2012年05月31日

イスラエルがパレスチナの子どもたちの刑務所での食事数を減らす

2012年05月28日月曜日

イスラエルの刑務所の子ども拘留者たちは、毎日彼らが受け取る食事の数を2回に減らした、彼らに対する「飢餓政策」実施で、刑務所行政を非難した。

Telmond「El-Sharon」刑務所の未成年者たちとの会談の後、パレスチナ囚人協会弁護士、アンワル・アブラフィは、「イスラエル刑務所のパレスチナ未成年者たちの状況は、彼らを故意に制約し、彼らから基本的権利を奪う管理により採用される政策と手順のため非常に悪い」と語った。法規が、囚人は1日に3食を受け取るものとすると述べるにも拘らず、アブラフィは、イスラエルが獄中に捕らえている子どもたちに、2食しか与えていないと確認した。

弁護士によれば、子どもたちは水を熱するいかなる設備もないことに不平を漏らした。彼らはまた、イスラエル当局による囚人たちへの攻撃が続いていると言及した。ひとりの拘留者、ダウド・アブスベイタンは、先週、エルサレム中央裁判所に移送される間、治安部隊により酷く殴られた。

原文:Middle East Monitor


 無辜の子どもたちを脅したり拷問したりして「石を投げた」との「自白調書」を取って拘束していることを、わたしたちは知っている。罪があろうとなかろうと、「前科者」の烙印は、子どもたちが成長してからも「制約」に役立つ。食事も与えたくないならば、どうせ無実なのだから、拘束しなければいいようなもの、と、誰しもが思うだろう。国際社会が、イスラエルの暴力から眼を背けている間に、彼らは暴力に麻痺し、自らが暴力を犯していることさえ気づかなくなってしまっている。だから暴力はエスカレートする。わたしたちはいつまで眼を背けているのだろう...
posted by mizya at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナの青年がスコットランドのサッカー過激集団の連帯に感謝の声明

weareallhanashalabi
2012年05月25日

5月13日、大規模パレスチナ・ハンガーストライキを終了する「取引」が、うわさ製作所から現れる頃、パレスチナからはるか遠い、スコットランド最大の都市、グラスゴーで、ケルト・サッカークラブのサポーターに、パレスチナ人ハンガーストライカーに連帯するディスプレイがなされた。これは、ケルトがリーグ・トロフィーを与えられ、スコットランド・サッカー・チャンピオンとなったシーズンの最終戦で、ディスプレイ、色、音、そしてパーティの雰囲気すべてのまっただ中、突然、パレスチナ旗と「尊厳は食物より貴重」と書かれた横断幕が、競技場の特別区画に現れた。

これは、111区画、サッカーファンを静かで従順な消費者にのみ変える現代統合試合の拒絶で、2006年に形づくられた過激集団、グリーン旅団の陣だった。集団の政治的足場は、左-翼、反-人種差別、反-ファシスト、反-派閥である。ケルト・サッカークラブは、アイルランド移民により、1888年に形づくられ、以来、宗教的差別の一世紀の最良部分に向き合う西スコットランドの大アイルランド・ディアスポラのアイルランド遺産を象徴するようになっていった。グリーン旅団は、アイルランドにおけるイギリス人存在へのアイルランド共和党抵抗支持を声にするケルト・ファンの伝統を継続して非難を受け、同様に、英国軍のイラクとアフガニスタンの戦争や占領とクラブとのいかなる関係にも反対した。

(略)

わたしたちは、注意を喚起するために、そしてすることが正しいことなので、連帯でこれをした。

わたしたちは、パレスチナ人に、わたしたちが彼らのことを考えており、スコットランドの市民社会にパレスチナでの不正に注目するよう励ますと知って欲しい。西側メディアが闘争を無視するので、したがって、わたしたちが、少なくとも問題にあたり強調しなければならないと思った。パレスチナ囚人により着手された行為、あるいはイスラエル国家の抑圧を聞くときの気持ちを説明するのは困難だ。わたしたちが語ることができるすべては、正義のための死まで、ハンガーストライキする意志以上に、大きな犠牲はない。

