2012年04月11日

デイル・ヤシン大虐殺追悼

2012年04月09日

1948年4月9日、シオニスト民兵組織、イルグン(メナヘム・ベギン率いる)とシュテルン・ギャング(イツハク・シャミル率いる)メンバーらは、アラブ村、デイル・ヤシンに入り、男、女、子どもたち100人以上を虐殺した。デイル・ヤシンは、およそ600-750人の人口を持ち、平和な村であるとの名声を持っていた。レイプと(手足)切断の報告もまたあった。

イスラエル人歴史家、イラン・パペによる「パレスチナの民族浄化」からの抜粋:

ユダヤ人部隊、イルグンとシュテルン・ギャングは、63年前の今日、デイル・ヤシン村を襲撃し、彼らは機関銃砲火を家々に浴びせ、多くを殺戮した。彼らは、女の何人かをレイプして殺し、彼らは残った村人を一ヵ所に集め、彼らすべてを冷酷に撃った。

ファヒム・ザイダンは、その時12歳だった;

「彼らは、ひとり、またひとりと、わたしたちを連れ出し;老いた男を撃ち、彼の娘たちのひとりが悲鳴をあげると、彼女もまた撃たれた。その後、彼らはわたしの兄弟、ムハマドを呼び、わたしたちの前で彼を撃ち、そして母が、わたしの小さな妹、フドゥラを腕に抱いて彼に屈み叫んだとき、まだ乳飲み子の彼女 - 彼らは彼女もまた撃った」。

軍が、壁に子どもたちを並べて、「ただその楽しみのため」彼らに弾丸を浴びせかけたとき、ザイダンもまた撃たれた(彼は生き延びた)。

調査は、人びと、93-170人の間が虐殺されたと示唆し、このリストは、戦いで死んだ人びとを含まない。

原文と記録写真1点:Palestine Solidarity Project


posted by mizya at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BDSアクション:デリック・メイ - テルアヴィヴでの演奏は素敵じゃない!

2012年04月08日日曜日
ALTERNATIVE INFORMATION CENTER (AIC)

電子音楽の伝説的人物、デリック・メイ(デトロイト)は、2012年4月12日にテルアヴィヴでの演奏が予定されている。彼に、パレスチナ人何百万人もが、イスラエルのアパルトヘイトの下に住み、都市に来ることも、彼の音楽を享受することも許されないとき、テルアヴィヴは演奏するのに素敵な場所じゃ「ない」と伝えてください。

derrick_may.jpg

デリック・メイ(デトロイト)イン・テルアヴィヴ、4月12日:
http://www.facebook.com/events/107205939412754/

あなたがパレスチナ人かイスラエル市民なら、これに言及してください。
コンタクト:
http://www.facebook.com/derrickmayday
http://twitter.com/#!/derrickmayday

原文:AIC
posted by mizya at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

囚人が行政拘留に抗議して輸血拒絶

ラマッラ、2012年04月08日 (WAFA) - サラセミア(地中海貧血)を被るパレスチナ囚人が、彼の行政拘留が連続して3回延長されたことへの抗議で、必要な輸血を受けるのを控えるだろうと発表したと、日曜日、サラセミア患者友好協会 (TPFS) による声明は述べた。

モハマド・スレイマン、27歳は、2012年4月(原文ママ、2011年と思われる:訳注)に逮捕され、6ヵ月の行政拘留命令2回を務めた。重大な病状にも拘らず、数日前、彼は、3回目の命令をくだされた。

TPFS調整者、バラール-ムヘイスリは、血中の適切な鉄レベル維持のため、20日から30日毎に、スレイマンが輸血を必要とすると、WAFAに語った。

イスラエル刑務所業務が提供しない、輸血と医学的治療の欠乏は、スレイマンの身体に、心筋を弱めるだろう、鉄の高い数値構築に結びつくだろう。

彼の健康状態は、期間内に輸血を受けなければ、10日以内に悪化するだろうと、アル-ムヘイスリは付け加えた。

TPFSは、政府機関と人権集団に、スレイマンへのその責任を維持し、彼の違法な逮捕を終らせるため緊急行動をとるよう求めた。

原文:WAFA
posted by mizya at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。