2012年04月16日

イスラエル軍が西岸の市民防衛事務所を襲撃

2012年04月14日土曜日

カルキリヤ (Ma'an) -- イスラエル軍が、金曜日夜、西岸北部の町の市民防衛隊本部を襲撃したと、隊員たちはMa'anに語った。

イスラエル兵士らは、カルキリヤの東、アズンの隊員ふたりに、町の主要道近くのイスラエル車輌への投石に関して質問したと、彼らは語った。

イスラエル軍報道官は、焼夷弾が町近くのジャンクションに投げられて、部隊がアズンの容疑者ふたりを調査したと語った。

市民防衛隊カルキリヤ地方司令部は、公的緊急業務を保護する国際協定に反するとして、襲撃を非難した。

原文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入植者らがヤッタ近くのオリーヴ樹根こそぎ

2012年04月14日

ガザ、(Alresalah.ps)-- シオニスト入植者らは、金曜日、被占領西岸南部、アルハリール(ヘブロン)市、ヤッタの町近くのオリーヴ樹、100本ほどを根こそぎにし、土地の所有者たちを追い出した。

ヤッタの民衆委員会調整者、ラティブ・アル-ジブールは、マーオン入植地の入植者集団が、アッタワナ村の東、ヘロベ地区のジェブリル・ムーサ・レビ所有の100本を下らないオリーヴ樹を根こそぎにしたと語り、Quds通信社によれば、10ドナム(10,000平米、3,000坪)の土地を均した。

彼は、入植者集団が、その地区の羊飼いたちと、入植者らの粗暴を撮るためやって来た国際活動家たちを追いかけ、そして、彼らがアッタワナ村に到達したとき、彼らは、占領警察と軍の保護の下、住民の家々に石を投げ始めたと付け加えた。

ジブールは、そのような粗暴で野蛮な入植者らの慣習は、それを支配する努力で、地区の住民を立ち退かせる企てと語り、占領政権により支えられる入植者の傲慢を証明するそのような慣習に終止符を打つため、直ちに介入するよう、国内・国際人権組織に促した。

原文:Alresalah
posted by mizya at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルが「flytilla」活動家追放で特殊部隊動員

Allison Deger
2012年04月12日

ben-gurion-airport.jpg
(Cartoon: Carlos Latuff)

この日曜日、Airflotilla(飛行小艦隊)2、あるいは「flytilla」で、イスラエルのパレスチナ民衆への虐待に注意を促すため、国際活動家およそ1,500人がベングリオン空港に飛ぶと、主催者たちは期待する。この種の取り組み第3段の行動として、Haaretzは、イスラエル当局が、活動家たちを直ちに追放するため「何百人もの警察と特殊部隊」の展開を計画していると報じる。Airfoltilla2の主催者たちは、デモンストレーションと次の西岸での活動の1週間プログラム「パレスチナにようこそ」を、彼らが継続するだろうと断言する。「彼らは、パレスチナに入る権利がある。イスラエルは、パレスチナに入る誰であれ、禁止することまではできない」と、パレスチナ人フライ・イン調整者、アブデルファタ・アブスルールは語った。彼らの西岸への訪問中、活動家たちは、ベツレヘム、エルサレム、ヘブロン、ラマッラで、パレスチナの主催者たちと会うだろう。

AirFlofilla2は、高価な直接行動だ。世界各地からの活動家たちは、テルアヴィヴ行き飛行機に搭乗し、そして到着のとき、西岸に入る彼らの計画を空港警備に通知するつもりだ。一般に、被占領パレスチナ領域に入る意図の発表は、公式イスラエル政策でないにも拘らず、追放の根拠となる。昨年のflytilla後、オーストラリアとニュージーランドの活動家ふたりが入国を拒絶されたとき、彼らは、命令を訴えた。しかしながら、イスラエル裁判所は、その事例を受理せず、24時間のヴィザが活動家ふたりに発行された。その事例、そして今年のflytillaは、法的疑問を持ち出す。イスラエルは、西岸を訪ねる旅行を追放することができるのか?

被占領パレスチナ領域を訪れたことのある誰あれ、入る唯一の道が、イスラエルが支配する境界を通過すると理解する。旅行者はまた、西岸やガザに入る計画を、明白な場合さえ、当局に漏らすことはリスキーと知っており、しばしば入域否定に繋がるだろう。昨夏、テルアヴィヴに飛んだインタナショナルズ(国際活動家)130人ほどが投獄され、そしてイスラエル当局はさらに、活動家36人を即座に追放した。加えてフライ・インのつもりだった200人は、彼ら自身の国々で、イスラエルへのフライトに搭乗することを阻まれた。Airflotilla2の活動家たちは、このパレスチナ領域に据えられる事実上の出入域禁止に挑戦している。

(略:ユダヤ系フランス人シオニストらによる不穏な脅し)

全文:Mondoweiss

アーカイヴ:イスラエルが親-パレスチナ「フライティラ」活動家たちの国外追放開始(2011年07月14日)
posted by mizya at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンガーストライキ42日目:行政拘留で死ぬことからハサン・サファディを救援する行動を

2012年04月13日
Silvia and Andreas

2012年4月13日|国際連帯運動、西岸

ハサン・サファディを解放せよ
行政拘留囚すべてを解放せよ


ハサン・サファディは今日、ハンガーストライキ42日目に入った。10ヵ月前、彼は、ナブルスの旧市街の自宅から粗暴に逮捕され、それ以来、行政拘留で囚われてきた。ハサンの兄、フアド・サファディは、彼ら家族が、いかなるコミュニケーションも、あるいはハサンを訪ねることも拒絶されてきたので、得られる情報はどれも、弁護士を通して獲得されたものと説明する。ハサンがハンガーストライキを始めて以来、彼は、刑務所護衛官からの激しい暴力と殴打に曝されてきた。彼の抵抗を沈黙させる更なる企てで、ハサンは、彼のハンガーストライキ1日あたり800シェケル(215米ドル)の罰金を脅されてきた。これは、彼と家族にとって途方に暮れる経済的重大さをもたらすだろう。

ハサンの状態は、彼がラムレ刑務所病院に移送された10日前よりさらに深刻になった。彼の健康は、彼が5日前に水の摂取を停止してから、さらに悪化してきていると言われている。この非常手段は、独房監禁に置かれたことへの彼の応答だった。ラムレ(刑務所)病院に移送された後、ハサンの弁護士は、彼が胃と頭に激しい痛みを持ち、腎臓が回復不能の損傷に見舞われる危機にあると、彼の病状について報告した。

今まで、彼の家族は、彼の解放の情報を持っていない。ハサンは、過去10年間で合計105ヵ月行政拘留に置かれてきた。彼の家族は、状況を驚くことなく甘受する;「彼らは、恐らくある時点で彼を解放し、そしてまた、2ヵ月か3ヵ月後、彼を逮捕するだろう。彼らはわたしたちで遊んでいる」と、フアド・サファディは語る。

サファディ家は、占領の手で、取り消しできない苦難を被ってきた。1996年、ハサンの兄弟、ファリクが、イスラエル軍により殺された。ハサンの両親は、彼らの子どもたち各々が、イスラエル軍事刑務所に投獄されるか拘留されるのを見なければならなかった。ハナ・シャラビーのと同様の取り引きで、サファディ家の苦悶の別離を増して、ハサンの姉妹と夫は、彼らの自由と引き換えにガザに追放されてきた。

(略)

全文:International Solidarity Movement

行動の要請記事(原文):「国際行動の呼びかけ:パレスチナ囚人の日(4月17日)に支持を表明してください」International Solidarity Movement
posted by mizya at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。