2009年05月02日

ガザについての大学占拠

2009年4月30日、イギリス
「占領反対」の波は、2008年12月末のイスラエルによるガザへの攻撃への返答として、イギリス中のキャンパスを覆った。パレスチナ人の人権支持の表明として、運動の学生間での人気は高まった。
「占拠運動」は2009年1月13日、ロンドンの School of Oriental and African Studies (SOAS) の学生がブルネイ・ギャラリーを占拠して始まったが、マスメディアはこの占拠を報道しなかった。しかし学生たちが、Facebook、Wiki、ブログ、You Tubeなどを通して自らの言葉を広めた。
 2009年1月13日から3月6日までの間に、イギリスのキャンパスで、少なくても27の占拠があった:
 学生が占拠した大学のリストと成果については:The Palestine Telegraph


posted by mizya at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。