2009年04月11日

Viva Palestina US

2009年4月9日、カリフォルニア
 イギリスからガザに向けた、100台を超す車を連ねたViva Palestina コンヴォイの成功からジョージ・ギャロウェイは、アメリカ・ツアーで、ベトナム退役軍人で平和活動家のロン・コーヴィックが、アメリカから同様の、でもより大きなコンヴォイを組むとの連鎖を得た。
「アメリカにはパレスチナへの新たな空気が存在する」とギャロウェイは言う。「このツアーのすばらしい応答がそれを示している」
 オリヴァー・ストーンの『Bone on the Fourth of July』で、その物語が不朽となったロン・コーヴィックが、コンヴォイの共同リーダーとなるだろう。500台の車と1千万ドルの支援を目指す。
「出発は7月4日、独立記念日をおいてない」とギャロウェイ。
 原文:The Palestine Telegraph


posted by mizya at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。