2009年03月19日

モルデカイ・ヴァヌヌの手紙

2009年3月1日、占領下東エルサレム
 モルデカイ・ヴァヌヌがノーベル平和賞委員会に送った手紙:

 親愛なるオスロ・ノーベル平和賞委員会へ
 わたしは、何度かノーベル平和賞の候補となり、また今年2009年の候補にノミネートされたモルデカイ・ヴァヌヌ。
 わたしは委員会に、このリストからわたしの名を削除するようお願いしたい。
(中略)
 わたしが自由になるまでは、わたしがイスラエル在住を強制されている間は、どのようなノミネートもあり得ない。
 わたしが欲しいのは自由であり、自由だけなのだ。
モルデカイ・ヴァヌヌ

全文:thepeoplesvoive.com

 ああ、酔っていたときの発言とはいえ「賞金は魅力だと思うけど」などと「モルデカイ・ヴァヌヌに乾杯!」に書いてしまった、自らの「さもしさ」と自戒。


posted by mizya at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。