2012年05月25日

兵士らを攻撃したと主張されるパレスチナ人がその主張を否定

ラマッラ、2012年05月23日 (WAFA) - 申し立てで、ヘブロンのイスラエル兵らをナイフで攻撃することを試みたとされる18歳のパレスチナ人が、彼を突き刺し重傷を負わせたイスラエル兵士らを代わりに非難し、イスラエルの主張を否定したと、水曜日、パレスチナ囚人クラブ (PPC) により発表された声明は述べた。

イスラエルメディア報道は、サラ・ズガイアルが、日曜日、兵士らを攻撃しようとして転び、彼自身のナイフで刺されたと主張した。他の報道は、彼が突き刺されたのか撃たれたのか定かでないと述べた。

PPC弁護士、ムフィード・アルハジは、警察拘留下に保持される、西エルサレムのHadassah病院に、匿名のひととして登録されるズガイアルを訪ねた。

いくつかのメディアにより主張されたように撃たれたのでなく、彼の腹を下から上に突き刺した、多くのイスラエル兵士らにナイフで攻撃されたとズガイアルが告げたと、彼(アルハジ弁護士)は語った。

ズガイアルは、病院で傷を閉じる手術を受け、安定した状態と報告されたと、弁護士は語った。

PPCは、ズガイアルの生命にイスラエル当局が責任を負うと考え、彼の即時解放を要求した。

原文:WAFA

アーカイヴ:重傷のパレスチナ人は兵士らがその手を踏みつけ地面に留め置かれる(05月22日)


posted by mizya at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。