2009年02月25日

ハンプシャー大学

 ハンプシャー大学が、イスラエルのパレスチナ占領に関わる企業から資本を引き上げるアメリカ初の大学となった。ハンプシャー大学の学生グループ、「パレスチナにおける公正のための学生たち」の、6企業(キャタピラー、ユナイテド・テクノロジー、ジェネラル・エレクトリック、ITTコーポレーション、モトローラ、テレックス)からの引き上げを求めての、2年に及ぶ運動の成果である。
 この発表に反発したアラン・ダショウィッツがハンプシャー大学へのボイコットを呼びかける公開書簡を発表し、ハンプシャー大学学長、ラルフ・ヘクスターが、苦渋に満ちた釈明の公開書簡を発表している。
 関連サイト: voices of hampshire, voices of divestment


posted by mizya at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。