2009年03月12日

ミラ・アワドゥへの公開書簡

2009年3月8日、PACBI
 イスラエルに対する学術的文化的ボイコット・キャンペーンは、パレスチナ系イスラエルシンガー、ミラ・アワドゥに、イスラエルを代理してユーロヴィジョン・ソング・コンテストに参加しないよう要請する公開書簡を発表した。
 イスラエルの、ガザでの残虐をなかったことにする行為、また、イスラエル内に住むパレスチナ人が、ユダヤ系イスラエル人と平等の権利を享受しているとの、誤ったメッセージを世界に送ることになる、占領者と被占領者を同時に代理することは出来ないと訴えている。
 ミラ・アワドゥが一緒に歌うことにしているユダヤ人シンガー、アキノーム・ニニのガザ虐殺を正当化する言動にも言及している。
全文:Palestine Think Tank
 


posted by mizya at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。