2012年07月22日

イスラエル軍がナビ・サレ襲撃、住民を登録し写真に撮る

民衆闘争調整委員会
2012年07月17日


昨夜の襲撃ヴィデオ (Video: PSCC)

昨夜の真夜中過ぎ、1:30に、イスラエル軍の大部隊が、いかなる令状もなしに、バッシム、ナジ、ビラール・タミミを含む、ナビ・サレ村の家の多くを襲撃した。

兵士らはまた、地元フォトジャーナリスト、ビラール・タミミを攻撃し、彼のカメラを奪い、そのメモリを削除し、そしてしばらくの間彼に手錠した。さらに、兵士らは、そのカメラで彼らの家への夜襲を記録していた、バッシム・タミミの妻、ナリマンを逮捕しようと企てた。

犬(複数)を伴い兵士らは、家いくつかを捜索し、その間、住人と彼らの家の記録を作り、彼らを写真に撮った。

抗議者たちを標的とするナビ・サレへの夜間襲撃は、家族や子どもたちを怯えさせ、常に起こる。襲撃は、住民の恣意的逮捕に加え、村民に毎週のデモンストレーション組織を思いとどまらせるイスラエル軍キャンペーンの一部である。

背景

2009年遅く、入植者らは、ナビ・サレ村議会議長、バシール・タミミが所有する土地にあるエイネルカウス(Bow(虹か弓か)の泉)を徐々に強奪し始めた。入植者らは、軍にけしかけられ、泉に小屋を組み立て、死んだ入植者よりMaayan Meirと名を付け替え、泉を使うため来たパレスチナ人たちを、武力により - 時折石を投げ、あるいは撃つと脅して彼らに銃を向けさえして、追い払い始めた。

ナビ・サレの住民たちが、既に、継続的土地の略奪とHalamish入植地の常に続く拡張を可能とする追放に何十年も耐えてきた一方、泉の強奪は、その土地の返還を要求する、村の草の根抗議運動の毎週のデモンストレーションの開始に繋がる我慢の限界として機能した。

(略:ナビ・サレの抗議がイスラエルや国際的連帯活動家たち、近隣パレスチナ人の支援をうけたこと、ナビ・サレのデモンストレーションが、女性の参加と組織段階を含むすべての側面での役割において独特で、子どもたちの参加もまた、民衆草の根運動を反映することなど)

抗議に対するイスラエル軍の反応は、特に残忍で、毎週金曜日、建築密集地を含む村全体を、軍事閉鎖地区とする宣言を伴い、村に完全な包囲を規則的に敷くことを含む。デモンストレーションに先立って、あるいは最中に、軍はしばしば、布告なき戒厳令を強要する効果で、村を完全に占拠する。軍の夜間襲撃と逮捕作戦はまた、しばしば未成年者を標的とする、軍の脅迫戦略共通の戦術である。

村人とその支持者たちを、彼らの土地にデモンストレーションし行進するその基本的権利の行使を妨げるため、兵士らは、非武装の抗議者たちに対し、いつものごとく不均衡な武力を使用する。デモンストレーションを妨害するため軍隊により利用される手段は、催涙ガス射弾、禁止される高速度催涙ガス射弾、ゴム皮膜(金属)弾、時折実弾の使用さえ含むが、制限されない。狙撃兵による禁止の0.22"弾薬の使用もまた、ナビ・サレで記録された。

そうした慣習の使用は、既にムスタファ・タミミの死をもたらし、無数の負傷者をもたらしてきて、彼らの何人かは、子どもたちを含み深刻で - 最も深刻なのは、2010年3月5日、至近距離からゴム皮膜(金属)弾で頭部を撃たれた、14歳のイハブ・バルグーティのそれで、3週間、病院において昏睡状態だった。不均衡な武力行使の広範囲な特徴により、事象を、兵士ら個々の振る舞いに帰すことはできず、政策の遂行と看做されるべきである。

放水砲から放たれる「スカンク」と呼ばれる悪臭の液体同様、催涙ガスが、村の建築密集地域内で、あるいは、子どもたちや高齢者を含む参加していない村の住民たちが避難できない手法で、直接家々の中に向けてさえしばしば使用される。兵士らがその窓から催涙ガス射弾を撃った後、少なくとも1軒の家の内部が火事となり、酷く損傷した。

村での抗議が引き起こされた2009年12月以来、不均衡な軍の暴力によりもたらされたデモンストレーション関連の負傷者何百人もが、ナビ・サレで記録されてきた。

2010年1月から2012年6月までの間、イスラエル軍は、ナビ・サレ村の抗議に関係した疑いで、24時間かそれ以上拘留された人びと、女性たちや、11歳といった幼い子どもたちを含む、98人の逮捕に達した。98人の31人は未成年者だった。更に多くが短期間拘束された。抗議組織に関わった罪で逮捕された、村の抗議指導者ふたり - バッシムとナジ・タミミ - は、欧州連合により人権擁護者と承認された。バッシム・タミミはまた、アムネスティ・インタナショナルにより、良心の囚人と宣言された。EUの外交政策チーフ(外務大臣)、キャサリン・アシュトンは最近、イスラエル軍事法廷による彼の有罪判決を非難し、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、彼が公正な裁判を受けなかったと警告した。

全文:Mondoweiss

アーカイヴ:HRW:タミミの有罪判決は集会の自由の権利侵害(06月02日)
     :「5歳の少女から何をお望み? 彼女があなたの国家を脅かすとでも?」:イスラエルがナビ・サレの家屋襲撃(04月14日)
     :ナビ・サレ:イスラエル兵士らがゴム皮膜鋼鉄弾で15歳の顔を撃つ(03月28日)
     :パレスチナ人家庭を襲撃する兵士ら:「我々は平和を望む」(03月01日)


 この記事と、アーカイヴ記事、4月14日と3月1日のヴィデオはすべて、ビラール・タミミの家屋への襲撃で撮影されたものだ。どれもYouTubeにアップされているのだから、イスラエルの兵士らは、ビラール・タミミの家屋を襲撃するならその様子は撮影されYouTubeにアップされると知っている、と、わたしは思う。
posted by mizya at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。