パレスチナ民衆に連帯して

反逆者最後のひとりまで

匿名グリーン旅団

(略)

パレスチナ青年の応答の声明は、大変勢いがあり、被占領西岸とガザ、48年(に占領されたパレスチナ、つまり、現イスラエル)から、そして追放された難民キャンプ、民衆委員会やパレスチナNGOからのパレスチナ人青年活動家、殆ど100人が、声明に署名した。

親愛なるグリーン旅団同志、

ぼくたちの自由の囚人たちが、シオニスト政権の地下牢で「空腹」闘争を闘っているとき、刑務所の外のぼくたちは、闘いでのぼくたちの部分を担い、通りで抗議していました。ぼくたちの何十年もの闘いは、上がったり下がったりでした。時々ぼくたちは、世界が無関心なのを目撃してフラストレーションを感じます。別の時々、ぼくたちは希望を感じました。

ぼくたちは、グリーン旅団が、ぼくたちの正当な主張と囚人たちのハンガーストライキを支持したのを見ました。そしてこれは、希望の時々のひとつでした。
(略:言い回しが翻訳し難いのでギブアップ、原文で)

パレスチナ青年誰もが、アイルランドの闘争を尊敬しています。アイルランド人以上に、ぼくたちの土地を隔てるアパルトヘイト壁を理解しているひとはいません。アイルランド人以上に、ぼくたちの土地を接収する入植者を理解するひとはいません。アイルランド人以上に、占領と闘うこと、自身を犠牲にすることの意味を理解するひとはいません。アイルランド人以上に、刑務所の中で空腹で闘うことが意味することを理解するひとはいません。ボビー・サンズとその仲間たちの闘いが、ぼくたちを鼓舞したことは言うまでもありません。

(略)

ぼくたちの闘いはまだ終わりません。ぼくたちは、自由、平等、そして難民の帰還権が満たされるまで、闘いを持続するでしょう。
グリーン旅団の同志たち、ぼくはもう一度、深い謝意と感謝を表明したいと思います。みなさんの支持は、ぼくたちを強くします。

ありがとう!


(略:署名)

全文と画像2点(必見):weareallhanashalabi


 画像がこの記事の主体なのに、埋め込めなかったので、是非原文にアクセスして見て欲しい。涙が溢れた。ケルト・サッカークラブ競技場のグリーン旅団の特別区画のような、意思表明の区画が、ニッポンのサッカー競技場にもあったなら、脱原発の横断幕を掲げに、サッカー競技場に行ってもいいかな、と、思うけれど、グリーン旅団は闘って勝ち取ったもの、闘わずして「あったらいいな」などとは思うまい。いえ、そもそもサッカーを観戦にいったことなど一度もないのだから。
 ボビー・サンズは、ハンガーストライキの66日目に獄死した。サッチャー政権下だった。大分前、サッチャーの映画が作られたと、新聞だったかTVだったかが報じていたけれど、誰が見に行くのだろう、抵抗運動の芽を摘むため、活動家たちが獄中で死んでいくのを冷酷に眺めていた戦争犯罪者の映画を...
posted by mizya at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

米国弁護士がパレスチナ囚人の状況についてクリントンに懸念表明

2012年05月25日金曜日

アメリカで最大の弁護士代表団のひとつが、米国国務長官、ヒラリー・クリントンに、パレスチナ囚人に対する違法な行政拘留慣習を停止するよう、彼女のイスラエル・カウンターパート(同等者、つまり外務大臣)に、圧力をかけることを要求する公開書簡を書いた。全国弁護士会 (NLG) は、最近のパレスチナ人のハンガーストライキに関して、「(パレスチナ囚人)がイスラエル刑務所で曝される恐ろしい生活状況と虐待の... 行政拘留の広範囲で違法な実践」として根拠を強調し、重大な懸念を表明した。

NLGは、さらに、軍事法廷システムでの長期隔離と秘密証拠の使用を強調し、囚人の基本的人権が尊重されないなら、ハンガーストライキは継続するだろうと警告する。書簡は、一年につき総額31億ドルに及ぶイスラエルへの米国軍事援助すべての即時停止の要請で終わる。書簡全文はここをクリック

