2009年04月18日

ビリン村のデモで

pastedGraphic.tiff2009年4月17日、International Middle East Media Center
 バシム・イブラヒム・アブ・ラフマ、30歳が、兵士に催涙弾で胸を撃たれ死亡した。
 ビリン村住人は、金曜礼拝後、壁に向けて行進していた。反対行動にはイスラエル人や国際活動家も加わっていた。
 イスラエル軍は、集団がゲートを通過するのを阻止しようと壁の反対側に陣取り、集団を崩そうと催涙弾やゴム皮膜金属弾(ニッポン・マスメディアでは常に「ゴム弾」と矮小化される)を撃った。
 壁と入植に反対する地域委員会のアブダラ・アブ・ラフマは、バシムが、子どもも含まれる非暴力の行動だから撃たないよう兵士に懇願している最中に新型催涙弾で撃たれたと語った。
 全文:International Middle East Media Center
 関連サイト:バシムが撃たれた時のヴィデオと反対行動で殺害された人びとのリスト

 追記:バシムが撃たれた時のヴィデオ(7分)


 追記-2:バシムが撃たれた時の写真(催涙弾の画像含む)


ラベル:ビリン村
posted by mizya at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。