2012年07月11日

自由劇団美術監督がハンガーストライキ開始

2012年07月09日月曜日
PNN

自由劇団美術監督、ナビル・アッライーは、イスラエル刑務所での現在の拘留に抗議して、無期限ハンガーストライキを開始したと宣言した。アッライーは、「わたしがなぜここにいるのか知らない。彼らには、わたしをここに捕らえる理由がない」と述べ、7月6日、ハンガーストライキを公式に始めた。

ナビル・アッライーは、6月6日、午前3:00に、IOF(イスラエル占領軍)による夜襲で逮捕された。彼の投獄の最初の2週間、彼の弁護士も彼の家族もどちらも、彼を訪ねることを許されず、彼に対する告訴もなされなかった。

ナビル・アッライーの2回目の訴訟事実で、軍事裁判官は、アッライーにより犯された違法活動の証拠はないと宣言した。しかしながら、軍事裁判官は、検察当局に、彼ら(検察当局)がそうした;3番めの告発をもたらす、控訴のため48時間を与えた。彼の現在の告訴は、火器所有とお尋ね者逃亡者支援から成る。ナビルの妻、ミカエラ・ミランダは、告発を「芝居」と評し、「彼らが、それほど長くナビルを投獄しておく正当化の理由を見つけようとしているのは馬鹿げているし明らかだ」と続けて語った。

ナビル・アッライーの告発なき逮捕と拘留は、自由劇団が過去1年間経験してきたハラスメントのひとつの例に過ぎない。2011年4月の、自由劇団共同創立者、ジュリアーノ・メル・ハミスの暗殺以来、自由劇団とそのスタッフは、イスラエル軍による不断のハラスメントの標的となってきた。

2011年12月、自由劇団のもうひとりの共同創立者で監督のザカリヤ・ズベディは、彼の恩赦をイスラエルに無効にされた。ズベイディは、第二次インティファーダで武力抵抗のリーダーだったが、2006年以来、非-暴力で文化的抵抗に関わってきた。政策のこの変化のため、ズベイディはイスラエルにより恩赦を与えられた。彼の恩赦は、ジェニン市を離れることを許可しない制限と共に、2012年2月に回復された。この制限は、西岸を通し、非-暴力の活動的表明者であるズベイディの能力を効果的に縮小する。ズベイディはそれ以来、パレスチナ自治政府により逮捕され、5月13日以来告発なく捕らえられてきた。

自由劇団は、自由劇団メンバーへの繰り返される夜襲や逮捕同様、昨年、劇場攻撃の標的にもなってきた。

自由劇団の業務執行責任者、Jonatan Stanczakは述べた:「恐らく、彼らは、ジュリアーノ・メル・ハミスが暗殺されたとき、わたしたちが分解するだろうと考えたが、わたしたちは続け、今、彼らは、他よりさらに道理に反した様々な言いがかりをつけ、わたしたちの従業員、メンバー、支援者たちを苦しめることにより、ゆっくり、しかし確実に、わたしたちを窒息させようとしている。この系統的ハラスメントは、今や1年間も続き、もう充分だ!」

以来、ナビル・アッライーとザカリア・ズベイディの両方の解放を求める国際的要請があり、ダニー・グロヴァー、ノーム・チョムスキー、ジュディス・バトラーといった著名な異彩が皆、世界中の他の個人何千人もと共に、声明を提唱する。

原文:Palestine News Network

アーカイヴ:午前3時、イスラエルがパレスチナ劇団美術監督逮捕(06月11日)
     :イスラエルによる恩赦のパレスチナ人が指名手配リストに掲載(2011年12月31日)
     :更新:ジュリアーノ・メル-ハミス:あまりに早く(2011年04月07日)
posted by mizya at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。