2012年07月29日

CRB:わたしたちの代表を違法とするイスラエル占領当局の決定は意味がない

2012年07月25日

ガザ、(PIC) -- 改変・改革ブロック (CRB/Change and Reform Bloc) は、西岸のブロック代表を違法とするイスラエル占領当局の決定を「IOA(イスラエル占領当局)の醜いイメージを反映する政治的攻撃」と看做した。

ハマース系列下のCRBは、火曜日の声明で、「それは、パレスチナ民衆の存在を認めず、その領域に関する、パレスチナ民衆との取り引きの唯一の解決策が、抑圧、排除、追放と信じるシオニストの人種差別的見解を確証する」と指摘し、決定を極めて危険と評した。

それは、パレスチナ民衆の選択がパレスチナの合法性を決定するものであり、それ故そのようなイスラエルの決定は、無意味で無価値であると強調した。

ブロックは、地域で安定を維持するため、パレスチナの民主主義と合法性を防衛するため、断固とした立場を取るようアラブ(諸国)議会に求めた。

それはまた、国際的議会、ことさらヨーロッパ議会に、民主主義の最も基本的原則に反するイスラエルの人種差別的慣例に関して、堅固で明確な態度を示し、ボイコットすることによりイスラエルに対する実際的手段を取り、そのような人種差別的慣例を止めさせるよう求めた。

ブロックは、PA(パレスチナ自治政府)、ファタハ運動、および国家的党派すべてに、この人種差別的決定に立ち向かうよう要請し、そのような決定とのいかなる曖昧さも共謀も、すべてのパレスチナ人とその代表に悲惨な結果をもたらすだろうと警告した。

原文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル裁判所がパレスチナ人ジャーナリストの釈放を求める訴えを拒絶

2012年07月24日

アルハリール、(PIC) -- テルアヴィヴのイスラエル高等裁判所が、アルハリール(ヘブロン)のジャーナリスト、アメル・アブアラファの弁護士による、彼の解放を求める訴えを拒絶した。

弁護士、マフムード・ジャバリンは、裁判所が、月曜日、アブアラファに対する秘密ファイルの存在を除いていかなる理由も与えることなしに訴えを拒絶したと語った。

シハブ通信社の特派員、アブアラファは、アルハリールでのイスラエルによる逮捕キャンペーンで1年前に逮捕された。彼はその後、裁判も告訴もないまま、行政拘留で捕らえられてきた。

原文:The Palestinian Information Center


「秘密ファイル」しかないということは、つまりいかなる証拠もないということに等しい。「行政拘留」は無辜の市民を捕らえるイスラエルの方便でしかないと知っていると、わたしたちは何度でも繰り返し言わなければならない。
posted by mizya at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル占領軍がパレスチナの土地をRoi'i入植地に引き渡す

2012年07月24日火曜日

ヨルダン渓谷を横断する入植地拡張での最近の急増に続き、イスラエル占領軍は、土地を、アルハディディーヤとマクフルのベドゥイン・コミュニティ近くのRoi'i入植地に引き渡した。トゥバス町のパレスチナ人が所有する土地は、1997年に没収され、軍事封鎖地域と宣言された。最近、それは、パレスチナ人たちを苦しめ威圧する力を誇示する激しいイスラエル軍事演習の現場となってきた。

軍が土地の支配を奪って以来15年間、パレスチナ人は、作物を植えたり、いかなる方法であれ土地で作業することを妨げられてきた。オックスファムと欧州連合のどちらも、最近、エリアCに於けるその侵略的入植地拡張で、イスラエルを非難してきており、ヨルダン渓谷全体を植民地化するその企てをイスラエルが継続するとき、これは、占領のいかなる批判にも耳を傾けないとのまださらなる一層の証明である。

原文:Jordan Valley Solidarity
posted by mizya at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入植者は何人いるか?

1月の連邦議会でのネタニヤフの演説で、彼は、1967年ラインを越えてイスラエル人650,000人が住むと見積もった。これは恐らく、西岸に加え東エルサレムとゴラン高原のイスラエル人に当てはまる。しかし、この数はどこからきたのか?

最近、クネセト(イスラエル国会)議員が、西岸入植者の最新の数を350,000人 - 「東エルサレムのイスラエル人330,000人を含めず」 - と公表した。しかしながら、中央統計局 (CBS) によれば、入植者数は、西岸で330,000人、東エルサレムで200,000人以上でない。

入植者数を公表する2つの主要機関は、イスラエルCBSと内務省だ。CBSは、数年ごとの国勢調査によりこの数に到達する。国勢調査のないすべて年に、彼らは、統計指標を利用して入植地人数を見積もる。内務省は、国勢調査を実施せず、統計を利用して見積もりもしない。彼らは、現在どこにいるかに関わらず、述べられる住所に基づくイスラエル市民の登録を使用して、数に到達する。

入植地での居住を主張し得る人びとは、彼らの実際の居住する場所に関わらず、そうするだけの強い動機がある。この理由で、ピースナウは、CBSの数が入植地に実際に住むイスラエル人の数をより正確に反映すると考える。

東エルサレムで、公式データが通常、エルサレム全体(西エルサレムと東エルサレム)としてのイスラエル人の数を反映し、グリーンラインを越えて建設された地区に住む人びとの数は、中央統計局のデータから解析するのがより難しいので、数はさらに明らかでない。CBSの利用可能なデータに基づき、ピースナウは、東エルサレムに住むイスラエル人が190,000人-200,000人の間と推測する。先に言及されたクネセト議員による数、330,000人は、内務省、CBSのいずれからでもないようだ。

中央統計局は、9月中旬までに、2011年末までの各入植地人口に関するデータを公表したいとする。

原文:Eyes On The Ground in East Jerusalem


 ネタニアフもクネセト議員も、決して名誉でない入植者数を、何故そのように膨らませたいのか。入植者数が多くなれば入植地「撤退」を国際社会が要求しなくなるとでも思うのだろうか。ちなみに「満州国」への日本人入植者数は、ウィキペディアによれば、200万人(朝鮮人・台湾人含む、当時日本人だったわけで)、現在のイスラエル人入植者数をはるかに凌ぐが、国際社会は「撤退」を当然と看做した。ガザから撤退したイスラエル人入植者が、入植者の宿命を教えてくれる。本国(イスラエルの場合、そこもまたパレスチナから奪ったものではあるけれど)のイスラエル人からさえ、B級、C級市民呼ばわりされ、国内の同情さえ期待できない哀れな存在である。
posted by mizya at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。