2012年08月17日

アムネスティ緊急アクション:刑務所看守らに虐待されるハンガーストライカーたち

ドキュメント - イスラエル・被占領パレスチナ領域:詳細情報:刑務所看守らに虐待されるハンガーストライカーたち

UA(緊急アクション)に関する詳細情報:119/12 Index: MDE 15/047/2012 Israel 日付:2012年08月10日

緊急アクション

刑務所看守らに虐待されるハンガーストライカーたち

行政拘留者、ハッサン・サファディとサメル・アルバルクは、それぞれ、2012年6月21日と5月22日以来、ハンガーストライキしてきた。彼らは、伝えられるところでは、7月30日以来、イスラエル刑務所業務 (IPS) 看守らにより、繰り返し虐待されてきた。彼らの健康は、8月2日、独立の医師により査定され、彼らは、ラムレ刑務所クリニックに提供できない長期的特別医療を必要とする。

行政拘留者、ハッサン・サファディサメル・アルバルクは、その弁護士たちと彼らを診察した医師に、彼らが、ラムレのIPSメディカル・センターでの彼らの房捜索で、繰り返し殴られ言葉により虐待されると語った。サメル・アルバルクは、7月31日のオフェル刑務所往復の移送でもまた、彼が攻撃されたと語った。ふたりは、トイレや他の日常的必要への到達のため使用を欠かせない、彼らの車椅子のスペースもない、通風の悪い小さな部屋に一緒に収容された。彼らの扱いは、彼らのハンガーストライキに対する懲罰としての、IPS看守らによる恣意的ハラスメントと屈辱であるように見える。

IPSは、裁判所命令によりそうするよう指示されなかったなら、独立の医師たちによる定期的訪問を許可しなかった。人権医師団-イスラエル (PHR-I) は、この悪習を告発し、Petah Tikva地方裁判所は、7月23日、ハッサン・サファディが裁決から2日以内に独立の医師の訪問を受けるべきで、サメル・アルバルクが8月1日までに独立の医師に診てもらうべきと裁決した。IPSは、遂に8月2日になされた、医師のアクセス1回を認めた。PHR-Iの医師は、IPS管理のいない診察遂行も、あるいは、拘留者ふたりのIPSの医療記録を見ることも許されなかった。医師は、ふたりが弱っており、ハンガーストライキが継続されるなら、あるいは、適切な医療管理なく食糧再摂取が開始されるなら、彼らの生命は危険に曝されると報告した。医師は、拘留者たちが週単位の診察を受けることを勧めた。ハッサン・サファディの健康が悪化してきたので、彼は、8月6日、彼がベッドに拘束(手枷か足枷、あるいは両方)されたままの、Assaf Harofeh病院に移送された。

ヘブライ語かあなた自身の言語で至急書いてください:

ハッサン・サファディとサメル・アルバルクが虐待されていることに懸念を表明し、イスラエル政府当局に、男たちを人道的に;拘束(手枷足枷)なく;ハンガーストライキのための懲罰をしないで;扱うことを保証するよう促し;

ふたりの虐待の報告への、迅速、徹底的、公平な調査を求め;

サメル・アルバルクが、彼の選ぶ医師による、あるいは必須の治療を提供するための専門設備を備えた民間病院への即刻の移送を含め、必須の適切な医療が提供されるよう求め;

犯したと認識し得る犯罪で即座に告発され、国際的公正裁判基準に従って裁かれないのであれば、ふたりと他の行政拘留者すべての解放を求める。

2012年9月21日前に、訴えを送るようお願いする送り先:(略:原文で)

全文:Amnesty International

アーカイヴ:弁護士:ハンガーストライカーが刑務所当局に攻撃される(08月10日)

追記:このboycottilの容量が100MBに達し、満杯となったので、Samidounによる「緊急警報:サメル・アルバルク、ハッサン・サファディ、アイマン・シャラウナの命を救うため今行動を!」を『オリーヴの庭から』に掲載、署名サイトにアクセスしています。
posted by mizya at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。