2009年04月06日

「赤信号が点ったことに疑いない」

2009年4月3日、テルアヴィヴ
 調査によれば、イスラエル企業は、ヨーロッパにおけるボイコット運動の影響を感じている。
 先週、イスラエル工業連合は、90の輸出業者のうち21パーセントが、イギリス、スカンジナヴィア諸国で減少に転じていると答えたと発表した。先月、イスラエル輸出業協会は、400社のうち10パーセントが、今年になってキャンセル通知を受けたと報告した。
 今週、「赤信号が点ったことに疑いない」と工業連合の通商部門、ダン・カトゥリヴァスはマーリヴ紙に語った。
 ロンドンのイスラエル商業担当官、ギル・エレツは「NGOが、小売商を、棚からイスラエル商品を取り除くよう書いた手紙で砲撃している」と語る。
 経済記者は、イスラエルのハイテク、食糧、農業などの産業が、ガザでの3週間の暴虐の逆風にさらされていると書き、政府が、高まるボイコットから産業を保護する仲介をすべきとしている。
 全文:guardian.co.uk


ラベル:BDS
posted by mizya at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。