2012年06月15日

二重基準:「NYT」は4日目でイスラエルのハンガーストライカーらを報道した

Philip Weiss
2012年06月12日

マフムード・サルサクは、彼が3年前に逮捕され、告発されたことがなかった事実に抗議して、12週間ハンガーストライキしてきた。彼は、死の戸口におり、彼の支持者たちは、行動を求め国際的嘆願を発しており、そして彼の命を救い、監禁での彼の死の政治的損失からイスラエルを救うことに向けて進む取引の噂がある。

ニューヨークタイムズは、彼の事例の報道価値をまだ考慮していない。

一方、6月6日のニューヨークタイムズでIsabel Kershnerの:入植者前哨基地合法化に対するイスラエル政府の拒絶に入植者ら激怒。

水曜日、何百人もが、最高裁判所と国会前で抗議するため、エルサレムに集まった。入植者およそ50人が、先週、ここでハンガーストライキを行い、その一方で他のものが、エルサレムの北、およそ10マイルのBeit Elから3日間行進して到着した。若いデモンストレータらは、道路を封鎖し、タイヤを燃やそうと試みた。

...4日間食物を拒絶したBeit Elの退役軍人居住者、Hillel Fendel、54歳は、建物を移転させるネタニアフ氏の計画は「我々が実施できるとは信じない、非常に空想的アイディアの類い」と語った。

原文:Mondoweiss


posted by mizya at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州サッカー連盟 (UEFA) :マフムード・サルサクの解放を確保せよ

欧州サッカー連盟 (UEFA) ミシェル・プラティニ会長:UEFAメンバー、イスラエルにより捕らえられるサッカー選手、マフムード・サルサクの解放を確保せよ

ヨーロッパサッカー選手が「正義と人権の名に於いて」サルサク解放を要求
(署名者省略:原文で)

署名サイト:change.org


 アジアサッカー連盟を除名されたイスラエルを受け入れた欧州サッカー連盟は、マフムード・サルサク解放に向け、遅過ぎたとはいえ、少なくても動き出した。パレスチナをメンバーとするアジアサッカー連盟はどうだろう。アジアサッカー連盟が、日本サッカー連盟が、サッカー選手たちが、サッカーサポーターたちが問われているのだと、繰り返したい。どうか署名を!
posted by mizya at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。