2012年05月21日

戯れと「士気」のための殺人:眠るパレスチナ囚人への死に至るイスラエルの攻撃の衝撃ヴィデオ

アリ・アブニマ
2012年05月17日木曜日


HonaAlexandria

カメラは、刑務所寝室を襲撃し、囚人にベッドから出るよう怒鳴り、彼らが命令に従わないなら撃たれるだろう、重武装イスラエル公安隊員を追う。

囚人たちは、奇襲攻撃の恐怖の中で、絶叫が聞こえる。それは、イスラエルの参加者らが「すてき」で「満足」だった夜と言っただろう、残忍で死に至る暴力の夜だった。

イスラエルの攻撃者のひとりが、閃光、炎、煙の中で叫ぶ:「俺はこれらゲートを開き、これら売春婦の餓鬼どもをぶっ殺したい」。他のイスラエル人らが、母親について囚人たちを侮辱する野卑なアラビア語を叫ぶ。

囚人たちは、苦悩と恐れにもだえる。イスラエル人が銃を向け、「腹這いになれ!」と叫び、床に横たわるのを - アブ・グレイブをしのばせる映像に - 見ることができる。

他が、明白な理由もなく、撃たれる。

これらは、イスラエルのチャンネル 2TV局の調査番組、Ouvdaで、2011年4月に放映されたヴィデオの場面だ。2007年10月22日のパレスチナ人囚人たちに対する記録する暴力的攻撃は現実だったが、それはKetziot刑務所で、「士気」と「やる気」を煽るために、イスラエル公安隊員の「訓練演習」として遂行された。

ひとりのパレスチナ人、ムハマド・アシュカルが殺された。イスラエルが最近、彼の家族への補償支払いに合意したものの、彼の死に関して、誰ひとり告発されなかった。

ある「全システム」とOuvdaが述べたこのヴィデオは、3年以上もの間、非公開に保つことが試みられてきた。

イスラエル刑務所業務の副司令官は、このぞっとさせる凶悪な暴力で、彼の部下らの出来映えを「10点」と評価したのだった。

この衝撃的ヴィデオとそのまわりの出来事は、その2,000人以上が、最近、彼らが受ける残忍で非人道的な扱いに対する28日間のハンガーストライキを成し遂げた、イスラエル刑務所に捕らえられるパレスチナ人囚人何千人もの生命へのまれな一瞥を提供する。

(略:長い、ここまでで1/5ほど。これ以後はヘブライ語のヴィデオ映像の進行を英語で説明している)

全文:The Electronic Intifada


posted by mizya at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | document | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

囚人数人がまだイスラエル刑務所でハンガーストライキ中

2012年05月17日木曜日

ラマッラ (Ma'an) -- イスラエル刑務所の囚人数人がまだハンガーストライキ中と、職員は、大規模ハンガーストライキ運動終了のため、取引が結ばれた数日後、木曜日に語った。

イスラエル刑務所業務報道官、Sivan Weizmanは、Ma'anに、マフムード・サルサクとアクラム・アッレハウィが食物を拒絶していると語った。彼らは、ラムレ刑務所クリニックに捕らえられていると、彼女は語った。

アッサルサクは、60日間ハンガーストライキしてきて、告訴も裁判もない彼の拘留に抗議している。サッカー選手、アッサルサクは、2009年7月、西岸のナショナルチームに合流するため、ガザ回廊を離れるとき、拘留された。

彼は、イスラエルの「違法戦闘員」法の下で捕らえられており、彼に対するいかなる告発も通知されたことがなかった。

囚人権利集団、Addameerは、アッサルサクが、その政策(「違法戦闘員」法)の下で拘留される唯一の囚人であると、Ma'anに語った。Addameerは、アッサルサクが、7月1日に解放されるだろうと告げられたが、提案は取り消されたと語る。

彼の次の審理が、8月22日に予定される。6ヵ月の拘留命令は、「違法戦闘員」法の下、無期限に継続可能だ。

アッレハウィは、ハンガーストライキを始める前、ラムレ刑務所クリニックに捕らえられ、不十分な治療に抗議してまだ食物を拒絶している。彼は、4月17日以来ハンガーストライキしてきた。

