だった。

イヴェントに入って30分、明らかに、音楽家、俳優、その聴衆におびやかされ、軍は、さらにゲストが到着するのを妨げるため、村の入口を封鎖した。しかし、イヴェントは続いた。アルワラジャの人びとは、その声を上げ、彼らのストーリを話した。

(略)

全文:The Electronic Intifada


 欧州連合元副大統領の出席がなかったならば、この集いも「違法」集会として弾圧されたことだろう。パレスチナの芸術・文化が、占領勢力、イスラエルにより弾圧されているときに、イスラエルに対する世界市民による芸術・文化ボイコットに対し、「芸術・文化はボイコットされるべきでない」と発言することは虚しい。

アーカイヴ:公開書簡:テルアヴィヴのカメリ劇場での上演に反対を表明して(01月29日)
posted by mizya at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラマッラでハンガーストライキの囚人支持をデモンストレーション

EDITOR
2012年04月25日
フォトストーリ
Photos by Rafael Guendelman Hales

4月23日月曜日、ハンガーストライキのパレスチナ囚人何百人もを支持するデモンストレーションが、ラマッラ市、マナラ広場で開催された。大規模ハンガーストライキは、4月17日、囚人の日に始まり、日々、ますます多くの囚人たちがストライキに加わる。囚人たちの主要な要求は、行政拘留、独房監禁を停止することと、定期的家族の訪問の権利である。

抗議者たちは、イスラエルの鉄格子の向こうの兄弟姉妹への連帯を繰り返し、何人かは、大規模ハンガーストライキ運動とは別に、殆ど2ヵ月間、食物を拒絶してきた囚人のポスターを掲げた。パレスチナ旗が、いつもの党派の旗に代わって振られ、パレスチナ指導層とアラブ支配者一般に向けられたとき、スローガンはさらに怒りを増した。

(略)

全文と画像7点:The Palestine Monitor
posted by mizya at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。