原文:Middle East Monitor


 ニッポン外務省のように、米国の利益優先でひたすら「ご奉仕」している外務省バカ官僚への給料が、何故、米国からでなくわたしの支払う税金から支払われているのか、と、考えるごとく、米国にも、イスラエルのような評判芳しくない国に、「わたしの支払う税金」を使って欲しくないと考えるひとがいる。実は結構多いのに、米国の政治家は鈍感だ、この国の政治家同様。
posted by mizya at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

活動家が西岸でパレスチナ人を攻撃する入植者を撮影

2012年5月23日水曜日|Mairav Zonszein

3日間でそのような事件の2番目で、入植者らが暴力をふるい、西岸の地元パレスチナ住民の資産を破損するとき、IDF(イスラエル国防軍)兵士らは怠慢だ。

Screen-Shot-2012-05-23-at-11.31.36-AM.png
入植者が兵士に立ち向かう (Photo: Irene Nasser)

兵士らは、月曜日、非常に険悪な入植者が、南ヘブロン丘陵でパレスチナ人に暴力的に立ちはだかるとき、介入しなかった。イスラエルのTa'ayush活動家たちは、現在、わたしが会って不愉快な思いをしたファナティックな入植者何人かの家、Mitzpeh Yairと名付けられた違法前哨基地に隣接するビレレイドの土地で作物を収穫するパレスチナ人に伴った。

はじめ兵士らが到着しそして、西岸のこれら部分(パレスチナ農業コミュニティで満たされ、入植地に囲まれる、完全なイスラエル支配下にあるエリアC 地方)で彼らが通常するように、その地域を、事実上、パレスチナ人に彼らの土地で作業することを禁じる「軍事封鎖地帯」と宣言した。この命令を、(占領軍)民事行政職員が認可するのを待つ間、入植者何人かが現場に到着した。

Ta'ayush活動家、Ezra Nawiにより撮影されたこのヴィデオに、入植者が、パレスチナ農夫から盗んだ小鎌をまわり中で振り回し、「俺を撮ったらお前を殺す」と金切り声を上げるのが見られる。彼はそして、パレスチナ人からB'Tselemのカメラを奪い、ぼんやり立っている風情のみで、何もしない兵士らの真ん前でそれを小片に砕く。

この2番目の事件のヴィデオで、同じ入植者が、落ち着きの類いをつくり出そうと陰険に試みるIDF兵士らに叫ぶのが見られる。主要部は、入植者が兵士らにどなるのが見られる1:24 - 2:00分の間:「俺がここでの権威だ。俺がここでの権威だ」ひとりの兵士が彼を逮捕すると脅すと、件の入植者は答える:「俺が法だ!」

コメントで注意を受けた後、さらに数回ヴィデオを見て、入植者は兵士に、「お前は権限を持っていない」と叫んでおり、そしてその後、空を指し「彼が権威だ」と言う(全能の神を引き合いに出して、と、わたしは思う)。実際に彼に「俺が法だ!」と叫び返したのは兵士だ。

件の入植者は、法を犯した事実にも拘らず、現実に、止められもしなければ、逮捕もされなかった。B'Tselemは、襲撃、資産の窃盗および損壊に言及し、ヘブロンの警察に告訴を提出し、居合わせた兵士らが入植者を特定するよう求めた。彼の顔がテープにはっきり捉えられているので、兵士らは言い訳できない。

Yossiが彼の掲載で言及したように、問題であるのは入植者らでなく、むしろ、彼らからパレスチナ人保護を拒むIDFだ。

原文:+972

関連記事:「入植者による暴力」B'Tselem

Ta'ayushヴィデオ:入植者が、南ヘブロン丘陵で、B'Tselem現場調査官を攻撃し、彼のカメラを壊した。居合わせた兵士らは介入しなかった。

2012年05月22日

B'Tselemは、今週始め、南ヘブロン丘陵で、現場調査官のひとりからカメラをもぎ取って砕いた入植者に対する告発を、ジュデア・サマリア(西岸のイスラエルによる呼び名)地方警察に提出した。その事件は、Ta'ayush活動家によりヴィデオに撮られた。

btselem

btselem

(略)


