2012年07月01日

シンベトは拘留者への圧力のため家族を利用するか?

権利集団は、公安機関が、自白を引き出すため容疑者の近親者を傷つけると脅すと語る

Elior Levy
2012年06月26日

拷問被害者の権利を代弁する集団は、火曜日、シンベトが、拘留者に自白するよう圧力をかけるため、容疑者の家族メンバーを利用し続けていると主張した。

イスラエルでの拷問に反対する大衆委員会 (PCATI) は、イスラエル公安機関が、 - しばしば、容疑者により犯されたと申し立てられる犯罪に関係ない - 拘留者を調査に協力するようそそのかすために、逮捕し、拘留者の近親者を逮捕し、あるいは傷つけると脅すと主張する報告を発表した。

集団によれば、2009年から2011年にシンベトにより尋問された元容疑者7人が、彼らが逮捕された家族メンバーと共に房に入れられ、そして後に、彼らの協調が近親者の破滅を終結し得ると信じるように誘導されたと主張する、公安機関に対する告訴を提出した。

更に、拘留者21人が、調査官らは、彼らに割り当てられた犯罪の自白を拒絶するなら、彼らの家族を傷つけると脅したと報告した。

全体として、明示された期間、告訴54件が、シンベト尋問官らに対して提出された。

「彼らは息子の死を語った」
4年前、集団により発表された拷問に関する最後の報告は、シンベト職員らが、今後、そのようなテクニックの採用を避けると約束した、クネセト(イスラエル国会)で議論された。

2007年、弁護士Raz Nizriは、司法長官、Yehuda Weinsteinに代わって、一般的規定として、シンベトが容疑者に、その家族のメンバーが拘束されたと偽って知らせることはできないと書いた。PCATIは、規定の曖昧な語法が、捜査官らにある状況下その戦略を使用するのを可能にすると、最新の報告で主張した。

その報告は、原告のひとり、西岸の町、カバティヤの住民が、彼の尋問官が、母親と16歳の弟を逮捕すると脅したと語ったと告げる。後者(弟)は、本当に20日間拘留され、原告が、彼に対してもたらされた罪を自白した直後に解放された。

報告によれば、少年はもっぱら、彼の兄への圧力目的で逮捕された。

もうひとりの拘留者は、彼の尋問官らが、真夜中、彼が逮捕されたときその脇で眠っていた2歳の息子に起こったことを彼に知らせるのを拒絶したことを嘆き哀しむ。

「兵士らは、わたしの部屋に入り、わたしの頭部と背中を殴り始めた」と彼は語った。「わたしは、隣で眠る息子を心配した。兵士は、わたしの息子が死んだと語った」。

彼の尋問で、彼は、捜査官に、歩き始めた子どもについて尋ねた。「尋問を終了して、我々は見ようじゃないか」と彼は告げられた。結局30日経って、赤十字が、息子は無事と彼に知らせた。

シンベトは拷問を否定する
(略:拷問の証拠は多い - アーカイヴ記事参照、ことさらアーカイヴ記事の原文参照 - ので、偽りを翻訳するのは時間の無駄、原文で)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:ギラード・シャーリトに起こらなかったこと(2011年10月22日)
posted by mizya at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IPSがパレスチナ囚の頭の中の弾丸の治療拒絶

2012年06月27日

ジェニン、(PIC) -- パレスチナ囚人、シャディ・ムーサは、激痛を被っており、彼の頭蓋から弾丸を摘出する頭部手術を必要としていると、ジェニンの南、マルカ村の家族は語った。

家族は、ムーサ、35歳が、10年前、彼の逮捕に際し、イスラエル占領軍により撃たれたと語った。

彼らは、25年の刑に服すムーサが、非常に重態と語り、イスラエル刑務所業務 (IPS) が、手術を許可するのを拒絶し、彼に鎮静剤を与えるに過ぎないと付け加えた。

家族は、人権集団に、心臓にも問題を被り、心臓手術を2つ受けたムーサの適切な治療を許可するよう、IPSに圧力を加えるよう要請した。

家族は、彼の重態にも拘らず、彼の治療を拒絶することで、イスラエル当局が彼の生命への完全な責任を担うと考えた。

原文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

省:1967年以来イスラエルの刑務所で囚人70人が殺された

2012年06月26日火曜日

ラマッラ (Ma'an) -- パレスチナ人70人が、1967年以来イスラエルの刑務所で殺されてきたと、火曜日、パレスチナ自治政府の拘留者問題省は語った。

拷問被害者支援インターナショナル・デーを記して発表された省の報告書は、囚人70人が、イスラエル当局による「直接の暴力の結果」死んだと述べた。

直接暴力の最も最近の被害者は、2007年、イスラエルのネゲヴ刑務所で殺され、トゥルカレムのムハマド・アルアシュカルだった。アルアシュカルは、夜、イスラエル刑務所当局が房を襲撃して突発した騒動で、29歳で射殺された。(アーカイヴ記事参照)

一方、囚人202人が、イスラエル刑務所から釈放された直後に死んだと、省は述べた。

それ(報告書)は、パレスチナ囚の95パーセントがイスラエル軍により、拷問され、殴られたと述べた。

囚人たちは、「何で告発されるのかさえ知らないうちに、逮捕の瞬間、彼らが軍用車両で拘置所に移送されるときから、冷酷に拷問され攻撃される」と、報告書は述べた。

「拷問と懲罰は、イスラエル当局が主張するように、尋問官何人かによってのみ実践された個人的振る舞いというよりむしろ、イスラエル諜報機関による政策となってきた。尋問官や兵士らは、イスラエル政府により保護される」と、報告書は付け加えた。

(略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:戯れと「士気」のための殺人:眠るパレスチナ囚人への死に至るイスラエルの攻撃の衝撃ヴィデオ(05月21日)
posted by mizya at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。