2012年06月20日

Yediot Booksの出版者へのアリス・ウォーカーからの書簡

この書簡は著者の許可で公表される。

2012年06月09日
親愛なるYediot Books出版者殿、

わたしの小説『カラーパープル』の出版を望んでくださり大変感謝します。以下の理由で、この時期、これを許可することは、わたしにとり可能でありません:ご存知のように、昨秋、南アフリカで、パレスチナに関するラッセル法廷が開かれ、イスラエルが、アパルトヘイトと、イスラエル内部の、また被占領領域両方のパレスチナ民衆への迫害で有罪と裁決されました。イスラエル人・パレスチナ人の両方から、わたしたちが聞いた証言は(わたしは裁判官でした)、破壊的でした。わたしは、アメリカのアパルトヘイト下で成長し、これ(イスラエル・アパルトヘイト)は、さらにはるかに悪いものでした。本当に、デズモンド・ツツを含め、参加した多くの南アフリカ人が、これら犯罪のイスラエル版が、長期間、南アフリカを支配した白人至上主義政権下で彼らが被ったものよりさえ酷いと感じました。

わたしが加わる、非暴力BDS(不買・脱資・制裁)運動が、状況を変えるため、イスラエル市民社会に十分な影響を及ぼすだろうことが、わたしの希望です。

(略:映画『カラーパープル』の南アフリカでの上映を待ったことなど)

あなたの国の人びとに、ことさら若い人たちに、そして、わたしが共に働く喜びを抱く、公正と平和のための勇敢なイスラエル人活動家たち(ユダヤ人とパレスチナ人)に、わたしの本が読まれるとどれほど知りたいかが、言うことです。わたしは、いつの日か、恐らくすぐにも、これが起こるだろうことを希望します。しかし、今はそのときでありません。

わたしたちは、問題に取り組み、そして待つことを継続しなければなりません。

小さな行為から公正な未来が作り上げられると信じて、
アリス・ウォーカー

全文:Palestinian Campaign for the Academic & Cultural Boycott of Israel


posted by mizya at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルのオウンゴール

2012年06月19日

裁判もなく告発もなく捕らえられたパレスチナ人サッカー選手の解放に到達する決定まで、3ヵ月のハンガーストライキを要した。

意思決定者らが、最後の瞬間に正気づき、サッカー選手、パレスチナ・ナショナルチーム・メンバー、マフムード・サルサクの解放を - イスラエル刑務所での彼の差し迫る死を回避して、定めると合意したことはよい。終生、彼の健康に刻印を残すだろう、ハンガーストライキ3ヵ月を要したことは気の毒だ。彼の解放に合意したのが今だったとの事実は、そもそもサルサクの拘留に繋がり、そして今突然、蒸発して消え失せた秘密で知ることのできない「安全上の理由」に容易ならぬ疑いを投げかける。

この拘留の責任者らは、明らかに、イスラエルのオウンゴールで得点を与えた。年長パレスチナ人サッカー選手は拘束され、裁判もなく、告発もなく、いかなる違法行為の示された証拠もないまま、何年も、イスラエル刑務所に捕らえられた。イスラエル国は、わずか数年前、イスラエルに親善訪問し、ネタニアでのトーナメントに参加し、そして今、イスラエル政策の厳しい批評家となった、エリック・ カントナといった著名なサッカー選手たちによる鋭い抗議に身を曝した。国際サッカー連盟は、その生命が危機にあったパレスチナ人サッカー選手を救うため、意見を表明し、その影響力を行使するのを余儀なくされたと感じた。黒人に対する弾圧と差別の政策が明らかとなったとき、スポーツに直接の実体的影響があった、アパルトヘイト南アフリカへの世界的スポーツ・ボイコットが始まったことを思い出す価値がある。より一般に、必然的にイスラエルを国際的孤立とのけ者民族身分に導く弾圧、既に45年続く占領が、パレスチナ人に対し日々の弾圧行為を課すと思い出す価値がある。

原文:Gush Shalom


 マフムード・サルサクの場合は、パレスチナ・ナショナルチームのサッカー選手だったから、報道のインパクトもあったけれど、サッカー選手でないハンガーストライカーが何人もいること、イスラエルによる得体の知れない(裁判も告発もなく、「安全上の秘密」と称して拘留の理由さえも示されない、つまり無辜の市民から自由を奪う政策としての)「行政拘留」が、日々、連発されている状況に変わりはない。マフムード・サルサクが解放されるとしても、3年前に抱いていた、サッカー選手として世界で羽ばたく夢は、二度と戻らない。人生を返せ!
posted by mizya at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弁護士:サルサクが解放取引でハンガーストライキ停止

2012年06月18日月曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- イスラエル刑務所でハンガーストライキ92日目にあったマフムード・サルサクは、7月10日に釈放されるとの取引で、月曜日、食べ始めることに合意したと、彼の弁護士は語った。

モハマド・ジャバリンは、月曜日、彼の囚人訪問中、サルサクが合意に署名したと語った。イスラエル刑務所当局は、合意裁可の(証しとして)ため、彼らの面前で、サルサクが何か食べるよう求め、それ後、彼は弁護士からチョコレートのかけらを受け取ったと、ジャバリンは語った。

イスラエル刑務所報道官は、コメントしていない。

取引下、サルサクは、火曜日、治療のため民間病院を訪れるが、同日、解放の7月10日まで、ラムレ刑務所クリニックに戻るだろうと、弁護士は付け加えた。

「人権医師団-イスラエル」は、(刑務所)クリニックが、長期的ハンガーストライカーを治療するため、あるいは食事摂取に戻った場合の健康危機を管理するための装備がなされておらず、ハンガーストライカーたちを民間施設に移すよう求めてきたと語る。

(略:これまでの経緯、サルサクに関するアーカイヴ参照)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。