 上の記事の画像で、100MBの要領オーバーとなり、アクセスが既に殆どない、古い記事と画像のいくつかを削除し、この記事を押し込んだ。削除し過ぎたのか97MBになった。
posted by mizya at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

解放の1時間前、囚人が行政拘留に移送

2012年05月24日木曜日
William Temple - IMEMC & Agencies

今日のPNN報道で、アルアフラル囚人調査・人権センターは、5月23日水曜日、囚人、サメ・エライウェ、50歳が、彼の予定された解放の日取りの1時間前に、ナブルス市から行政拘留に移送されたと述べた。

行政拘留は、公正で適正な裁判の法令に反して、行政命令により権限を与える告発も裁判もない拘留である。

アルアフラルの長、フォアド・アルハフシは、火曜日、イスラエル軍が、エライウェの事例を、彼の弁護士、ファレス・アブアルハッサンに伴われ、裁判所に提起したと確認した。裁判所は、翌日のエライウェ解放を命じた。

しかしながら、イスラエル諜報機関が、エライウェの弁護士が裁判所を離れた後、裁決を覆すよう訴えて、裁判所は、行政拘置所に囚人を4ヵ月の移送とした。

アルハフシは、イスラエル諜報機関が囚人の精神を故意に破壊しようと企てると申し立て、実際、ハンガーストライキの前以上に使用しているように見えるとき、行政拘留政策停止に、軍が本当に合意したのかどうか疑問を呈した。

イスラエル刑務所行政と囚人最高委員会が、5月14日、合意に署名して以来、25を超える事例が行政拘留に移送されてきた。

原文:International Middle East Media Center


 イスラエル刑務所行政と囚人最高委員会の合意は以下の通り:詳しくはアーカイヴ記事で:
書面にされた合意は、5つの主要条項を含む:
● 囚人は、合意の署名に続き、ハンガーストライキを終了するものとする;
●「安全」の理由での囚人の長期の隔離使用を終了し、囚人19人は、72時間以内に隔離から移動されるものとする;
● ガザ回廊の囚人の第1度近親者(親子兄弟姉妹)と、曖昧な「安全理由」に基づき訪問が否定されてきた西岸の家族の家族訪問は、1ヵ月以内に回復するものとする;
● イスラエル諜報機関は、日々の状況を改善するため、IPSと囚人たちの間の会合を促進する組織された委員会の存在を保証する;
● 行政拘留が基づく秘密ファイルが、「非常に重大な」情報を含まない限り、現在行政拘留中のパレスチナ人308人に関し、新たな行政勾留命令、あるいは行政勾留命令更新はないものとする。

アーカイヴ:歴史的パレスチナ大規模ハンガーストライキを終了させたイスラエルの譲歩の詳細が明らかになる(05月19日)
posted by mizya at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西岸に国際軍を配置するとき

2012年05月22日火曜日|Yossi Gurvitz

IDF(イスラエル国防軍)が、入植者らからパレスチナ人を保護することができず保護するつもりもない以上、国際軍に西岸を渡すときだ。

アシラ・アルキブリーヤ村での事件が、土曜日、B'Tselemのカメラに捉えられて以来、メディアの注目を引いた。Yitzhar入植者集団が、村襲撃を企て、畑に火を放ち、そのうちの2人が、彼ら自身を防衛するため集まった村住民に対し威勢よく発砲し、彼らのひとりに重傷を負わせた。現場にいたIDFガンマンたちは何もしなかった。IDF報道官は、「一見したところ、ヴィデオは事件全体を表わしていない」といったようなことに口角泡を飛ばした。IDF報道官の欠落は、パレスチナ村に侵入を企て、実際発砲した入植者らの逮捕への言及だった。

事件が実際に報道された事実により、盲点を突かれた入植者らは、いくつかの主張を持ち出してきた。彼らは、 (a) 火事はパレスチナ人により起こされた; (b) 遵奉のユダヤ人は土曜日に火をつけないのだから、そして (c) 急襲者らは実際入植地 衛兵団だったと、主張した。

