2012年07月13日

人権組織:入植者らがパレスチナ人攻撃のためイノシシを放す

2012年07月09日

ロンドン、(PIC) -- 英国のアラブ人権組織は、イスラエル人らにより、パレスチナ住民たちがその土地を離れるよう強いる企てで、パレスチナの村々にイノシシが放されたと語った。

組織により、7月9日月曜日に出された報告によれば、イスラエル人らが、農作物を破壊し、市民を攻撃し、子どもたちを怖がらせるため、夜、それら(イノシシ)をパレスチナの住宅地区に放つことができるよう、入植地(複数)で多くのイノシシを飼養してきている。

「この兵器(イノシシ)は、8年以上にわたり、入植者らにより使用されてきた」と報告は述べ、占領軍が、それら(イノシシ)と戦う手段を地元自治体に提供するのを拒絶していると付け加えた。

組織の声明はまた、イスラエル兵士らに護衛され保護されて、入植者らが、作物を焼き、オリーヴ樹を根こそぎにし、市民に発砲し、パレスチナ人の家屋や土地を占拠していると明らかにした。

それはさらに言及した:「これらイノシシの排除には、それら(イノシシ)をコントロールする手段使用に精通する訓練された隊を必要とする…しかしながら、占領当局は、いかなる支援提供も故意に意図的に拒絶してきた」。

原文:The Palestinian Information Center


 ヒマなのかマメなのか... イノシシだの汚物散布だの、入植者の兵器は結構アナログ?
posted by mizya at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。