2009年05月01日

世論調査:アメリカ人の75%がイスラエル入植地に反対

2009年4月30日、Ma'an News Agency
 世論調査によると、1/3のアメリカ人が「パレスチナよりイスラエルに親しみを感じ、12%がパレスチナへの親しみを表明」しかし51%は「どちらにも同じ程度に親しみを感じており、2002年の調査より10ポイント増加している」
 全文:Ma'an News Agency

追記:関連記事:アメリカのマジョリティ、イスラエルの入植地建設に反対
        World Public Opinion.org
        イスラエル入植地凍結のオバマをバックアップ
        THE HUFFINGTON POST


posted by mizya at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。