これら嘘の取り崩しは、入植者らの虚偽の文化をあばくために重要だ。Haggaiが書いたように、ヴィデオの最初は、入植者らが丘を下ってきて、そのとき、火事の兆候がないのを示す。主要ヴィデオが、村のごく近くでの火事と、パレスチナ消防車を示す。わたしたちはそして、入植者らが下りてきたとき、パレスチナ人の何人かが彼ら(入植者)の進む道ですれ違って、彼ら(入植者)の後ろに火をつけたと信じるよう求められる。ありそうな話。あなたがそれを信じるなら、わたしが「エルサレムに海辺の家を持つ」というのも、実に合理的評価となる。

第2の嘘は容易に論駁される。聖なる群は、聖なる日の「特別の魂」を吹き込まれ、退屈で死ぬので、Yitzhar入植者らによる襲撃は、ことさら土曜日がむしろ一般的だ。ちょうど1年前、Yitzharの入植者らが、アシラ・アルキブリーヤを襲撃し、住民に石を投げつけ、車輌に火を付けたのが記録された。破壊分子の中には、異教徒殺害マニュアル、悪名高い「Torat Ha'Melekh」小冊子の共同執筆者、Yitzharイェシバー(トーラー専門学校)の校長、Yitzhak Shapiraもいた。入植者らは、非-ユダヤ人との対立があるなら、安息日の神聖を侵すことができると、そのとき語った。いかに... 都合のいい。彼らは恐らく、1年後、誰かがこの言い訳を思い出し、それが彼らの真新しい嘘に噛み付き返すだろうとは思わなかった。

3番目の嘘に関して:わたしは、その領域を受け持ったことがあり、またわたしは、そのひとりがピストルを振り回す武装の男3人のみの、強奪展開団を見たことはない。そして入植地の外で一団がしていることは何か? 「無届け外出」しに?

入植者はしかしながら、問題ではない。Yitzharの入植者らは、よく知られる獰猛な雄牛だ。問題はIDFだ。西岸でのその存在は、それが占領勢力であるという理由のみで認められる。そういうものとして、それは被占領住民を保護する義務を負う。それが処理されず、それほど懸命に試みられなかった。それだけでなく、それ(IDF)は、戦争犯罪である占領地へのユダヤ人人口移送を支援し、そればかりでなく、この人口を保護し(もうひとつの戦争犯罪)、戦争法によれば、その保護下にあるひとを、入植者らが傷つけるのを首尾一貫して可能とする。そして戦争法はまたしても、西岸でのIDF存在の唯一の口実だ。

set620.jpg
兵士とMitzpeh Yairの入植者、ヘブロン南部。 (Photo: B'Tselem)

そしてそれは、Yitzharばかりでない:入植者らは昨日、Mitzpeh Yair前哨基地近くでパレスチナ人を攻撃し、彼らのひとりは、B'Tselem調査官が持っていたヴィデオカメラを盗んで壊し、彼を脅した。IDFガンマン存在は、またしても、介入しなかった。これは今や、長年続いている。2011年遅く、入植者らが、IDF基地を攻撃した後、Yoav Mordechai旅団長が、 - 選ばれた民のメンバーでなく、パレスチナ人からの場合、投石攻撃にIDF大佐はどのように応じるのか訊ねた軍事記者、Carmela Menasheに、告げたのはこうだ:「わたしは、Carmela、君が、彼の前に立っているユダヤ人に、旅団長が発砲すると期待しないだろうと思う、わたしは、君がそれを本気で言ったのでないと確信する」。

言うすべてのものが言うためにある。IDFは、その義務を果たすことも、それ(IDF)が彼ら(パレスチナ人)のただ中に連れてきた侵入者からパレスチナ人を保護することもできず、わたしが意味するところで、そのつもりもない。その将軍らは、それが彼らの義務、第一の義務で、入植地を保護するとしても最後に来るとさえ理解しない。とすれば、そして、和平プロセスが可笑しくもないジョークとすれば、わたしたちは、西岸のIDFを国際平和維持軍に置き換える運動をすべきだ。IDFは、占領軍としてその義務を果たす能力があると証明するのに45年あったが;失敗した。略奪するものから先住民を保護できる新しい軍事力を議題にのせるときだ。

