2012年04月25日

少年、15歳が8回目の出廷

2012年04月22日

バシル・アブマリアは、10台の軍用ジープに合計で兵士60人が、午前2時、ベイトオマルの家々を襲撃した、2012年3月6日に逮捕された。彼は、寒い夜、他の衣服を羽織る時間も与えられないまま、兵士らによって連れて行かれた。

これはもちろん、家族全員にとり、驚くべき出来事だった。今や、夜に怯え、トイレにひとりで行きたがらない、ことさらバシルの幼い妹にとって。

彼女と他の兄弟姉妹は毎日、彼らの大きな兄について話す。

その同じ夜、他の少年ふたりが逮捕され、次の夜、他の3人が逮捕された。これら少年の誰も、判決を受けていないが、まだ投獄されている。

バシルは、石を投げ、デモンストレーションに参加したと非難される。しかし、逮捕されて以来、既に7回、オフェル裁判所を経験し、イスラエルが彼に関して何も持っていないことは明らかだ。これは、家族たちを傷つけ、これにより占領に対する民衆闘争を押し潰すことを望むイスラエルにより使用される一般的慣例だ。

バシルは、パレスチナ人殆ど同様、最初の尋問で弁護士(立ち会い)を許されなかった。実際、彼は法廷でのみ、弁護士に会う。

2012年5月9日、彼は、8回目、オフェル裁判所に戻るだろう! 検察官が新しい証拠を持っているとは誰も考えていない。同時に誰も、証拠のこの欠落が、(民主国家での事例のように)バシルの解放に結びつくだろうと考えない。

逮捕されたパレスチナ人の99%以上が、これら軍事法廷で結局有罪と判決される。

原文:Palestine Solidarity Project

アーカイヴ:アナン・タミミ(04月08日)


posted by mizya at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入植者らがナブルス近くの学校攻撃、生徒8人負傷

ナブルス、2012年04月23日 (WAFA) - 地元活動家によれば、ナブルスの南、Yitzhar入植地のイスラエル入植者らは、月曜日、近くのウリフ村を襲撃し、地元校を攻撃、生徒8人を負傷させた。

西岸北部の入植地活動を監視するガッサーン・ダグラスは、入植者グループが催涙ガスキャニスタで学校を攻撃し、生徒8人に呼吸困難をもたらしたと語った。彼らは、現場で治療を受けた。

原文:WAFA


 ひとつの記事に、気が向いてコメントを添えると、すぐに、添えたコメントを証明する記事に出くわす。そんなことを望んでいるわけではないのに。狂えるイスラエルは、ギャング集団、入植者らに「保護」と称して兵器を分配した、なにしろ米国から要求するだけ「ただで」手に入るのだから。まあ、米国もこの事件の共犯だ。
posted by mizya at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルは入植者保護のため学校閉鎖を脅す

ヘブロン、2012年04月23日 (WAFA) - イスラエルが、「イスラエル入植者らの安全保護」の口実の下、ヘブロン南部丘陵のパレスチナ校閉鎖を脅したと、月曜日、学校長は語った。

ズィフ小学校の校長、ワジェ・アルアドラは、南部地区のイスラエル指揮官が、南部丘陵に建設された違法イスラエル人入植地いくつかの安全を保証するため、学校を「永久」に閉鎖すると脅したとWAFAに語った。

原文:WAFA


 パレスチナの子どもたちの「安全を保証するため」入植地を「永久」に閉鎖する、なら、理解も可能だけれど。現実、子どもたちを襲うのは入植者らで、子どもたちが入植者らを襲っているわけではないのだから。イスラエルの異常は留まるところを知らない。
ラベル:ヘブロン
posted by mizya at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土地強奪とオリーヴ樹襲撃 - 3題

イスラエル兵士らがエルサレム近くの土地を破壊

ラマッラ、2012年04月22日 (WAFA) - ブルドーザに伴われたイスラエル兵士らが、日曜日、エルサレムの北西、カランディアの村の農地を破壊したと、目撃者たちは語った。

彼らは、イスラエル当局が、地域をラマッラとエルサレムから分離し、イスラエル人入植地計画に供給するタルムード庭園を建設するため、分離壁を建設・拡張する400ドゥナム以上を強奪する意向を宣言したと語った。

地元筋は、イスラエル当局が、エルサレムから村を完全に孤立させる目論見で、村人たちの土地、僅か1000ドゥナムを残し、4000ドゥナム以上を強奪したと指摘した。

原文:WAFA


 僅かに残された1000ドゥナムが、今後も残されるとはとても思えない。

入植者らが土地強奪、彼らで分配

ベツレヘム、2012年04月23日 (WAFA) - 職員によれば、ユダヤ人入植者何十人もが、月曜日、ベツレヘム地区、タコア町のパレスチナの土地を襲撃し、土地測量を行ない、彼らで土地を分配すると決めた。

タコア地元議会議長、タイシール・アブモフレは、Romaan入植地の入植者らが、60ドゥナム(60反、6ヘクタール)の土地区画をフェンスで囲い、土地測量を行ない始め、次に彼らで分配したとWAFAに語った。

土地は多くのパレスチナ人家族が所有しており、オリーヴが植えられている。

原文:WAFA


 数世紀前のアメリカ、西部開拓時代を彷彿させる。当時だって不当なものだったけれど、国際法が整った現代に、西部劇ごっこを許しておいていいのか。

入植者らがトゥルカレムの土地襲撃、樹木伐採

トゥルカレム、2012年04月23日 (WAFA) - 目撃者たちによれば、Avni Heifetz入植地の入植者らは、月曜日、トゥルカレム北部地区の土地の一部を襲撃し、パレスチナ住民所有のオリーヴ樹多数を切り倒した。

彼らは、入植者らがイスラエル兵士らに護衛され、オリーヴ樹を切り倒すのにチェーンソーを使用し、樹木に深刻な損害をもたらしたと語った。

原文:WAFA
posted by mizya at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル当局がオリーヴ樹500本を根こそぎ、サルフィトの土地を均す

2012年04月20日土曜日

サルフィト (Ma'an) -- イスラエル当局が、金曜日午後、サルフィト近くのオリーヴ樹500本ばかりをブルドーザで押し倒したと、地元住民はMa'anに語った。

イスラエル当局は、アルダヘル地区を国有地と主張したが、サルフィト住民、アフマド・ティーブ・アルカムとサミール・アルマスリは、彼らが土地を所有すると語る。

サルフィトの農業開発協同組合の技術者で所長でもあるサミール・アルマスリは、兵士らに伴われた職員らが、彼の土地のオリーヴ樹300本以上を引き抜き、10ドゥナム(1万平米)を破壊したと語った。

アフマド・ティーブ・アルカム、87歳は、ブルドーザが、10ドゥナムの土地を均し、彼の家族により組み上げられた岩の土留め同様、オリーヴの若木200本を引き抜いたと語った。

アルカムは、彼が両親から土地を相続し、それを証明する文書を持っていると語り、彼が土地から動かないと強調した。

原文:Ma'an News agency


 毎日届くニュースのひとつを、ときには...。まず国有地に、そして入植地に、イスラエルの土地強奪の手法。これが毎日、西岸のあちこちで起こっているのだから、パレスチナ人が住む土地はいずれなくなってしまう。国際社会はうつむいてかたくなに沈黙する。
posted by mizya at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。