2012年06月17日

アラブ議員の息子が軍務拒絶で3度目の投獄

2012年06月14日木曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

イスラエル軍事法廷は、イスラエル軍での軍務拒絶でもう2週間、クネセト(イスラエル国会)のアラブ人議員、サアイド・ナッフアの息子、アムロ・ナッフア、18歳の投獄を命じた;決定は、ナッフアが、義務兵役に行くことを拒絶して2週間の投獄に続き、釈放された数日後になされた。

naffa_amro.jpg
アムロ・ナッフア - Arabs48

ナッフアは、軍が、義務兵役に彼を送る前、実行するつもりだった健康診断を拒絶した;彼は、占領し、パレスチナ民衆を弾圧する軍の一部であることを拒絶すると語った。

ナッフアは、被占領ガリラヤのベイトジャン出身で;彼の兄4人は、以前、イスラエル軍の兵籍登録を拒絶して、拘束され投獄された。

アラブ・ドゥルーズ追跡委員会は、「占領軍の一部であることより投獄を選んだナッフアの人道と愛国のスタンス」と讃えるプレスリリースを出した。

もうひとつの国家を占領し、その土地を盗み、その人びとを弾圧する軍で務めることを拒絶する彼らの権利に言及して、義務兵役を拒絶して投獄されてきた、アラブ、ドゥルーズ、ユダヤ系イスラエル人、何百人もがいる。

原文:International Meddle East Media Center


posted by mizya at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルへのガザ封鎖終結要請 - 2題

国連がガザ封鎖終結をイスラエルに促す

SOP newswire3

イスラエルによるガザ回廊の封鎖が、今、6年目に入り、国連人道問題担当官トップは、今日、地域に住む160万パレスチナ人の生命と生計に壊滅的衝撃を持つと言及し、即刻の解除を要求した。

人道業務事務次長、ヴァレリ・エイモスは、声明で、ガザの家族、80パーセント以上が人道支援に依存すると述べた。加えて、ガザは、輸入・輸出と、地上、空路、海路による人びとの移動に厳しい制限が課されたままだ。

これは、ガザに住むそれらすべてに対する集団懲罰に等しく、国際法に反する基本的人権の否認であると、国連緊急援助調整官としてもまた務めるエイモス氏は述べた。

(略)

http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=42213&Cr=Gaza&Cr1=

全文:SOP newswire3

50の支援集団がガザ封鎖終結を要請
2012年06月14日木曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- 50の国際的慈善団体と国連機関は、木曜日、イスラエルに、ガザ回廊への長年にわたる封鎖を解除するよう要請した。

封鎖の5周年を記し、組織 -- アムネスティ・インタナショナル、Médecins du Monde(世界の医師団)、Oxfam、セイヴ・ザ・チルドレンを含む -- が、世界保健機構 (WHO)、人権高等弁務官事務所、ユニセフといったような機関と他の4国連機関に、「今」封鎖を解除するようイスラエルに促すのに加わった。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンガーストライカー、マフムード・サルサクが自由か死への到達を決意するとき、カントナ、FIFAはイスラエルに対する圧力に加わる

アリ・アブニマ
2012年06月12日火曜日

パレスチナのサッカー選手、マフムード・サルサクは、まだハンガーストライキしており、彼が死ぬか、イスラエルが彼の解放に同意するまで継続すると決意していると、今日、彼の弁護士、マフムード・ジャバリンは語った。

ニュースは、サッカーの神話的人物、エリック・カントナと他の一流の著名人、そしてFIFA会長、ゼップ・ブラッターが、サルサクを解放し、人権侵害を終了するようイスラエルに求める増大する国際的要請に加わって現れた。

日曜日、死期が近づいて、サルサクは、イスラエル最高裁判所が彼の事例を再審理する予定の木曜日までは、牛乳を飲むことに同意した。

彼を救う最後の機会

今日、Ma'an通信社は報じる:

マフムード・サルサクは、ハンガーストライキの86日目にあるが、木曜日の法廷審問まで彼の命を長引かせるため牛乳を飲んでいると、火曜日、彼の弁護士は語った。

モハマド・ジャバリンは、Ma'anに、イスラエル刑務所職員が、日曜日、彼が死の危険にあったので、至急サルサクを訪れるよう求めたと語った。サルサクはその午後、一時的に入院した。

ジャバリンは、病院で、サルサクが筋肉弛緩と意識喪失の差し迫る危険にあると語った医師15人と会った。

「わたしは、サルサクが牛乳を飲まなければならないと決めた」と、ジャバリンは語った。

サルサクは乗り気でなかったが、弁護士は、木曜日に予定される司法審理まで生き延びるため、なにか栄養素を受け入れるよう彼を説得したと語った。

サルサクは、弁護士により与えられる場合のみ、牛乳を飲むことに同意した。

25歳の囚人は、最高裁判所が彼の解放に同意しない場合、彼の死までサプリメントすべてを拒絶すると決意していると、ジャバリーンは語った。

木曜日の司法審理は、サルサクの命を救う「最後の機会」と、ジャバリーンは語った。

まだ危機の命

牛乳をとる決定にも拘らず、サルサクの命はまだ危機にあるとMa'anは言及する:

囚人権利集団、アッダミールは、牛乳摂取はハンガーストライキ中断にあたらないと述べる。

人権医師団 - イスラエル (PHRI) の代表は、Ma'anに、牛乳は、ハンガーストライキ中摂取される、ビタミン、ミネラル、塩分、ブドウ糖を含む他のサプリメントより栄養価が低いと語った。

牛乳を飲むことは、サルサクの命の危機を縮小しないと、PHRIは付け加えた。

FIFA会長、ゼップ・ブラッターがサルサクを救援する行動をイスラエルに要求

FIFA会長、ゼップ・ブラッターは、イスラエル・サッカー協会 (IFA) に、ブラッターが語った「彼の申し立てる違法拘留への抗議で、ほぼ90日ハンガーストライキを耐えてきた事実により、非常に微妙な状況にある」サルサク救援の行動をとるようイスラエル政府に主張するよう要請した。ブラッターの公式声明は付け加えた:

FIFAは、IFAに、正当な手続きのためのその権利同様、関係のある選手たちの肉体的無傷を保証する目的で、現在の問題へのイスラエル管轄省庁の注意を引くよう緊急に要求する。問題は、パレスチナ・サッカー協会との通信、サッカー選手、マフムード・サルサクに関する国際的メディア報道のいくつか、FIFProのメディア発表に続いて、FIFAの注意に達した。

金曜日、50,000人のプロサッカー選手の国際協会、FIFProは、イスラエルに、サルサクを解放するよう要求した。

サッカーの神話的人物、エリック・カントナ、他の著名人たちがサルサクのための運動に加わる

サッカーの神話的人物、エリック・カントナは、ノーム.チョムスキー、映画製作者、ケン・ローチ、国際法専門家、John Dugardから、英国スポーツ大臣、ヒュー・ロバートソン、UEFA会長、ミシェル・プラティニ、そして他のヨーロッパ政府とスポーツ団体までを含む他の国際的人物と、イスラエルの行動と国際スポーツ団体の共犯に抗議して、書簡に共同署名した。

そのテキストがbdsmovement.netによりElectronic Intifadaに提供され、電子メールで発表の書簡は述べる:

わたしたちはすべて、ユーロ2012の競技がなされているポーランドとウクライナでのサッカーの試合で、人種主義者のスローガンに衝撃を受ける。サッカー団体と政治家たちは、その非難を率直に述べてきた。確かに、政府高官の何人かは、その国の見て取れる人権侵害故、ウクライナで試合を行う集団をボイコットしている。

それでなぜ、これら同じ集団が、イスラエルが、2013年のU.E.F.A.アンダー21競技を主催するとき、沈黙しているのか? 人種差別、人権侵害、そして著しい国際法違反が、その国の日常的事件だ。

イスラエル政府大臣らは、黒人難民を攻撃する暴徒らに、彼ら(訳注:暴徒らでなく黒人難民)を「潜入者」として非難し、軍営に収監されるよう要求することで応答する。

イスラエルの刑務所は、その300人以上が、告訴も裁判もなく「行政拘留」で捕らえられるパレスチナ人政治囚4,000人ほどを収容する。それらのひとりが、ガザのサッカー選手、マフムード・サルサク、25歳だ。彼は、ほぼ3年間、投獄されてきた。告訴もなく、裁判もなく。死にものぐるいで、彼は、80日以上もの間、ハンガーストライキしてきて、今、死と隣り合う。彼と、イスラエル国家による虐待の被害者すべてが、わたしたちの支援を必要とする。

イスラエルの刑罰免除を終らせ、わたしたちが他の諸国に要求する、平等、公正、国際法の尊重の同じ基準を主張するときだ。

個人の立場で署名する全署名者リスト

● エリック・カントナ、俳優で元サッカー選手
● ノーム・チョムスキー、MIT教授、合衆国
● John Dugard、元国連パレスチナ特別報告官、南アフリカ
● トレヴァー・グリフィス、作家、英国
● ポール・ラヴァティ、脚本家、英国
● ケン・ローチ、映画製作者、英国
● マイケル・マンスフィールド、QC、英国
● ミリアム・マーゴリーズ OBE、女優、英国
● John Pilger、ジャーナリスト、作家、映画製作者、オーストラリア
● 人種主義にレッド・カードを
● アーダフ・スーエイフ、作家、英国

ガザの42サッカークラブは、1年以上前、UEFA会長、ミシェル・プラティニに、イスラエルでの2013年アンダー21トーナメント裁定に抗議する書簡を書き送った。彼らは返事を受け取っていない。

原文:The Electronic Intifada


 イスラエルでは今、アフリカ系移民への攻撃が続いている。パレスチナ人弾圧の隠れ蓑に、イスラエルはスーダンのアフリカ系市民弾圧をことさら吹聴したが、南スーダンが独立すると「利用価値」はなくなったようで、イスラエルは「白人の国、黒人は出ていけ」ということらしい。
posted by mizya at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。