38歳が、喘息、糖尿病、白内障を被ると、ラマッラの囚人省弁護士、ファディ・アベダトは、Ma'anに語った。

アベダトは、もうひとりの囚人、モハマド・アブリブダがまだハンガーストライキ中で、サルサクとレハウィと共に、ラムレクリニックに捕らえられていると語った。

麻痺して車椅子を使用するアブリブダ、35歳は、2000年以来拘留されてきて、12年の判決を受けた。彼は、4月17日以来、ハンガーストライキしてきた。

Addameerは、Ma'anに、もうひとりの囚人、モハマド・タジもまた、戦時捕虜として扱われることを要求して、ハンガーストライキを続けていると語った。

パレスチナ自治政府治安部隊士官、タジは、3月18日にハンガーストライキに入った。彼は、週末の短時間、ストライキを止めたが、火曜日に再開した。彼は、al-Jalameh刑務所の独房幽閉に捕らえられており、水曜日、刑務所看守に殴られたと、彼の近親者はAddameerに伝えた。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがアリエル拡張、カルキリヤとトゥルカレムの土地に住宅2100戸建設

2012年05月18日金曜日
Heidi Williams - IMEMC & Agencies

Palestininan News Network、PNNは、木曜日、イスラエルが、カルキリヤとトゥルカレムの統治下にある広大なパレスチナの土地を犠牲にする、2段階で西岸北部の「アリエル」入植地を拡張する計画を明かしたと報じた。

「11134 / M-A」とナンバーをふられたこの計画は、アリエル入植地を2段階に拡張するだろう。第1段階は、カルキリヤ統治下(県)のアッズーン町とジンサフト町の間に位置するカフル・ラケフ村の広大な地域に、新住宅700戸を建設するだろう。拡張の第2段階は、トゥルカレム統治下(県)のバケト・アルハタブ、オズバ、アブハマダ、カフル・アブーシの広大な地域に、新住宅1400戸の建設となるだろう。

同じ状況で、イスラエルのブルドーザが、北部渓谷のワディ・アルマレ領域に建設されたRotem入植地の西側の道路と土地で、連続3日目、作業し続ける。

地元パレスチナ人は、占領軍大部隊が、設備を保護し、過去数日で加速した作業を確実にするため、標的の領域を取り囲んでいると、説明した。彼は、イスラエルの陰謀が、最終的に強奪する前触れとして、ワディ・アルマレ領域を空け、住民追放を目指すと強調した。

マレ渓谷の地元自治体は、「Rotem」入植地が現在、アルホルバ・アルファリシエの土地の殆どと、その土地の水源すべてを支配し、地域の羊飼いや人びとに対する、入植者らによる攻撃が拡大してきていると述べた。

原文:International Middle East Media Center
posted by mizya at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

違法入植地をめぐるイスラエルの迷走 - 2題

「造成業者が入植者らを欺き」パレスチナの土地に引っ越し
2012年05月16日水曜日

171059_345x230.jpg

テルアヴィヴ、イスラエル (Ma'an) -- イスラエルメディアは、火曜日、宅地造成業者が、申し立てによると、違法西岸前哨基地、Ulpana Hillに家を購入したイスラエルのカップルを騙したと報じた。

Haaretz新聞は、火曜日、開発業者がカップルに、彼らの戸建てが建てられた土地は、実際はパレスチナの土地であるのに、世界シオニスト機関に所有されると告げたと報じた。

報道は、Beit El「界隈」住人が、パレスチナの土地に建てられたと知らずに、彼らがそれを購入したと主張したことを示す文書を引用した。文書は、裁判所申請に関するものだった。

カップルは、伝えられるところでは、前哨基地が撤退させられるなら、彼らの家が破壊されるかもしれないと恐れる。

原文:Ma'an News Agency

入植地が4,400万シェケルを得る

財政委員会が、野党代表不在の中、入植地建設に賛成する資金の新規割当承認
Zvi Lavi
2012年05月15日

クネセトの財政委員会は、火曜日、西岸入植地に賛成する4,400万シェケル(およそ1,200万ドル)の割当を承認した。4,400万シェケルのうち1,700万シェケルほどは、Migron引揚者らのための補償として支給されるだろう。

(略)