原文:+972


 誰かの土地を、別の誰かにやる、それが1947年の国連による「分割決議」だった。自分の土地でないのだから、もちろん国連にパレスチナ人の土地を分割してヨーロッパからやってきたユダヤ集団に「分けてやる」権利などあろう筈もなかったが、その問題はおくとして、それに続く紛争は予見できたのだから、「分割決議」をした以上、その分割ラインに国際軍を派遣しておくべきだった。わたしの感覚では、国際軍派遣は既に、45年でなく、65年遅いのだ。
posted by mizya at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

なぜイスラエル人入植者らは非武装のパレスチナ人を撃ったのか

ROBERT WRIGHT
2012年05月21日

西岸入植者らが、イスラエル兵士らが介入せず傍観する中、非武装のパレスチナ人を狙い撃つ場合、それはストーリだ - ことさら、パレスチナ人のひとりが頭に負傷を被る場合。したがって、この週末、パレスチナ村、アシラ・アルキブリーヤ近くの衝突が、広く - 972で、ガーディアンで、ワシントンポストで、Haaretzで、 Daily Dishで、そして他で、報道されてきたのは当然だ。それにも拘らず、このストーリが、現実、いかに驚くほどでないか、その原則が、いかに例外でないか、吟味することは重要だ。

西岸に配置されたイスラエル兵士らの主要な使命は、パレスチナ人から入植者らを保護することだ。入植者らからパレスチナ人を保護する仕事は、それが起こるとき、大規模に人員不足の個々のイスラエル警察部隊の肩にかかる。この不均衡 - 入植者らの事実上の協力者である有り余る軍隊、理論的にはパレスチナ人を助ける筈の、しかしあたりに見当たらないちっぽけな警察部隊 - は、パレスチナ人ハラスメントやもっと悪いことの処方箋だ。

これは、刑罰免除を殆ど保証されて、なぜ入植者らが繰り返し、パレスチナ農夫たちのオリーヴ樹を燃やしたり切り倒したりしてきたかの説明を補う。そしてそれは、イスラエル兵士らが数フィートの所にいる中で、なぜ入植者のあるものたちが、見たところ、パレスチナ人を撃つことに心地よく感じているかの説明を補う。このすべては、パレスチナ人がそこに正当に存在するのに引き換え、入植者らが国際法に反して西岸に住む事実にも拘らず、である。

(略)

ここに、B'Tselem報告抜粋と、続いてB'Tselemヴィデオクリップ:

2012年5月19日、土曜日、午後4時半頃、入植者大集団が、Yitzhar入植地から、アシラ・アルキブリーヤ村の東郊外に押しかけた。B'Tselemヴォランティア写真家は、2つの角度から出来事を撮影した。ヴィデオは、その何人かが覆面し武装し、パレスチナ人の家々に石を投げる入植者らを示し、火が燃え始める... 覆面した入植者のひとりは、歩兵部隊兵士らにのみ使用される「Tavor」ライフル銃で武装し、彼が休暇中の兵士との疑いが生じる。

村のパレスチナの若者たちがすぐ到着して、入植者らに石を投げた... 午後5時頃、一面に相互投石がある一方、入植者3人のグループが兵士と共に、パレスチナの若者たちの前に立つのが見られる。その(見られる)入植者のふたりは、M4ライフル銃で武装し、ひとりはピストルで武装していた。入植者のひとりは、警察帽らしきものを被っている。ヴィデオフィルムは、入植者らがパレスチナ人に武器を向け発砲するのを示す。

発砲は村住民、ファトヒ・アサイーラ、24歳の頭部に負傷を負わせた。

ここに、ヴィデオのひとつがある。40秒の標で、どのように、武装入植者のひとりが、射撃を開始できるよう、彼の発砲のラインから外れるよう兵士に手を振り、そして兵士が応じたように見えるかに注目。クリップのこの解読が正確であろうとなかろうと、それは、あまりにもしばしば、入植者と兵士の間の関係である適切な象徴だ。


btselem

全文:the Atlantic
posted by mizya at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。