2012年05月07日

ティビ:ビラール・ディアブはいかなる瞬間にも死の危機にある|#PalHunger

2012年05月04日
OCCUPIEDPALESTINE

PIC 2012年05月03日

images_news_2012_05_04_diab_300_01.jpg

ナザレ、(PIC)- イスラエル・クネセト(国会)のアラブ議員、アフマド・アッティビは、木曜日に語った:「捕らわれのビラール・ディアブは、現実の死に直面しており、彼は即刻解放され、総合医療をする専門病院に移されるべき段階に到達した」。

木曜日、法廷に入ることを許可されたティビは、イスラエル刑務所業務が、いかなる医師もなしで、(2ヵ月以上ハンガーストライキをしてきた)捕虜ふたり、ディアブとハラフレを連れて来たと語った。

彼はまた、ディアブの検査後、彼の体温が35度、心拍数が僅か48BPM(beats per minute)と知ったと語った。

彼の行政拘留に抗議して、67日間ハンガーストライキしてきたディアブは、法廷で気を失った。軍事法廷は、いかなる刑事告発もなく、行政的に拘留される捕虜ふたりの解放のための控訴に関する判決申し渡しを延期した。

IOF(イスラエル占領軍)は、虚弱な捕虜ふたりの写真を撮るのを記者たちに禁じた。

原文:Occupied Palestine


 軍事法廷が判決申し渡しを延期したということは、ディアブが死ぬのを待っている? 解放を却下する判決で国際社会の批判を浴びるよりは、死んだ方が批判が少ないと考えているのだろうか。


posted by mizya at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人権集団がサムーニー事件を打ち切るイスラエルを非難

2012年05月02日水曜日

59779_345x230.jpg
キャストレード(鉛の鋳型)作戦中、イスラエル空襲で、家族20人以上と共に殺されたサムーニー家の子どもたち。(MaanImages/Mohamed Al-Zanon)

ベツレヘム (Ma'an) -- パレスチナ人権センターは、水曜日、起訴を開始することなく、サムーニー家の事件(調査)を打ち切るイスラエル軍の決定を非難した。

2009年のガザの家屋への砲撃は、サムーニー家の家族20人以上を殺したが、それが戦争犯罪を構成せず、民間人が意図的に標的とされたのでもないと、火曜日、イスラエルは決定した。

(略:国連ゴールドストーン報告で、この殺戮が「故意」と考えられていること、イスラエル軍の命令により、市民がその地域に留められた証言など。アーカイヴ記事のヴィデオ参照)

パレスチナ人権センターは、一連の攻撃を、イスラエル攻撃の推移での「最も恐ろしい単一事件のひとつ」と呼び、それが「民間人27人の故意の殺害」を含んだと語った。

(略:パレスチナ人権センターやイスラエル集団、B'Tselemによるイスラエル批判、Reuters配信の記事で冗漫、翻訳の意志を挫く)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:サムーニー通り(2011年12月30日)
posted by mizya at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連職員がパレスチナ人囚人に対するイスラエルの暴力に蒼白

ジュネーヴ、2012年05月02日 (WAFA) - パレスチナ領域に於ける人権状況に関する国連特別報告官、リチャード・フォークは、月曜日に発表された声明により、パレスチナ人囚人によるハンガーストライキの大きなうねりの中、「イスラエル刑務所での人権侵害継続」に顔色を失うと語った。

フォークは、ハンガーストライキを、不正な逮捕手順、恣意的拘留、酷い刑務所事情を含む、パレスチナ領域のイスラエルの長引く占領に関連する虐待状況への集団的非暴力抵抗の並外れた行為と評した。

「わたしは、イスラエル刑務所での持続的人権侵害に顔色を失い、パレスチナ囚すべてに向けた国際的人権義務を尊重するよう、イスラエル政府に要求する」と、フォークは語った。

「イスラエルは、それらハンガーストライキの囚人たちを、拘留者たちに家族の訪問を認めることを含み、国際基準に従って扱わなければならない」と、声明は述べた。

刑務所当局は、伝えられるところによれば、ハンガーストライキするものたちに対し、家族や弁護士の訪問拒絶、個人的所持品没収、独房幽閉に置くことを含む、懲罰的措置をとってきたと、フォークは付け加えた。

(略)

「イスラエルによる行政拘留の幅広い使用は、国際的公正裁判基準に真っ向から反抗する。弁護士が発行された命令に関する証拠に完全にアクセスすることへの保証を含み、拘留者は、行政拘留命令に事実上、異議申し立てできなければならない」と、声明は付け加えた。

さらにフォークは、パレスチナ囚人の扱いに於いてイスラエルが、国際的人権法・規準に従うことを確実にするよう、国際社会に求めた。

全文:WAFA
posted by mizya at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国が国連人権局長に西岸入植地調査延期強要

2012年05月02日

オバマ政権圧力の目的は、少なくとも11月の大統領選挙後まで調査を延期することと、イスラエル外務官僚らは考える。
Barak Ravid

オバマ政権は、西岸のイスラエル入植地問題を調査する国連人権評議会により指名される委員団設立を遅らせようと試みている。

米国官僚は、過去数週間に、近い将来に問題を前進させないよう求めて、国連人権局長、Navi Pillayへのメッセージを伝えた。

委員団設立決定の本文によれば、それは、「東エルサレムを含む被占領パレスチナ領域を通したパレスチナ民衆の市民的、政治的、経済的、社会・文化的権利に対するイスラエル入植地の関わりを調査する」計画だ。しかしながら、国連人権局長は、まだ委員団のための明瞭な指令をだしておらず、議長あるいはメンバーを指名していない。

米国は、これが問題の非公式の埋葬に繋がることを望みつつ、可能な限り遅い日まで、委員団設立の延期を欲していると、(イスラエル)外務官僚は述べた。しかしながら評価は、委員団の設立を妨げることは可能でないだろうから、したがって目標は、少なくとも11月の米国大統領選挙の後までそれを遅らせることだ。

国連人権評議会による決定の1週間後、3月30日、外務副大臣、Danny Ayalonは、彼の米国カウンターパート(同格者)、ビル・バーンズに会うため、ワシントンに密かに旅した。Ayalonは、委員団設立の妨害、委員団が設立される場合、国連人権評議会に停止するよう米国が公式に脅迫することを示唆さえして、支援を求めた。

彼ら(米国)が、国連人権評議会加盟を、オバマ政権の外交政策の重要問題とみなしているので、アメリカは、その脅迫に応じなかった。しかしながらアメリカは、国連人権局長に、受理されるだろう委員団設立の日付と指令に圧力することに同意した。

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。