2009年04月30日

ビリンの壁の新ルート

2009年4月28日、Mondoweiss
 先週の、西岸ビリンでのデモ参加者殺戮がもたらした効果:イスラエルは今、700ドナム(約180エーカー)の返還を計画しているが、1000ドナムはマティチャフ・イーストという入植地を拡張するために依然確保するつもりでいる。
 その入植地は、開発業者にしてダイアモンド商、ニューヨークのマディソン通りに店を構える、しかし世界中からボイコット圧力がかかるレヴ・レヴィーヴにより建設されることになっている。
 イスラエルの新たな計画も国際的是認は受けないだろう。アベ・ハイームによるガーディアンの記事は、EU政府にレヴ・レヴィーヴとの商いをしないよう求めている。
 全文:Mondoweiss


posted by mizya at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。