2012年07月28日

ユダヤ人入植者らがベツレヘム近くに住宅5戸の前哨基地設立

2012年07月22日

ベツレヘム、(PIC) -- 多くのユダヤ人入植者らが、土曜日夜、ベツレヘム県、ハデル町の近くのウンム・ハマディーン丘に、プレハブ住宅5戸を据えた。

ハデル町の土地防衛委員会の長、アフメド・サラは、ユダヤ人入植者20人ばかりが、アルルクバ界隈のパレスチナ人住宅(複数)から数メートルの距離に位置するこの丘に、新入植前哨基地を打ち立てる企てで、居住したと語った。

入植者らが、徹底的軍警護の下、ユーティリティ(電気・ガス・水道など)を家(複数)に供給したと、サラは付け加えた。

彼は、それら入植者らに強奪された丘の土地が、アルタス村のムーサとサラ一族のパレスチナ市民たちに所有され、ブドウ、オリーヴ、アーモンドの樹々が栽培されていると言及した。

この土地の所有者たちは、彼らの資産を防衛し、入植者らに、ベツレヘムの南部のかなたから東のかなたまで拡張されるエフラト入植地にそれを併合するのを許さないとする、彼らの決定を公表した。

原文:The Palestinian Information Center


 開拓時代のアメリカならいざ知らず、今となっては米国でも、誰かの土地に家を建てることは不可能だろう。それは犯罪だ。ところが米国からやってくるユダヤ人シオニストらは、それが、パレスチナでは可能と考えているらしい。「占領軍の警護の下」ということは、まあ、イスラエルが国をあげて支援しているということになる。昨今、そんなことが許されているのは、世界中でイスラエルをおいて他にない。
posted by mizya at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクラム・リハウィのハンガーストライキが102日後終了

ラマッラ、2012年07月23日 - アッダミールの弁護士、モナ・ネッダフによる今日の訪問に続き、アッダミールは、パレスチナ人ハンガーストライカー、アクラム・リハウィが、イスラエル刑務所業務との合意に達し、ハンガーストライキを終了したと確かめることができる。アクラムは、昨日の夜、102日後に、ハンガーストライキを終了した。

合意の一部として、アクラムは、彼の元来の解放の日に6ヵ月先立つ2013年1月25日に解放されるだろう。アッダミールの弁護士は、危篤状態にあるラムレ刑務所のアクラムを訪ねた。彼の解放に際し、彼がガザ回廊の自宅に戻ることが合意された。

アッダミールの弁護士はまた、ハンガーストライキ33日目のハッサン・サファディも訪ねた。ハッサンの健康は、ハンガーストライキの結果、腎臓結石になったと示す最近の検査で、悪化し続けている。彼は非常に弱っており、現在、水とビタミンのみを摂取している。

原文:Addameer


 記事を開く度に「死」を報じる記事かも知れないと、とりあえず、思わないで済みそうだ。イスラエルは、死の直前まで合意を引き延ばす作戦らしい。いずれ合意するなら、世界市民を「ひやひや」させずに合意した方がイスラエルの印象を悪くしないだけ得策だ。どうせ無辜の市民を拷問で自白強要して捕らえているのだから。まあ、悪辣としか思われていないのだから、徹底的に「悪辣」に、というのも、わからないでもないが...
posted by mizya at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。