2012年07月20日

イスラエルのブルドーザがシルワンの施設を破壊

エルサレム、2012年07月18日 (WAFA) - シルワンのワディ・ヒルウェ情報センター所長、ジャワッド・シアムによれば、エルサレムのイスラエル地方自治体のブルドーザが、水曜日、東エルサレム、シルワン地区のパレスチナ施設を、許可なく建設されたとの口実で、破壊した。

シアムは、16平米の施設が築100年で、牛と鳥を収容するのに使われてきたと語った。イスラエル地方自治体職員は、牛と鳥を押収し、所有者に罰金を科した。

原文:WAFA


 この施設が建てられたのが100年前、イスラエルの建国が1948年だから64年前、イスラエルが東エルサレムを含む西岸を占領したのが1967年、つまり45年前、「許可なく建設された」がどれほど乱用されているかがわかるだろう。
posted by mizya at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ人記者が衣服を脱ぐ調査に難色

2012年07月16日月曜日

パレスチナ人記者は、米国国務長官、ヒラリー・ロダム・クリントンの記者会見を取材しようとした彼と同僚3人が、イスラエルのセキュリティ検査で、ズボンを下げるよう求められ立ち去ったと語る。

The Associated Press

エルサレム -
パレスチナ人記者は、米国国務長官、ヒラリー・ロダム・クリントンの記者会見を取材しようとした彼と同僚3人が、イスラエルのセキュリティ検査で、ズボンを下げるよう求められ立ち去ったと語る。

パレスチナ人記者たちは、セキュリティを通じて彼らを案内するため職員を送った米国領事館による月曜日のイヴェントに招待された。アルクッズ新聞のモハメド・アブハデイルは、イスラエルと外国の記者たちが、脱ぐよう求められなかったと語る。

外国人記者たちは、実施が緩和したように見えるものの、過去に、イスラエル政治家トップとのイヴェントで衣服を脱いで検査されることに不平を言ってきた。

イスラエル政府職員は、イスラエルがクリントンのため、可能な最良のセキュリティを提供しようとしており、西側の空港や西側の首都の守られる設備で使用される同様の手順と語る。

原文:The Seattle Times
posted by mizya at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残忍な謀殺への軽い刑がユダヤ人とパレスチナ人の二重基準を示す

Ira Glunts
2012年07月15日

「A」とのみ特定されるエルサレムのティーンエイジャは、残忍で、明らかに挑発されずに遂行した攻撃に続く、パレスチナ人、フッサム・ラウィディ刺殺のための有罪答弁取引後、当惑させられる短い8年の刑を言い渡された。告訴は、「謀殺」から裁判所が慈悲深い刑を課すことを容易にする「殺人(故殺/殺意なき殺人)」に縮小された。犯罪は、2011年2月11日に起こった。ラウィディは、殺されたとき24歳だった。

その事件は、エルサレムの中心で、金曜日の夜に起こった。エルサレム、ベイトエル、イタマルの居住者、被告とその友人3人は、ラウィディが彼の友人、ムラード・ジェラニとアラビア語で話すのを聞いた。被告の友人ひとりが、ふたりに向け、人種差別的発言を言葉にし始めた。

判決で、裁判所は、その時被告が、彼の友人によりなされた人種差別的発言に気づいていなかったと述べた。しかしながら、彼は、彼の友人がふたりを殴るのを見て、けんかに参加した。

Zvi Segal裁判官は、「ある時点で、若者が床屋のカミソリ刀を引き抜き、耳からほおまで顔に深い切り傷をもたらし、故人を攻撃した」と述べた。それはまた、ラウィディが出血して死につつあるなか、友人のふたりがラウィディを殴り始めたと述べる。

「A」の友人2人が、犯罪の証拠隠滅を試みに突き刺した現場に戻ったとき、警察により逮捕された。(ヘブライ語報道のみ)

深刻な負傷をもたらし有罪判決を下された被告の友人2人は、取り引きの一部が検察当局と達し、6ヵ月の地域奉仕が宣告された。(わたしの重要視、IG)

これら2人が、犯罪を隠蔽しようと企てた若者らであったのか、あるいは「A」の第3の友人の配列だったのか、報道からは明確でない。加害者らの氏名は報道に現われなかったが、被害者どちらの氏名も与えられた。

刑期に加え、被告は、被害者家族に、総額5000シェケル(およそ1200米ドル)の支払いを命じられた。この総額は、Ha'aretzにより「非常に少ない」と説明された。(ヘブライ語報道のみ)

被害者の父親、フサイン・ラウィディは、新聞に「彼がなしたことに対し、彼が8年服役することに、何も相当しない… それらは裁判所で、わたしには何もできない。彼は、アラブ人というだけでわたしの息子を殺害した」と語った。(ヘブライ語のみ)

ピース・ナウ主事、Yariv Oppenheimerは、「もし加害者がアラブ人で、被害者がユダヤ人だったなら、刑は終身になっていただろう。イスラエルの裁判所でのみ、アラブ人の生命は、高々5000シェケル(98,000円ほど)の価値しかない。検察当局は、宣告を上訴しなければならない」と語った。(ヘブライ語のみ)

再びヘブライ語版のみで、新聞はこの有益な比較を提供する。

同様の事件で、判決は、はるかに厳しかった。2009年、Eric Karpは、アラブ人の若者らにテルアヴィヴ海岸で殺害された。これら攻撃者らもまた、故殺(謀殺と対照的に、IG)の有罪判決を下されたが、彼らは26年の刑期が宣告され、総額で300,000シェケル(590万円ほど)、家族に賠償することを強いられた。


出所

Hasson, Nir, “Jewish teen sentenced to 8 years in jail for killing Arab in Jerusalem,” July 12, 2012 (English)

Hasson, Nir, “5000 shekel compensation to the family of an Arab who was stabbed to death by a Jew,” July 12, 2012 (Hebrew)

原文:Mondoweiss

アーカイヴ:受難者となったフッサム・ルウェイディの最後の瞬間(2011年02月24日)
posted by mizya at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。