2012年06月30日

英国弁護士たちがイスラエルによる子ども拘留の慣例を違法と語る

2012年06月27日水曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- 英国の上級弁護士代表団は、火曜日、拘留するパレスチナの子どもたちのイスラエルの扱いが国際法に違反すると述べる報告書を発表した。

英国政府後援の独立調査は、国連、イスラエル・パレスチナNGO、元イスラエル兵士、パレスチナの子どもたちによる、未成年者が、拘束(手枷・足枷)、フーディング(頭から袋を被せる)独房幽閉を被る証言を記録する。

「慣例的に、そして実体的期間、子どもたちを独房幽閉に捕らえることは、仮にそれが生じるなら、拷問に等しくなり得るだろう」と報告書は述べる。

夜襲で子どもたちを強奪し、肉体的な、あるいは言葉による虐待、そして彼らを親から離して保つこともまた、虐待、非人間的、あるいは尊厳を貶める扱いの国際的禁止に反すると、それは付け加える。

権利集団は、パレスチナの子どもたちおよそ700人が、毎年、イスラエルにより拘留されると見積もる。

報告書はまた、イスラエルの子どもとパレスチナの子どものための別の法制度の適用により、イスラエルが、差別に対する国際法に違反していると言及する。

パレスチナの子どもたちが、12歳の幼さでイスラエルにより拘留されてきた一方、イスラエルの子どもたちは、14歳未満では投獄され得ない。イスラエルの子どもたちが、48時間以内に弁護士へのアクセスを与えられなければならないのに反して、パレスチナ人は法的支援なしで3ヵ月間、捕らえられ得る。

「国際法下、人種や国籍に基づく、刑の管轄権を行使するものの間の差別の権利を与えられる国家はない。不平等、あるいは差別的公正は、公正でない」と、報告書が述べる。

イスラエルはまた、パレスチナの子どもたちを、被占領領域からイスラエルに移送することにより、国際人道法に反していると、それは述べる。

報告書はまた、パレスチナ人を裁決する軍システムに児童法廷を導入した最近の法的改善を歓迎するが、「法改正にも拘らず、慣例は変わっていない」と述べる。

英国外務省は、英国新聞、The Independentに、報告書が、拘留中のパレスチナの子どもたちのイスラエルの扱いに対する政府の長年の懸念のため、資金提供されたと語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占領(勢力)が未成年者6人を5年から12年投獄

2012年06月26日

カルキリヤ、(PIC) -- イスラエル法廷は、西岸、カルキリヤの東、アッズーン町のパレスチナの子ども6人に対し、彼ら各々に対する過重な罰金に加え、苛酷な判決を出した。

アッズーンでのイスラエル攻撃記録責任者、ハッサン・シュバイタは、Quds pressに、ジェニンの西、サレム軍事法廷が最近、14歳から16歳までのパレスチナの子ども6人に対し、5年から12年までの苛酷な現実の判決を出し、彼ら各々に過重な罰金を課したと伝えた。少年6人は、昨年の4月に逮捕され、それ以来彼らの裁判は何度か延期されたと、彼は語った。

パレスチナ職員は、法廷が、ハーレド・アブハニーアに12年、オスマン・オムランに9年、ムハンナ・メシャールに8年の刑を判決したと付け加えた。法廷はまた、サジ・イムラン、モハメド・アブハニーエ、サアド・アブハニーエに対し、5年の刑を発した。

シュバイタは、法廷が、拘留者6人の家族に、囚人各々につき8月12日前に、5000シェケル(10万円ほど)支払うよう、でなければ、彼らの刑期はもう1年半延長されるだろうと、課したと指摘した。

原文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。