2009年03月13日

入植地へのイスラエルバス事業をフランス企業が

2009年3月11日、The Electronic Intifada
090311-veolia.jpg
 ストックホルムで、フランスの多国籍企業、ヴェオリアが失った45億ドルの契約の痛手は、スカンジナビアに広がった。
 2009年2月末、オスロ市議会の財政委員会は、国際法に反する事業に関わる企業との連携を停止する政策を提出、市議会で批准された。
全文:The Electronic Intifada


ラベル:ヴェオリア
posted by mizya at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。