全文:Ynet news.com


 東エルサレムを含む西岸は被占領地で、イスラエル人が西岸に家を「購入」すると決めた段階で、国際法下、既に違法である。グリーンラインを越えては住まないと決意するイスラエル人にとって、入植者が「B級市民、C級市民」の所以である。「界隈(neighborhood)」は入植地(settlement)の言葉に代えてシオニストが好んで使う。「入植地」には「違法」のニュアンスがつきまとうからだろう。入植地を「界隈」と名付けてみたところで、違法の本質を拭い去ることはできない。入植地が、イスラエル政府により、パレスチナ人から没収された土地に建設されること(イスラエル法に於いては合法)に引き換え、「前哨基地」は、領地拡大を目指す入植者らが、イスラエル国家による没収を待たずに、パレスチナ人が所有する土地に家を建設(イスラエル法に於いても違法)し、「権利」を既成事実化する。「Migron引揚者」というのは、この「違法前哨基地」からの撤退を命じられた入植者らのことだ。入植地建設のための土地の補償を、パレスチナ人にしたことのないイスラエルが(だから強奪なのだけれど)、イスラエル法においてさえ違法の「前哨基地」から撤退する入植者らに「補償」を支払うとしたら、やはりイスラエルは無法国家である。
posted by mizya at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

オーストラリアの裁判所がナクバ行進を延期する警察要請拒絶

2012年05月16日水曜日

オーストラリア裁判所は、ナクバを記念する行進を延期するシドニーの警察によりなされた要請を拒絶した。警察は、都市交通の中断を避けるため週半ばの代わりに週末に開催するよう求めた。

Christine Adamson判事は、月曜日夜の審問の後、表現の自由は、いかなる潜在的交通渋滞にも優先すると説明し、要請を拒絶した。いずれにせよ、ナクバの実際の日付の重要性が、他の日でなく5月15日に開催する記念を本質的にすると、彼女は付け加えた。

(略)

全文:Middle East Monitor


 Christine Adamsonのような裁判官が、この国(ニッポン)にもいるといい。ニッポンの警察は「表現の自由」ということを理解していないから、「ご通行中のみなさん、『ご迷惑』をおかけしています、デモが横断中です」などとがなり立て、デモンストレーションが『迷惑』行為との印象を振り蒔こうと懸命だ。警察のこのようなデモンストレーションを誹謗中傷する「がなり立て」は違法行為ではないのだろうか。
ラベル:ナクバ
posted by mizya at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アムネスティ・インタナショナルが、独房幽閉からのパレスチナ人移動は肯定的一歩だが、イスラエルは囚人の権利保護ためもっと行うべきと語る

プレスリリース|2012年05月16日

決定後、囚人2000人がハンガーストライキ終了

(ニューヨーク)-- アムネスティ・インタナショナルは、人権尊重に向けた正しい方向への一歩として、イスラエルで囚人19人の長期独房幽閉を終了する取引を歓迎した。しかし、組織は、イスラエルが囚人の権利尊重のためさらに行う必要があると語った。

(略)

「わたしたちは、これら言質が、囚人の人権尊重に根拠を与える、イスラエル当局による新たな取り組みの前兆となることを望む」と、アムネスティ・インタナショナル中東・北アフリカ・プログラム副局長、アン・ハリソンは語った。「しかしながら、囚人や拘留者2000人もが、イスラエル当局が何年にも渡り犯してきた彼らの人権尊重を保証するため、その健康を懸けなければならなかったなど、あるべきでない」。

アムネスティ・インタナショナルは、2007年6月に完全に留保された、ガザの囚人家族訪問再開を繰り返し要求してきた。

アムネスティ・インタナショナルと地元人権機関は、行政拘留者、ハデル・アドナーンがハンガーストライキを始めた2011年12月以来、ハンガーストライキする拘留者たちに対し、イスラエル刑務所業務 (IPS) により繰り返される違反を記録してきた。

(略)

「ハンガーストライキの囚人たちに対する、IPSによるこれら繰り返された違反は、完全な、独立した、公平な調査を要求し、またそれら責任は、義務を負わなければならない」と、ハリソンは語った。「そのような長引く独房幽閉 - 囚人やその弁護士に与えられない情報に基づく - は、正当な手続きへの彼らの権利への違反であり、残酷で、非人間的で、下劣な扱いを構成する」。

