2009年04月29日

マスメディア風に「ゴム石」

 バシム・アブラフメを撃ち殺した「弾丸型」催涙弾は「ゴム皮膜」が施されていたと伝えられている。「ゴム皮膜」はイスラエルの「人道的配慮」として喧伝されるが、ゴム皮膜弾でも死者を出しているし、ゴム皮膜弾故、体内に留まって死に至るケースも多い。ニッポン・マスメディアは「ゴム皮膜金属弾」を「ゴム弾」と矮小化するから、倣うなら「ゴム石」、「人道的配慮」を施したパレスチナ少年たちの武器。
 ニューヨーク在住のパレスチナ美術家、ニダ・シノクロトのインスタレーション、『ゴム皮膜石』、2003年、ヒューストン、The Station で開催された「Made in Palestine」出品作

nidarocks2wallweb.jpg


posted by mizya at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。