2012年07月02日

ユネスコが生誕教会を遺産遺跡としてリストする - 2題

ユネスコが生誕教会を遺産遺跡としてリストする
2012年06月29日
サンクトペテルブルグ (AFP)

国連文化機関、ユネスコは、金曜日、イエスの生誕地として参拝されるパレスチナ都市ベツレヘムの教会に、世界遺産地位を至急認め、イスラエルの反対を受けつけなかった。

生誕教会とその巡礼ルートを、信望あるリストに加えるユネスコの13-6の無記名投票は、ロシア第二の都市、サンクトペテルブルグの会議で、一連の興奮の喝采と、喜びに満ちたパレスチナ代表団長との祝いの握手で受け取められた。
「これら遺跡は、イスラエルの認可とパレスチナ・アイデンティティを窒息させるために取られる措置のすべてのため、イスラエルの占領を通し、分離壁の建設を通し、完全な壊滅を脅かされている」と、投票後、パレスチナ代表は語った。
イスラエル代表は、中東和平プロセスのための意味を含まずに進める完全に異なる手順の下、ユダヤ人国家が、古い教会に、世界遺産地位を与えることを支援したと語った。「今取られた決定は、全く政治的で、(国連)協定とそのイメージへの我々の見解を大きく損なう」と、代表は語った。

2011年10月、パレスチナが論議のユネスコ加盟を果たした当初以来、緊急の修復作業が必要とされるとパレスチナが語るので、「緊急原則において」推薦は提出された。
彼らの会員資格は、機関に、イスラエルの最も当てになる同盟国、合衆国の遺失の資金提供、何千万ドルかを失わせた。

「緊急原則」地位は、国際機関としての国連が、教会はユダヤ人国家の軍隊により脅かされるとのパレスチナの見解を支持したと本質的に意味すると、イスラエルは語った。
それ(イスラエル)は、厳しい中東和平プロセスでの持続的手詰まりの最中、その展望が起こりそうもないと見える考え -- 将来のある日、教会の出願の共同発起者になると提言してきた。
カソリック、ギリシャ正教会、アルメニア教会は彼らとして、動きが、聖地への彼ら自身の権利を潜在的に困らせる危険故に、その考えに気乗りしない承認のみを与えてきた。

パレスチナの努力は、合衆国とイスラエルからの継続的反対、ユネスコのため遺跡を評価する機関からの否定的報告、伝えられるところでは、国内の不一致を含む、容易ならざるハードルに直面してきた。

原文:AFP

イスラエル・米国がパレスチナ遺産遺跡の票決非難
2012年06月29日金曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- イスラエルと合衆国は、世界遺産リストに加えることにより、ベツレヘムの聖地を承認した後、金曜日、国連文化機関を非難した。

「これは、ユネスコが、文化的考察でなく政治的考察に動機を与える証明だ」と、イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフのオフィスは、決定に続く声明で述べた。

「和平を促進する歩みを取る代わりに、パレスチナは、平和をさらに遠のかせる、一方的な行動をしている」と、Reutersは、声明が述べたと伝えた。

アラブ・メディアへのネタニアフ報道官、Ofir Gendelmanは、世界が、2002年に「キリスト教に神聖な生誕教会が、パレスチナ人テロリストにより汚されたことを思い出さなければならない」と語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency


 2008年から2009年にかけてのイスラエルによるガザ攻撃に衝撃を受け、このboycottilは着手されたから、2002年のイスラエルによる生誕教会攻撃の記事は、アーカイヴにない。このとき、国際連帯運動 (ISM) に加わって、ベツレヘムにいた清末愛砂さんの現地報告が、生誕教会を汚したテロリストが、他ならぬイスラエル軍と説明するだろう。イスラエル軍による生誕教会攻撃に、世界は沈黙したが、イスラエルは、世界がもはや忘れているだろうと期待すべきでない。生誕教会ばかりでない、2004年10月、わたしが滞在したベツレヘム旧市街の修道院の寮には、イスラエル軍により撃ち込まれた多くの弾丸と破壊の痕が展示されていた。もちろん、イスラエルの占領が続く限り、世界遺産のリストに入ったからといって、生誕教会の安泰が保証されるわけではない。世界遺産のエルサレム旧市街が、イスラエルからの攻撃を免れていないように...
posted by mizya at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。