(略)

全文:Amnesty International
posted by mizya at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史的パレスチナ大規模ハンガーストライキを終了させたイスラエルの譲歩の詳細が明らかになる

アリ・アブニマ
2012年05月15日火曜日

イスラエル刑務所のパレスチナ囚人たちによる歴史的28日間大規模ハンガーストライキと、囚人何人かの2ヵ月以上のハンガーストライキを終了させたイスラエルの譲歩の詳細が、今日、明らかとなった。

パレスチナ囚人の権利集団、Addameerは、取引を交渉した囚人委員会のメンバー、アヘド・アブゴルメと、投獄のPFLPリーダー、アフマド・サアダトの弁護士たちに与えられた記述に基づく詳細を公表した。

Addameerが「囚人運動の業績」として歓迎した取引の主要条項は以下の通り:

アヘド・アブゴルメによれば、ハンガーストライキ委員会メンバー9人が、昨日、IPS(イスラエル刑務所業務)役人・イスラエル諜報士官らから成る委員会と会談し、それらの合意の条項を決定した。

書面にされた合意は、5つの主要条項を含む:

● 囚人は、合意の署名に続き、ハンガーストライキを終了するものとする;
●「安全」の理由での囚人の長期の隔離使用を終了し、囚人19人は、72時間以内に隔離から移動されるものとする;
● ガザ回廊の囚人の第1度近親者(親子兄弟姉妹)と、曖昧な「安全理由」に基づき訪問が否定されてきた西岸の家族の家族訪問は、1ヵ月以内に回復するものとする;
● イスラエル諜報機関は、日々の状況を改善するため、IPSと囚人たちの間の会合を促進する組織された委員会の存在を保証する;
● 行政拘留が基づく秘密ファイルが、「非常に重大な」情報を含まない限り、現在行政拘留中のパレスチナ人308人に関し、新たな行政勾留命令、あるいは行政勾留命令更新はないものとする。

現在の拘留命令満了後、長期ハンガーストライカー何人かが解放されるが、他に関する疑問は残る

Addameerの最新版は述べた:

奇跡的77日間のハンガーストライキに従事した、ビラール・ディアブとターエル・ハラフレを含む、長引くハンガーストライキの行政拘留者5人に関し、彼らの行政拘留は更新されず、現在の命令満了に際し解放されるだろう。その5人は、彼らの脆弱な回復期間に適切な治療を受けるため、公立病院に移送された。

その日早く、Addameerは、ハラフレとディアブを含む8人を名指して、長期ハンガーストライカーについて、Facebookに記録を記載した。それは、長期ハンガーストライカー何人かの事態について、追加情報がまだ必要とされていると意味する:

行政拘留者たち、ハンガーストライキ71日のハッサン・サファディ、ハンガーストライキ69日のオマル・アブシャラル、ハンガーストライキ54日のジャアファル・アッゼディーンもまた、ハンガーストライキを終了し、現在の命令満了に解放されるだろう。Addameerは、マフムード・サルサク、モハマド・タジ、キーファ・ハッタブの現在の事態に関するニュースを待っている。

サルサクは、2009年にイスラエル軍により拉致され、以来、告訴も裁判もないまま捕らえられてきた、パレスチナ・ナショナル・サッカーチームのメンバーだ。

昨日、ターエル・ハラフレ解放のニュースを伝えたEI(Electronic Intifada)ブロガー、リナ・アッサアフィンは、彼の父親と話した。彼女が書いたその会話は、囚人たちに対して使用される高圧的措置についてのさらなる懸念を引き起こした。

行政拘留は終わるのか?

Addameerもまた警告した:

イスラエルの全体としての行政拘留慣習に関して、合意は、概してその広範な使用への制限を含むと、アフマド・サアダトはさらに言及した。Addameerは、これら合意条項が、国際法の完全な違反に固執するイスラエルの甘く問題ある行政拘留適用を明白に解決しないだろうと、懸念する。

Addameerはまた、イスラエルが、囚人に関する合意を尊重しない経歴を持つと言及した。

Addameer声明完全版(略:原文で)

原文:The Electronic Intifada
posted by mizya at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。