2012年06月22日

Eshilイスラエル刑務所で拘留者40人負傷

2012年06月19日火曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

イスラエル兵士らが、火曜日、ベーラッサベ(ビールシヴァ)のEshilイスラエル拘留施設の区画を襲撃し、およそ200人の拘留者を数時間太陽下に追いやり、少なくとも拘留者40人を負傷させた。

兵士らは、拘留者を攻撃し、蹴り、棍棒で打ち、彼らの持ち物を傷めつつ、房とベッドを捜索した。兵士らはまた、拘留者たちの房と持ち物を捜索するのに犬を使った。

刑務所当局はまた、拘留者16人に独房幽閉を強制し、扇風機やテレビいくつかを没収し、拘留者が刑務所売店に行くのを否定した。

拘留者たちは、刑務所行政に、没収された装置や持ち物が戻るまで、彼らが食事を拒絶するだろうと告げた。

Waed拘留者・元拘留者協会は、拘留者たちに対するイスラエルの攻撃を酷評し、拘留者攻撃での、武器と過度の暴力の使用は、国際法と、第4ジュネーヴ条約を含む人権に関する協定すべてに直接違反すると述べた。

協会は、これら攻撃が、系統的で頻繁であり、拘留者たちの健康と生命を標的とすることを意図すると語った。

原文:International Middle East Media Center


 刑務所に拘留されていることほど無防備な状況があるだろうか。自国の刑務所を軍隊が襲うということを、ひとはどのように解釈するだろう。これは、訓練をかねたレクリエーションであると、アーカイヴ記事が暴いている。

アーカイヴ:戯れと「士気」のための殺人:眠るパレスチナ囚人への死に至るイスラエルの攻撃の衝撃ヴィデオ(05月21日)


posted by mizya at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。